人気ブログランキング |

今年も行くのか・真夏のディズニー・・

「どうしてもダッフィーに会いたい」
f0176387_22392855.jpg

という理由で、8月最後の連休を暑い暑い、
並ぶ並ぶディズニーランドに行くことになってしまいました。

そもそも私とK君はディズニー自体にはあまり興味がないので、
その「ダッフィーとやら」もなんのことをいっているのかサッパリわからん・・て感じ。

そのダッフィーとやらは、ディスニーランドにはいない、
ディスニーシーだけのキャラクターだそうです。
f0176387_22461548.jpg





ダッフィーとは
① ある時、ミッキーが船に乗って旅に出る前夜、寂しくないようにと
  ミニーが作ったテディベアである。
② そのテディベアはダッフルバッグに入っていたのでミッキーはダッフィーと名づけた。
③ また、首には寂しくなった時に読むようにと、ミニーがミッキーに宛てた手紙の入った
  小瓶がかかっている。



もともとは「ディズニーベア」と呼ばれていたのですが、
上記のような名称や設定の大幅なリニューアルは、TDSの運営会社であるオリエンタルランドに
よって施されたものだそうです。
 

このような経緯のため、ダッフィーは過去のディズニー作品に
登場しておらず、いわば日本独自の仕様だったそうです。 
今では世界のディズニーランドにも登場しているようですが・・




ということで、昨日から我が家にもダッフィーが家族の仲間入り、しちゃいました。
(ソファとかに置くので、邪魔で邪魔でしょうがありません! 怒り!!!)
f0176387_2256091.jpg





でも園内を歩くと、ダッフィーを持っている人が多いこと!


こどもだけでなく、「いい大人」までもが抱っこしたり、ダッフィーバックを持ったり
ダッフィー帽子をかぶったり・・。



こんなにメジャーなんだと改めて驚きました。








さて今年のディズニーは、そういうわけで「ディズニーシー」です。
f0176387_22583138.jpg



ランドと比べると、割と涼しくて、しかもお盆過ぎなので、少し空いている感じだったので、
待ち時間も最大15分程度で済みました。


なので、

昨年夏にダウンして「ディズニーランドに来たのに、ほとんどホテルライフ」だったK君も
今年は少し回ることができました。
f0176387_2311033.jpg



思い出すこと、1年前。 
ディズニーランドに入り、最初に4人で乗ったアトラクション。
少しグルグル回るヤツでしたが、その回転に三半器官が機能しなくなり、
若干、様子が怪しくなっちまいました。

f0176387_2393646.jpg


その後、ゴーカートに乗った後、
「もうホテルに帰りたい」というノックアウト宣言、
その後夕食後までディズニーランドには立ち寄らないという
ディズニーツアーでしたが、

今年は涼しいせいか、割と元気。
回転系のアトラクションは避け、ここでも「電車」。
f0176387_693227.jpg


そして食事。
f0176387_695690.jpg

歩きまわって少しダイエットと思っていましたが、やっぱり食べちゃいました・・。


3時頃にようやくチェックインができたので、早々にホテルへ。
昨年はヒルトンでしたが、今年はシェラトンにしてみました。
f0176387_611118.jpg

その後ホテルの施設で遊んだりしたあと
f0176387_6115736.jpg

早めの夕食を取り、
f0176387_613782.jpg

夜の部へ。

夕食はバイキングでしたが、まあ一般的というか普通でがっかり。
特に子供たちのフリードリンクが「800円」というのは、ちょっと?です。

昨年のヒルトンのバイキングがその場で揚げる天ぷらや、その場で握る寿司、
そしてその場でカット&サーブするローストビーフがあったことと比べると
断然、見劣りしました・・。 来年行くとしたらヒルトンにしよう・・。



夜は適当に回ってと思っていたのですが、たまたま行った時間が
「ファンタズミック」の時間でした。
f0176387_135914100.jpg


「夜のメディテレーニアンハーバーを舞台に、魔法使いの弟子となったミッキーが
 イマジネーションの力を信じてディズニーファンタジーの世界を創造していく壮大な
 ナイトエンターテイメントです。巨大なウォータースクリーンやレーザー、炎、光
 などの特殊効果で迫力ある幻想的な世界をお楽しみください。」


本当、この言葉通りのショーでした。

その素晴らしさに感動してしまいました!


よくもまあ、こんなことを考え、実現させたなあと 感心してしまいました。




ディズニーの入園券は6,000円ぐらいかと思いましたが、
このイベントを見れるならば「高くない」と思わせるほど。




夜は部屋に帰って爆睡。




12時チェックアウトでよかった・・。

by imaruta | 2012-08-21 22:30 | ◎スタッフの独り言◎