「エクセレントギャッベ」を探せ!


 <富士市のカーテン・インテリア専門店 マルタのブログです>


 
 本日から 「ギャッベ&キリム展」 、スタートです。

 
f0176387_228736.jpg


 
f0176387_2285253.jpg

 


 昨年の1.5倍の商品量、そして新しい感覚、デザインのものもいっぱいです。



 

 その中で、今回の目玉は 「エクセレントギャッベ」 でしょう。


 エクセレントギャベは、「毛足の長い一般的なギャッベ」と
 「毛足の短いアートギャッベ」のいいとこ取りの商品です。


 

 「一般的なギャッベ」
 
 
f0176387_22141899.jpg



 ギャッベ本来の形。 毛足が長く、遊牧民が移動しながら作られ、サイズもデザインも
 自由奔放。少し形やラインが曲がっていても、それが「味」で、癒し系の香りもあり・

 一方、ウールのクオリティはアートギャベと比べるとやや劣り、ブラッシュアップする
 こともないので、光沢感もあまりありません。



 一方、ゾランバリに代表される「アートギャッベ系」。
 
 
f0176387_2218993.jpg



 一般的ギャベと比べると、明らかに「厚み」が違う。
 しかし、密度が高く、1cmあたりの打ち込み数もかなり細かい。

 デザインも遊牧民が使う人や馬だけでなく、モダンアートのようなデザインや、
 グラデーションなど「シンプルモダン」の空間にフィットしやすくなっています。

 ウールの質が良く、手間がかかっているだけに価格もよく、
 ギャベが本来持っていた「厚み感」がなく、フローリングの硬さを
 拾ってしまうものもある。


 

 で、「エクセレント・ギャッベ」は・・
 
 ●一般のギャッベよりも上質なウールを使い、水洗い後にブラッシュアップすることで
  光沢感をだします。 この工程はギャッベというよりもペルシャ絨毯のウールを
  しあげる工程。 織り手も「遊牧民」ではなく、「元遊牧民」で定住しながら安定して
  追っているので、クオリティも高い。

 ●アートギャッベよりも厚みがあり、床の硬さを拾いにくい。
  またアートギャッベはモダンさが強いので、ギャッベの持つ「素朴さ」を
  感じにくい。



 
 つまり、エクセレントギャベは 「素朴さのある、上質ウールで中間的な価格商品」
 なのです。

 
f0176387_2227211.jpg



 ひっくり返したところにあるレザーバンドには「刻印」があります。

 
f0176387_2228051.jpg




 さあ、200枚以上ある、マルタの「ギャッベ&キリム展」の中から

 「エクセレントギャッベ」を探しましょう!019.gif



 会期は13日(日曜日)と14日(月曜日・祭日)です。




 お待ちしております。

























 
 

by imaruta | 2013-10-12 22:31 | ◎スタッフの独り言◎