「勘」と「感性」


<富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです>



 ちょっと固めのお話。



 何かモノを見たときに「感じる言葉」として2つあります。





1つは「勘」。


国語辞典で調べると、
「物事の意味やよしあしを直感的に感じとり、判断する能力」
と書いてあります。

感じることは感じるのですが、重きが「判断」に置かれているような
気がします。言い換えると判断するために感じる・・という感じ。




もう一つは「感性」。



国語辞典で調べると、
「 物事を心に深く感じ取る働き。感受性。」
 と書いてあります。


「勘」が判断に重きを置かれているのは異なり、
「感性」ではまさに「感じる」ほうにおもきが置かれている
のではないでしょうか。



何かモノを見て、ジュワワワッと染み入るような感覚



何かコトを見て、ドキドキとときめくような感覚







この「感じる」ことこそが「感性」なのでしょう。







問題は「どう感じるか?」



 建物を見て、

 インテリアを見て、 

 色をみて、

 アートを見て。




「勘」は生まれつきのモノのような気がするが、
「感性」は育まれていくモノのような気がする。





「勘」で人は繋がらないが、「感性」で人は繋がる。





同じような感性の人と交わることは心地よいし、


高く、鋭い感性の人と交わることはとても刺激となる。





ブランドや価格ではなく、

感性でモノやヒトを選択する時代がきているのを

強く感じる今日この頃。





 感性を感じるモノやヒトと関わっていきたい。








その1つが、フジエテキスタイル。



 
f0176387_21414061.jpg




 
f0176387_2142756.jpg



 
f0176387_21445580.jpg



 
f0176387_21451395.jpg












 新しいコレクションの発表がもうすぐです。




f0176387_21363758.jpg


















 待ち遠しい・・・

by imaruta | 2014-01-21 21:48 | ◎スタッフの独り言◎