残念なレースのシェード


 <富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです>

 
 ここ数年、シェードが人気です。

 
f0176387_22514735.jpg



 シェードとは、写真のような「上下にコントロールできるスタイル」なので、
 カーテンと違ってスッキリ見える、畳み代が上にいくのでカーテンのように
 畳み代が邪魔にならない、光と目線の調節ができる・・というように
 メリットが一杯です。

 更に写真のシェードはカーテン生地とレース生地を1つのメカに
 セットされた「ダブルシェード」というタイプで、
 しかもレースが前に来ているフロントレーススタイルで
 最近人気のタイプです。

 シェードはスタイルのバリエーションも多く、窓や雰囲気に合わせて
 スタイルを変えることも可能で、裏地をつけることもできるので、
 色々に使える、便利なスタイルなのです。



 一方、デメリットは何か?


 これは網戸の状態で、風を部屋に入れたい場合、
 シェードを降ろした状態であると カンカン音がするということです

 
f0176387_2258280.jpg


 これはシェードのメカの図です。 
 この機械にファブリックを縫製したものをのせて作るのが
 シェードなのですが、一番ボトムの部分に「ボトムバー」という金物の
 バーが袋状に縫われた生地の中に重しとして入っています。


 これが窓を開けたときにサッシなどに当たり、音を出すのです。

 ・・これが1つのデメリット。




 バーについては、メーカーさんにもお話しをして
 何か音の出にくい柔らかな素材(透明なゴム状のものなど)にすれば
 解決できるので、考えてほしいと何年もお願いしております。
 (未だ改善の方向は見えません・・)


 また小窓などの場合、レースを上げ下げしないとするならば、
 レースのほうはボトムバーを入れずに、カフェカーテン的に
 垂らしっぱなしにする・・ということも1案です。

 
f0176387_2345516.jpg


 
 バーについては個別対応していけば、できないことは
 ないのではないでしょうか。

 またバーの色は「白」がほとんどなので、目立たないように透明な
 バーにするとか、レースのカラーに合わせて(例えばブラウン系
 レースならばブラウン系のバーを)探せば対応可能です。


 更に現実的な、というより通常我々がオススメしているのは
 レースは枠内にカーテンスタイルで、カーテン生地は正面付けで
 シェードスタイルなどと切り分けてやれば使い勝手もいいです。






 また掃出し窓などでレースをシェードにした場合、
 出入りするときに「身長分だけ上げ下げしなければならない」
 ということです。

 ・・これが2つめのデメリット。




 というか、掃出し窓のレースはシェードにしなければいいのです。
 先程のようにレースはカーテンスタイル、カーテン生地はシェード、
 とすれば、これも解決です。




 
 これら2つは語られることも多く、それなりに対応可能なのですが、

 「シェードをスタイリッシュに見せることを邪魔している大きな要因」

実は生地に縫い付けられている 「ループ付テープ」なのです。

 
f0176387_23254511.jpg




 どのシェードスタイルでも必ず「ループ付テープ」が付きます。


 それはそこに上げ下げに使われる「昇降コード」をつけるから
 必ず生地本体に縫い付けられます。


 しかもほとんどが「白」ですから、レースが透明度が高かったり、
 レースのカラーが濃いめのカラーのものだと「無粋な感じ」なのです。

 
 こんな感じだったり・・

 
f0176387_2329713.jpg



 こんな感じだったり・・

 
f0176387_23294598.jpg





 特に、デザインレースなどは・・
 
 
f0176387_23302821.jpg

 
 とってもステキなレースなのに、白いループ付テープが目立つと
 デザインが台無しになってしまうのです。

 
f0176387_2331244.jpg




 ・・・それがとっても残念です。


 
 これは我々がちょっと工夫したり、スタイルで工夫したりすることで
 解決できることではありません。


 是非、TOSOさんをはじめとしたシェードメーカーの方、
 「透明なループ付テープ」の開発をお願いします。


 そうするとシェードの魅力があがり、
 シェードの売り上げもUPすること間違いなしですから!






 よろしくお願いします。045.gif




















 
 

by imaruta | 2014-04-05 23:37 | ◎スタッフの独り言◎