下北沢のB&B と 新緑


 <富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです>


 今日は一番行きたいところは 下北沢の「B&B」。

 

 
f0176387_186396.jpg


 『B&B』は、ブック・コーディネイターの内沼晋太郎さんが
 下北沢駅南口近くにオープンした本屋。

 
f0176387_18282424.jpg


 書店名の『B&B』は「Book」と「Beer」のこと。
 『B&B』では店内でビールを注文することができる。
 BGMが静かに流れる中、店内の好きな本を手に取って好きな席に
 座ってビールを飲む、至福のひとときを過ごせる夢の空間なのです。

 古本ではなく、全て新刊。出版社の枠を越えて、
 テーマ別に展示されている。

 
f0176387_1874297.jpg



 
f0176387_188661.jpg


 本を買うことができることは勿論、本棚や家具も買うことが
 できるのです。 また本にまつわるオリジナルグッズも多数・・。



 六本木のTSUTAYA&スタバをコーディネートした幅 允孝氏とともに
 ブック・ディレクター・ブックコーディネーターとして有名だそうです。




 でも何故ここにいったのか?

 勿論、面白そうだからが第一。

 もう1つが本が店頭で売れないのに、こういった所がでてくる
 意味ってなんだろう?という素朴な疑問からなんです。 


 何かヒントがあるのではないか?


 AMAZON登場以来、町の本屋さんの数は軒並み減少している。
 つまり「店頭に本を買いに来なくなってしまった」ということです。


 これは小売業全体にいえること、
 勿論、我々のお店にも言えることなのです。



 紀伊国屋などのように圧倒的な品揃えがあるわけではない。
 スペースもそんなに広くもない。

 でもこういった試みが支持されているのは
 何かがあるのではないでしょうか?



 先ずは入った感じが本屋っぽくないこと。
 真面目に「本を買うぞ!」という肩の力が入っていない。
 
 ビールを飲みながら新刊本を読み、買うことができることは
 その最たるものです。



 B&Bは毎日必ずイベントをするそうです。
 小さな出版社とか作家とかいろいろな人が対談したり、
 トークしたりしているそうです。

 「本を買う」という用事だけではないのです。

 来店する「理由」がいくつもあるのでしょう。

 



 またこれは 幅 允孝氏のコメントですが、

 「本を買いに来ないのならば、人が集まる所に本を持っていけばいい」


 ・・答えは見つかりませんでしたが、
  
 
  品揃えを変えるとか、 値段を安くするとかといった
  従来の「対策」とは全く視点が異なっているのだろうということは
  ハッキリと感じました。 


  売れないアイテムをネット以外の方法で販売しているショップに
  注目していきたいと思います。


 

  で、下北沢に行く前に 新宿の京王プラザにいったのですが、
  そこの新緑がとってもキレイで パチリ!としてしまいました。

  
f0176387_18393646.jpg



 下北沢と出て、中目黒に。
 目黒川沿いを歩いていると、また新緑、パチリ。
 
 
 
f0176387_18404021.jpg



 近くのヨハンで20年ぶりにチーズケーキを買ってしまいました。

 
f0176387_1841263.jpg



 その後、自由ヶ丘をフラフラした後で、東横線にのっていたら

 日吉の並木を思い出し、途中下車して パチリ。

 
f0176387_18425725.jpg




 ようやく新横浜にたどり着き、帰宅。


 
 少し寒かったここ数日と異なり、気持ちの良い季節になりました。

 


 















 

by imaruta | 2014-04-23 18:46 | ◎スタッフの独り言◎