富士市一色W様邸 FA2620のジョイントスタイルが印象的

 <富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです>


 富士市一色のW様邸。

 ようやくカーテンを納めさせていただきました。

 個性的な床材、ダークブルーのアクセントクロス、
 そしてお部屋の印象を左右するキッチンを囲う
 パッチワークウッドの造作。
 
 少しダークめの印象で、少しアジアンな雰囲気もありつつ、
 希望としては「シンプルに!」


 そんな交錯する希望を叶えるために、

 今回は新しいファブリック FA2620で。

 
 
f0176387_21513440.jpg



 このファブリックは、ポリエステルでウォッシャブル。
 生地情報だけをみれば「当たり前の素材」ですが、
 一見、麻っぽさもあり、色合いもナチュラルであり、シャビーな感じも
 持ち合わせるちょっとステキなファブリック。


 アクセントクロスを意識して、カーテンの上部はブルーグレーを、
 床材を意識して、カーテンの下部にはダークブラウンを。



 リビングにある掃出窓は巾は同じですが、高さが異なります。


 でも床からのボーダーの高さは共通にして、
 並べたときに高さの違いを軽減させるように配慮してみました。



 

 で、こんな感じになりました。


 
f0176387_22174894.jpg



 
f0176387_21565157.jpg



 
f0176387_21571190.jpg



 キッチンサイドにあるバンブーブラインドとの相性もグッド!
 

 
 また房掛をブルーグレーではなく、ダークブラウンにすることで、

 ブルーグレーのカーテンに対して、

 ① ボトムのブラウン
 ② ボトムの上の房掛けのブラウン

 と、2つのブラウンが細いブラウンと太いブラウンの帯のように。

 
f0176387_21572844.jpg



 シンプルですが、ちょっとしたアクセントのあるカーテンになりました。








 想定以上のマッチング  になりました。

by imaruta | 2014-04-29 21:38 | ★施工現場行って来ました