コンビネーション&スタイル 「ナローフレームライナー」

 <富士市のカーテン・インテリア専門店 マルタのブログです>

  カーテンをグレードアップさせたり、柄をより際立たせたりする
  手法の1つにフレームをつけることがあります。

  このフレーム、ちょっとのことですが、かなり印象を変えるのに
  役立ちます。


  ポイントは、その「太さ」と「カラーバランス」。


  太すぎると本体部分より目立ってしまったり
  (敢えてやるぶんにはいいでしょうけれど・・)

  細すぎると目立たなく、アクセントになりません。



 その加減が難しいのです。



 今回、フジエテキスタイルが推奨しているのが
 「ナローフレームライナー」。

 
f0176387_11112353.jpg



 見ていただけるとわかるように、ドレープとフレームの繊細な色合わせが
 ポイントでしょう。

 強すぎず、弱すぎず。 爽やかで軽やかな印象です。



 
 同じ生地の「フレームなし」と比べると・・

 
f0176387_11141366.jpg



 その「軽さ」「楽しさ」の違いが分かります。



 ・・重厚な、クラッシックなドレープを少しニュアンスを変えたい・・


 そんなときにもこのコンビネーションが役立つのではないでしょうか。





















 



 

by imaruta | 2014-09-19 11:16 | ◎スタッフの独り言◎