人気ブログランキング |

吹抜窓に遮熱ロールスクリーンがつけられない・・


 富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです。


 本当に暑くなってきました。

 最近は特に遮熱のロールスクリーンやレースをつけられる方が
 本当に多い今日この頃です。


 最近は明りを取り込むために、吹抜け窓をつけるケースが
 多いのですが、そこからは光だけでなく、「熱気」まで
 入ってくるので、なんらかの「防御策」が必要です。


 一番多いのはロールスクリーンでしょうか。

 
f0176387_10415253.jpg



 窓枠内につければスッキリ収まるし、
 シェードだとたたみ代がうまく畳まらない場合もありますが、
 ロールスクリーンはクルクル上手に巻き取ってくれますので
 トラブルも少ないのです。



 しかし、吹抜け窓の一部がジャロジーになっていると
 そのチェーンやハンドルは枠の内側から外側に大きくはみ出ている
 場合が 結構、あるのです。


 
f0176387_10444023.jpg



 こうなると枠内には勿論、枠の上につけたとしても
 前に持ち出さねばなりません。

 すると壁面から10~15cmも持ち出さなければならず、
 これまた美しくないのです。




 今回のお宅もまさにそうで、特別ハンドルが大きく、
 でも西日が燦々と降り注ぐ大きな窓でした。


 そこで、今回は「遮熱レース」で考えてみました。


 ロールスクリーンやシェードは下部にバーがあるので、
 どうしてもハンドルにぶつかったり、絡んだりします。



 そこで窓枠上に「紐引きレール」を取付け、下からでも
 2階の脇からでも開閉できるようにしました。


 
f0176387_10563010.jpg





 遮熱レースはフジエテキスタイルのPF1705.

 遮熱レースなのに柔らかく、しなやかで、
 開閉するときにもサッシのハンドルにそんなに絡むことなく
 スーッと動いてくれます。


 
f0176387_10595341.jpg




 
f0176387_1124439.jpg





 冬場は逆に暖かさが欲しいので、遮熱レースを外してしまえば
 太陽熱が入ってくるのです。


 なかなか良かったです。































 

by imaruta | 2016-08-09 11:03 | ★施工現場行って来ました