人気ブログランキング |

2012年 05月 26日 ( 1 )

アシンメトリー(左右 非対称)のカーテン

普通。カーテンは左右対称です。
f0176387_6501664.jpg

まあ、普通そうですね。
上のカーテンは切替のデザインになっていますが、基本的には左右対称です。

でも最近、左右対称をあえて崩して作ることを希望されるお客様が
ポツポツと出てきました。


左右をあえて「非対称」にすることによって、
日差しや目線を遮るだけの「機能性のみのカーテン」から
「リビングデザインの1つとしてのカーテン」に生まれ変わります。



従来、デザインとしてカーテン(またはファブリック)を取り入れる場合、
デザイン性の高い生地を選択したり、
両開きのカーテンではなく、バルーンシェードなどのスタイルを選択することで
デザイン性を持たせていたことが多かったと思います。

また上の写真のように切替をすることもデザイン性の1つです。

でも基本的には「左右対称」でした。








しかし最近のデザインとして、 「敢えての左右非対称(アシンメトリー)」があります。
f0176387_6574167.jpg

この写真は左右とも同じ3色の配色ですが、
そのバランスが左右非対称、こうすることで1ワンク上のデザイン性を感じます。

この写真もあまりに「カタログ的」ですが、やはり非対称。
f0176387_701980.jpg

どちらの写真も基本、「無地」ですが、非対称にすることによってセンスアップされることと、
「100%オリジナル~オンリーワンカーテン」になります。


問題は、「センス」。 なんでもかんでも切り貼りすればいいってもんでもないんですね。
色の組み合わせ、バランスによってはオシャレにもなり、ダサくもなるので
リスクが高い部分もありますが、うまくいって気に行ったら「愛着100%」です。


他社さんのブログで見つけたアシンメトリーの好事例。
f0176387_744392.jpg

アシンメトリーは勿論、左が柄物、右が無地の2配色と、
更に上をいった組み合わせになっています。

お客様とスタッフとの楽しい打合せの様子や、
実際かけたときの「わあああ」という瞬間が目に浮かびます。





チャレンジしてみませんか?  先ずはお子様のお部屋から。

by imaruta | 2012-05-26 06:46 | ◎スタッフの独り言◎