人気ブログランキング |

2014年 09月 22日 ( 1 )

ギャッベ展とギャッベ。


 <富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです>


 以前、ご案内いたしました「ギャッベ展 inマルタ」ですが、
 フライヤーができました。

 
f0176387_2149267.jpg



 
 
f0176387_21495298.jpg




 来月の25日、今月ではありません。

 お間違いのないように。



 

 ギャッベについては、マルタでは20年以上前からご
 ご紹介しております。


 最初のころはとっても毛足が長く、
 あまり一般受けする商品ではありませんでしたが、
 粗野であるが味のあるギャッベは目利きの方が選ばれていきました。


 12年前からマルタでは「手織絨毯展」を1月に開催しておりますが、
 この会場でもギャッベを紹介しております。

 年を経るごとにギャッベの人気が上がってきたため、
 2年前から「ギャッベ展」として独立した催事としてご案内を
 しております。
 (1月の手織絨毯展でも出店しています)


 この4,5年、色々なところでギャッベを見かけるようになりました。


 
 でもかなり質と価格のバラツキがあり、
 「本当のギャッベ」ではないものをギャッベとして買っていたり、
 ウールの質があまり良くないものも廉価版として出回っていたり、
 選び方が難しくなってきております。










 「ギャベって 高いんじゃないの?」
とチラホラいわれます。


 
 高い・・ということはないと思います。


 ギャッベの価格は、目付(目の細かさ→手間のかかり方、
 難易度の違い)やウールの質、デザイン、産地、
 そしてサイズによって価格は色々です。






 先ず、入門編は、 「40×40cmのギャッベのマット」。

 
f0176387_21582018.jpg



 
f0176387_21592216.jpg



 ¥7,800~9,800程度の価格です。


 
 
  手織なので、1つとして「同じモノ」がありません。



  だからこそ、たくさんの中から 「見比べて」 選ぶことが
  とっても大切なのです。



  是非、お立ち寄りいただき、

 「私だけの1枚」 に巡り会って下さい。

by imaruta | 2014-09-22 22:04 | ◎スタッフの独り言◎