人気ブログランキング |

2018年 03月 01日 ( 1 )

ようやく暖かくなってきました! リネンカーテン満載!

富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです。

3月3日から「リライフルライフ~たくさんのリネンに囲まれた生活を~」が
スタートします。

f0176387_11511189.jpg
f0176387_11512922.jpg
店内には約80種のリネンカーテンは展示。

静岡県中東部では 弊社しか展示しておりませんので、
是非、少し足を延ばして、「富士市高嶺町1-1」までお越しください。


f0176387_11512014.jpg

リネンを好きな方は結構おられますが、最終的にリネンカーテンを
選択されない方が実はたくさんいらっしゃいました。(過去形です)

というのは、リネンカーテンは、

① 結構、高い。
② 全然、色やデザインがない
③ 洗うと縮む(丈200cmだと10cmくらい縮む可能性あり)

なので、好きでも「買うことに踏み切れない素材」なのです。


いや、「なのでした」。



弊社は正規販売店として販売している「リフリン」は
先程の「買うことに踏み切れない理由」を
根本的に覆してしまい、

「買わずにはいられない リネンカーテン」 なのです。


先ずは色・柄・厚みなどのバリエーションは約80種。
「白とベージュしかない」・・なんてことはないのです。


価格もしかり。

¥2,500/Mのレース素材であると、
W190×H200cm(1.5倍ヒダ) ¥18,500

ニトリのように2900円ではありませんが、
クオリティからすると「高すぎない価格」です。

¥3,200/mのカーテン地は 同じサイズで ¥22,000.

易くはないかもしれないが、決して高すぎない、価値に見合う価格。



更に、最大の問題「伸び縮み」は「防縮加工」という前工程で
事前に生地を縮ませることで、カーテンに仕上がった後では
1%程度の伸縮率。 丈200cmであれば約1~2cm。
アジャスターフックで対応できそうなサイズなのです。



更に 誤解を解きましょう。
「レースは透けて見えちゃう」

下の写真を見てください。

店内に照明がついていますが、左にリネンカーテンが
掛かっています。

f0176387_11515607.jpg


実はこのカーテンの奥には女性が立っているのです。

f0176387_11520943.jpg

・・見えませんよね。



リネンカーテンにもいろいろな厚み、織り、色、デザインがあるので、
必ずしも「透ける」わけではないのです。



期間中、カーテンを貸し出ししておりますので、お試しください。



by imaruta | 2018-03-01 12:08 | ◎スタッフの独り言◎ | Comments(0)