<   2010年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

函南のステキな輸入住宅・・できましたね

 以前お店に来ていただいたM様の住宅ができあがったというので、生地を持って訪問しました。

 前回、サイズを測りにいった時は丁度、内装工事の真っ最中。バタバタしていて、全体感があまり見えませんでしたが、今回は工事も終わっており、ゆっくり中を拝見しながら、打合せができました。

 とても丁寧な住宅作りと、センスの良いクロスや建材の選択があいまって、とても素敵な空間、オンリーワンの空間ができていました。・・素晴らしいですね。ここまで拘りを通していくのはとても難儀な事、しかも4人のお子さんを抱えながら・・。

お見積書と、「窓別スタイル提案ボード」を作成し、現在のお住まいに送らせていただきましたが、次回以降、それをベースに細かく決めていきたいと思います。

                                    内田

by imaruta | 2010-08-20 18:28 | ★施工現場行って来ました | Comments(0)

お盆休みの東京生活 ③

 昨日の疲れのため、午前中はゆっくりして午後から後楽園の「おもちゃ王国」へ。

 ネットで調べておもしろそうだったので、家族4名でいってみました。夏休みのため、多くの家族連れで賑わっていました。元々はスケートリンクだったようで、そのスペースを利用して10個ほどのカテゴリーに分かれたスペースに様々なコーナーが設けられています。
 
 例えば「プラレールを自由に作れるコーナー」や「おままごとが自由にできるコーナー」「りかちゃんコーナー」「シルバイン王国のコーナー」など色々。
f0176387_14295524.jpg


 どのコーナーも子供と親で賑わっています。なかでも「プラレールコーナー」はスペースは結構、広いのですが一杯一杯にレールが敷き詰められています。
 

 うちの長男も「プラレールフリーク」
なので、熱中して作成していました。 家でもほぼ毎日やってますが、彼の組み立てるレールは美しく、話を聞くとストーリー立てられており、大したもんだといつも感心しております。空間認識力をつけるにはとてもいいトレーニングになるのではないでしょうか。
f0176387_14311221.jpg


 おもちゃ王国のようなコンセプトの施設は、ありそうでない施設。立地も含めてとても考えられたアミューズメントパークです。東京ディズニーランドの袋を持っている人が圧倒的におおく、遊園地と兼ねてきているだろう人達もいました。「ありそうでない」・・更に「ニーズはある」ものを見つけたいい事例のような気がする。今後はもう少し「待っている親やおじいちゃん・おばあちゃん」のことを考えたスペースが揃えばまだまだいけそうではないでしょうか。

 その後、うちの奥様はお友達との会食に出かけ、残された私と小2男子と年中女子を連れ、後楽園遊園地の大観覧車へ。
f0176387_1437508.jpg

 観覧車の下や横をジェットコースターがガンガン通り、子供たちはキャーキャーいっておりました。また上の方に行くと「スカイツリーが見えた」「JRが見えた」「有楽町線が見えた」など大騒ぎ。結局、入口で撮らされた写真も¥1,000で買わされてしまいました。まあ結構楽しかったですけどネ・・。      
      ああ、今日も疲れた。           内田

by imaruta | 2010-08-12 14:23 | ◎スタッフの独り言◎

浅間上町O様 カーテン施工してきました。

本日、浅間上町のO様へカーテン取付に行ってまいりました。

 シンプルモダンの住宅で、特にオープンなリビング&ダイニング&洋室がとても感じが良く、楽しそうな空間で、それを活かすウィンドートリートメントをO様と一緒に何度か打合せさせていただき、ようやく完成しました。

 今回の最大のポイントは「リビングのW260cmの大きな掃出と、その隣の連なった2つの腰窓との関係性」です。

 大きな掃出窓のレースは<フジエテキスタイルの大きな木の柄>、そしてバックにはFEDEのイエロー系の無地を合わせましたが、木の柄のリピートが大きいため、腰窓に使うとなると息苦しい感じがしてしまうのです。柄の小さめな別のレースも検討しましたが、どうしても大きな木の柄の魅力に勝てません。やはり掃出窓にはあの組み合わせがベストなのです!

 そこで腰窓はダブルシェードにし、バックドレープは同じFEDEのイエロー系で、そしてフロントレースにはフジエテキスタイルのストライプレースを組み合わせてコーディネートしました。
f0176387_1811594.jpg


 このダブルシェードは多様なスタイルに対応可能です。
① カーテン地・レース地ともに全部上にあげる
② レース地だけ降ろす
③ カーテン地だけ降ろす
④ カーテン地を半分降ろし、レース地は全部降ろす
f0176387_18233486.jpg


そして、掃出窓と腰窓の繋がりはこんな感じになりました。
f0176387_18251323.jpg

明るくて、モダンさのある とてもいいコーディネートだと思います。

また隣接する洋室には横ボーダー柄のシンプルなものを。リビングとのリンクもグッドです。
f0176387_18272396.jpg


寝室は遮光カーテンとロールスクリーンの組み合わせ
f0176387_18291389.jpg


子供部屋はカラフルな糸目がデザイン性が高く、ちょっとかわいらしいファブリックを。
f0176387_18295512.jpg


パソコンコーナーには、あえてメタリックシルバーの太巾スラットと黒の綿テープを組み合わせて、ちょっと異質な空間を作り出しています。
f0176387_18312620.jpg


以上のようにとても良くコーディネートされたウィンドートリートメントでした。

 施工後に丁度、施主様たちが見にこられましたが、とても気に入っていただいた
御様子でした。ありがとうございました。 
 
f0176387_042440.jpg


今回はスタッフの加藤君が品選びから取り付けまで全て行いました。
施工終了後、満足そうな顔をしている姿がです。
f0176387_18335439.jpg


入社2年目でここまでできるとはとても素晴らしいと思います。
彼の自信にも繋がる施工事例だったのではないでしょうか。

これからもがんばって下さい。                   内田

by imaruta | 2010-08-06 18:39 | ★施工現場行って来ました

スイミングスクールと読書感想文

本日はマルタは休業日のため、子供たちが短期で通っているスイミングスクールに見学へ行ってきました。

夏休みの時間の過ごし方のひとつとして、まだろくに泳げないのでいったほうがいいかな・・
なんて軽い感じで応募しました。
f0176387_2218846.jpg

f0176387_22252811.jpg


 思ったよりたくさんの生徒さんとママ達がスクールにはいました。ある種の「習い事」感覚かと思ってましたが、それよりも気になったのは「学校であまり泳ぎを教える時間がない」ということです。

 ママ達の話のなかからそんなことが聞こえてきたので、うちに帰って子供たちに聞いてみた所、
どうやらカリキュラム数が決められているなかで、水泳の時間がとられていない事、すこしでも水温が低いとか雨が降ったなどの環境要因があると、割と中止になりやすいということ・・こういった事情から小学校で泳ぎを覚えるというのが困難な状況だそうです。

 自分にあてはめてはいかないと思いますが、私が子供のころはプールの時間も結構あったし、夏休みはプール開放があり、毎日のように通っていた記憶があります。しかし現在は事情が違うようで、結果としてスクールに通わざるを得ないという事だそうです。なんか少し違うかなあって感じがしました。  

 その後、昼食を済ませたあとで本屋さんに「読書感想文」の本を買いに行き、長男とじっくり向き合いながら読書感想文を書き上げました。「おとうさんが教える 読書感想文の書き方(赤木かん子著)」を熟読し、原稿用紙の3行づつ赤ペンで囲ってブロックを作り、そのブロックを埋めていく方法でなんとか形になりました。薄くて読みやすい本ですが、割と説得力と実行性が高く、よくできた本だと思います。  お悩みの方は是非。                内田

by imaruta | 2010-08-04 22:34 | ◎スタッフの独り言◎