<   2010年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

お陰様で大盛況! マルタの歳末SALE

5時47分になって、ようやくホッとした所です。

お陰様で本日は朝からご来店頂きまして、ありがとうございます。
特にシニア女性のグループが多く、「あれがいい」「こっちのほうがいい」みたいな
感じであれやこれや悩んでお買物いただいていました。

特に、今日人気があったものをご紹介しましょう。

まずは「タオル」。
f0176387_1750931.jpg

f0176387_17503746.jpg


ご自宅用だけでなく、年末の御挨拶用に大量にまとめてお求めいただく方もいらっしゃいます。
なぜならブランドタオルが50%OFF
しかも今年はいろんな50%OFFがタップリ、充実しております。


次に写真撮りにとった「スリッパ」
かわいくて、暖かい。
f0176387_17521741.jpg

Mサイズは¥1,580、Lサイズは¥1,700.これまた人気。


次に 北欧ノルウェーの<ロロスツィード>。
f0176387_17542457.jpg

とてもしっかりした作り、圧倒的なあたたかさが人気の秘訣です。

そして「ムートン」。やはり寒くなってきたのでテキメンです。
200×200cmのラグもお買い求めいただきましたが、ムートンのシートクッションやスリッパなど
「足元を温める」アイテムが続々と。

手前味噌ですが、これだけムートン商品を充実しているところは富士市にはないでしょう。
(ムートン風のものならあると思いますが)

いつも書きますが、何しろ先ず見ていただいて、触れていただくことから始まります。

マルタでは「長く、大事に使って頂ける商品」を選び、お薦めしております。




歳末SALEは年末 12月31日まで開催中です。

by imaruta | 2010-11-26 18:05 | ◎スタッフの独り言◎

明日から「歳末SALE」スタートです。

明日からマルタは歳末SALEが始まります。

歳末SALEはチラシではなく、ダイレクトメールでのご案内なので、
あまり知られていないかもしれません。
内容はこんな感じです。
f0176387_2052033.jpg

f0176387_20521875.jpg


DMがお手元に届くお客様はSALE価格でお求めいただけるのと合わせて、
更に1万円以上お買い上げいただくと¥1,000が割引、更に更に2万円以上お買い上げいただいた方にはマルタの商品券¥1000を差し上げる、マルタとしては、大盤振る舞いなのです。


DMがお手元に届いていない方も、ご安心を。
「店頭商品 70~10%OFF」は皆様対象になりますので、是非お立ち寄りを。

またDMには触れていませんが、歳末SALEならではの特典としては、
① 1畳サイズのカーペット、100本限りで¥1,050!(ウールは¥1,500)
f0176387_20583969.jpg


② ウールのオーダーカーペットが 38%OFF,
  ~ 年間で最もお安くお求めいただけます。

 
f0176387_2105742.jpg

 
f0176387_2114859.jpg
 

この2点は間違いなく、オトクです。

先ずはご来店を!

by imaruta | 2010-11-25 21:02 | ◎スタッフの独り言◎

今日は定休日、裾野・御殿場・沼津に行ってきました

今日は定休日のため、子供たちが帰り、宿題を終わらせてからお出かけです。

いつも通り「どこ行くの!」と連呼するK君。
そんな様子をじっくり見ながら「たっべっこ動物」を一人で食べてしまう妹のYちゃん。
そしてママも勿論一緒に、裾野の「時のすみか」にいきました。
ここ数年、イルミネーションが毎年話題になっているのですが、まだいったことがないため、
今年初めて行ってみました。
f0176387_21434657.jpg


駐車場が離れた場所にとめてしまったので、坂道を上ってようやく明かりが見えてきました。
f0176387_21455221.jpg

f0176387_21463772.jpg

f0176387_2147972.jpg

f0176387_22162994.jpg

1キロぐらいの光のトンネルを歩き、フラフラと廻っていたら、寒くなったのと
小腹が空いたので吸い込まれるように、天神屋の「しぞーかおでん」のブースに入り、
5時頃にも関わらず食べてしまいました。
f0176387_21495431.jpg

f0176387_21501522.jpg


11月の平日にも関わらず、かなり人は賑わっていました。12月のクリスマス時期には大変なことになるでしょう。今日は裾野インターから駐車場まで15分ぐらいでしたが、最盛期には1時間ぐらいかかるそうです。

でも、私的にはちょっと不満。 
確かに明るくて、スケールも大きいのですが、デザイン性に疑問が残ります。
比べるのもなんなんですけど、東京ミレナリオと比べると
その品質の差は大きいと思います。
f0176387_21554437.jpg

f0176387_21562783.jpg

f0176387_21563956.jpg


時のすみかのイルミネーションは「明るいなあ」とは思いますが、
クリスマスならではの「神聖な気持ちになる」とか、
恋人同士がときめきあうような感じには成りにくい気がします。

若干の不満を残しつつ、「本当の夕飯」を食べに移動しました。
246を沼津方面に下りながら、車内会議の結果、「サングリア」に決定しました。
f0176387_2243135.jpg

f0176387_2244540.jpg


サングリアはスパニッシュレストラン、友人から「おいしい」と聞いていましたが、
未だ一度も行っていなかったので行ってみました。

何を頼んでいいのかわかりませんでしたので、適当に頼みました。
その中で「ガーリックチキン」はとっても美味しくて、また来て食べたくなるお料理でした。

プーンと漂うガーリックの香り、カリカリとしたチキンが4つも入って、
同じようにカリッとしたポテトが入って¥900ぐらい。
これはコストパフォーマンスが高い!  

また水曜日と日曜日の夜7時から、テーブルマジックをやっているそうです。
今日は正に水曜日なので、「今日やりますか?」と聞くと
「マジシャンが日曜日から体調を崩しまして・・」ということで、残念。

また味もさることながら、従業員の方の感じがとても良く、店内も新しくはありませんが
適度にプライバシーを確保したテーブル配置もGOODです。

2人でいくよりも、4~6人くらいで色々頼んで食べるのがいいと思います。


是非、行ってみて下さい。  支店(本店?)は静岡の久能にあります(いちごロード沿い)。


サングリア NUMAZU TOMEI-TEN<沼津東名店>
沼津市岡の宮1320 TEL.055-926-7500

f0176387_22141421.gif

by imaruta | 2010-11-24 22:16 | ◎スタッフの独り言◎

富士宮 Oダンス教室 レーザーカットのロールスクリーン

富士宮のイオンそばのビルの一角にある「Oダンス教室」のブラインドを撤収、
改めてロールスクリーンを施工する工事に伺いました。


15年ぐらい スチールのブラインドにしておりましたが、かなり劣化がすすんだため、
今回のお取り換えになりました。

またスツール系のブラインドであると「オフィスっぽい」ので、

ダンススクールにあうような楽しさを少し演出してほしいというのも施主様のご意向でした。



そこで今回はロールスクリーンのレーザーカット、つまりロールスクリーンにレーザーで
穴をデザインとして開けた商品をお薦めしました。

穴があいているので、向こうが見えますね。

穴のあき方やバラツキ方などは色々。

f0176387_1411110.jpg




で、今回はこんな感じになりました。

f0176387_1413189.jpg


レーザーで抜けた穴から光が差し込み、床にその模様が投影されます。

f0176387_14134257.jpg


シンプルだけどちょっと洒落た感じ。楽しい雰囲気もでているのではないでしょうか。

結構、イメージ変わりました。

by imaruta | 2010-11-23 14:16 | ★施工現場行って来ました

北欧のサンタ、温かみがあってとてもかわいい人形です

1967年にコペンハーゲンに設立された「セバスチャンデザイン」。
f0176387_18341946.jpg

北欧らしい、メルヘンチックな木製インテリアオーナメントで有名です。
特にチューリップやリンゴ、水辺の鳥、馬やトナカイなどは古くから北欧の人々に愛されています。
(今回木製の商品は扱っておりませんが、お取り寄せは可能です)

マルタではこの「セバスチャンデザイン」の「フェルトのサンタクロース」を今年の新作として
カウンター前のクリスマスコーナーにてご紹介しております。
f0176387_1841193.jpg

「サンタトントゥ」 女の子っぽいサンタでとってもかわいいです。
 私は一番これが好きですね。高さ10cmのものが¥2,100です。


f0176387_18435831.jpg

「ビックノーズトントゥ」 
写真でみるより実際ご覧頂いた方が帽子がなが~く感じます


f0176387_18444184.jpg

4点セットの「ミュージックトロール」は4人がそれぞれ楽器をもったサンタ。


ツリーにかけるオーナメント型のフェルトサンタもあります。


デンマーク製・スウェーデン企画のフェルトのサンタ。
顔や胴体などはセバスチャンデザインらしい木製ですが、その体をフェルトが包み込んでいて
とても心温まる商品です。

一部、ドイツ製のパイプ人形と並べて展示しています。


やはりこういった「懐かしかわいい感じ」は北欧ならでは。

是非、お店てご覧下さい。 在庫は少量、お急ぎ下さい!

by imaruta | 2010-11-20 18:59 | ◎スタッフの独り言◎

K様 ご新築おめでとうございます。 カーテン、施工致しました

本日 K様のご自宅にカーテン等を納めさせていただきました。
数日前の奥様と2人でマルタに来ていただき、私のたてたプランを元にお打合せさせて
いただきました。

その後、カーテン生地を持って現場で「試着」、ほぼプラン通りに決定しました。
f0176387_2320179.jpg


新しいお住まいはリビング・ダイニングが開放的で、木を活かしたとても気持ちの良い空間です。
f0176387_22305071.jpg

f0176387_22314669.jpg
f0176387_22321379.jpg


f0176387_22331895.jpg

玄関の細窓にはフジエテキスタイルのデザインレースをプレーンシェードで。
和風になりすぎない、モダンな空間作りに一役買っています。
f0176387_22334265.jpg


ダイニングテーブル脇にはナチュラルウッドのウッドブラインドを。
f0176387_22343857.jpg

お子様のお部屋には、かわいいドット柄のファブリックを、シェードスタイルで。
f0176387_223508.jpg


そしてメインのリビングには、川島織物セルコンのザックリとしたナチュラルモダンな
ファブリックに、FEDEのレースをコーディネート。傾きかけた光を浴びて、
キラキラを光っていました。
f0176387_23204496.jpg

f0176387_23205565.jpg

f0176387_22355150.jpg

外から見ると・・
f0176387_23213923.jpg


・・・イメージ通りのお部屋つくりができたのではないでしょうか。

施主であり、また住宅を建てた工務店のスタッフでもあるK様のもとには、
たくさんの職人さんたちが集まり、皆暖かい声をK様にかけていました。

その姿をみるとK様の人柄の素晴らしさを改めて実感しました。
おめでとうございます、K様。
2人のお子様と優しい奥様と明るく楽しい家族作りを楽しんで下さい。

by imaruta | 2010-11-19 22:47 | ★施工現場行って来ました

ペルシャ絨毯の良さ ~2011年1月末手織絨毯展開催します

今日、富士宮のS様のお宅にカーテン・レースをお届けにあがりました。
窓のリフォームでサッシを窓枠内にいれたので、それに応じてカーテン・レースをご発注いただきました。

とても雰囲気のあるお宅なので、5年ほど前にカーテンをマルタでお選びいただいたときにお聞きしたら、
海外での生活(ドイツだったかな)を長くされていた方でした。日本的な住宅でありながら、置かれているものや生活スタイル、お話の内容などからそんな印象をもったのですが、やはりそうでした。

玄関には手織絨毯が敷いてありました
f0176387_2211968.jpg

日本に帰国する際に現地でお求めになったそうです。
 ご実家にもペルシャ絨毯が敷かれているそうで、その影響か、ご自分たちで手織絨毯を
選ぶのにもなんのためらいもなかったとのことです。

そのご実家のペルシャ絨毯はもう20年以上前に購入されたもので、踏んだり荷物を置いたりして使っていたので、もうドロドロ、ボロボロだということでした。 

f0176387_2214441.jpg


しかし本場イランやヨーロッパにおいても、ペルシャ絨毯は靴で踏まれ、日常的に生活に溶け込んでいるものです。後生大事に使っているのは日本人くらいだそうです。

f0176387_2222727.jpg


なぜならペルシャ絨毯は買ったときが一番価値が低く、使って汚れて洗っていくことで艶も増して価値があがっていく絨毯なのです。 普通の絨毯は買ったときがピークで、その後汚れていくだけ。ところがペルシャはその逆で、また破れたり、切れたりしてもメンテナンスが可能、「再生可能な絨毯」なのです。

S様にもそんなお話をさせていただき、ご両親とご一緒に、ご実家のペルシャを持って「マルタの手織絨毯展」にきていただくよう、
オススメいたしました。

当日会場ではペルシャ絨毯の展示・販売は勿論、修理やメンテナンスのご相談も承ります。ペルシャ絨毯の職人も来場し、カンタンな修理でしたらその場で承りますし、修理の金額見積りもその場でご案内できますので、「うちの手織絨毯は敷きっぱなしで汚いなあ」なんて思われている方、是非お立ち寄り下さい。

f0176387_2225331.jpg

会場はインタリアマルタ内特設会場にて
     、期間は2011年1月29日(土)~31日(月)です。

by imaruta | 2010-11-19 02:24 | ◎スタッフの独り言◎ | Comments(0)

たまプラーザツアー。かなり洗練された町になって驚き!

本日はマルタが定休日、子供たちが11:30帰りなので、帰り次第宿題をやって
新しくできた「たまプラザテラス」の「キドキド」という遊び場にいく計画をたてました。

キドキドは子供玩具会社のボーネルンドがやっている「有料の遊びスペース」。二子玉川に第一号店ができ、その後新しいショッピングセンターに導入されてきています。一度、いってみたいなあと思っていたので、定休日と11:30帰りが重なった貴重な日に行くことにしました。

東名川崎でおりて10分ぐらいでたまプラザテラスにつくのですが、お昼頃に出発したので「お腹がすいた~!」攻撃が始まったため、途中、足柄サービスエリアで食事をすませてからいくことにしました。 するとなにやら改装中。11月25日にフルオープンだそうですが、半分くらいプレオープンしていましたが、とてもきれいなサービスエリアでした。




最近は富士川SAや海老名SAだけでなく、高速道路無料化に合わせてSAの
サービスレベルをあげているところが目立ちます。足柄も静岡県東部でスタバを導入し、
都心に帰る客層を掴んでいる実績があったのか、かなり大きなリニューアルです。
ラーメン有名店や北海道展開催など、いままでのSAのイメージをかえる雰囲気です。
「時のすみか」のホテルやお風呂などもできるようです。

そんな所で時間を浪費してしまいましたが、昼食を済ませた後、一路、たまプラザへ。

たまプラザは大学のゼミの友人の実家があり、大学時代にはちょこちょこ行ったりしていました。
当時、田園都市線はまだまだ田舎で、東急百貨店があるたまプラザだけが「田園都市」の理想を実現している・・ような感じはしていました。東急不動産が開発した土地に資産家や企業家の家を誘致して、客層のいい街を作り上げていました。

今回、25年ぶりぐらいに訪れましたが、全く変わった街になっていました。
一応、東急百貨店はまだ健在ですが、中身は旧態依然とした感じ。それを囲むような「たまプラザテラス」は駅を懐に吸収しながら、イマドキの町に変わっていました!
f0176387_22513531.jpg

(夜の写真ですけれど)

高級ブランド(エルメスやグッチなど)はありませんが、イマドキのファッションやグルメ、インテリアなどが一通り揃うような街作り。これじゃあ、都心に買い物にいきません。さすがの二子玉川高島屋もちょっと影響を受けてしまいますね。

その中の「キドキド(ドキドキをひっくりかえした造語)」で1時間半ほどK君とYちゃんは遊びを満喫。点数はK君は「98点」、Yちゃんは「100点」だそうです。 想像していたよりすこし狭いスペースでしたが、楽しく遊べる工夫が一杯でした。
f0176387_22553847.jpg

f0176387_2256249.jpg

f0176387_2256381.jpg

f0176387_22571444.jpg

f0176387_22573626.jpg

とても彼らは満足していたようです。
f0176387_2313412.jpg

富士から約1時間半で到着、比較的行きやすいエリアです。

by imaruta | 2010-11-17 23:04 | ◎スタッフの独り言◎

こどものまなび くもん編

最近 世の中は「学び」ブームだそうです。

色々な知識をクイズにしたテレビ番組が多数やっていますし、「理数系」が取りざたされて
パナソニックの「リスーピア」などの学び施設も増えています。

また子供の教育の仕方を指南したり、情報提供するような雑誌も多数見かけるようになりました。

こういう流れを少し離れてみると、すごく「切迫感」を感じます
「やらなきゃダメ」みたいな。ある意味、形を変えた一種のブームのような感じでしょうか。

バブルの時にブランド物を買うのが当たり前、クリスマスにはシティホテルでお祝するのが当たり前。その時代、その中にいると当然のように思えた事が、今振り返ってみると少し滑稽に感じるように、マスコミを含めた「流れ」に何か似たものがあるように感じてなりません。
その流れに乗っていなければいけない、乗っていれば安心・・ということが本当に自分や子供たちにとっていいことなのかと冷ややかに分析することも必要なのではないでしょうか。


とはいえ、我が家のK君も遊んでばかりでなく、「くもん」を幼稚園のころからやっております。
f0176387_10372810.gif

本人がやりたいということもさることながら、くもんについては私も「やったほうがいい」と勧めました。 詳しいことはわかりませんが、「知識を詰め込む」スタイルではなく、「頭の中の回路を形成する」仕組みなのではないかと考えております。 日能研などで見られる図形問題やひねった問題などはなく、割とひたすら計算を色々な切り口で反復練習しています。前にやった同じプリントがまた配布されたりすることも意図的なものを感じます。

現在2年生のK君は算数と国語をやっていますが、算数はかけざんの2けた×2けたなどのひっさんをやっていました。

小学校2年の自分に置き換えてみると、そのころようやく九九を覚えたようなタイミング
だったと思います。
 
またひっさんの仕方も繰り上がりを式の中に書き込んでやっていたと思いますが、K君のをみると
あまり書き込んでありません。 聞くと頭の中で繰り上げをやった上で書いているそうです。

これは昔、そろばんをやっていた同級生が、空中で指をパチパチして(イメージ上でそろばんをはじいているのでしょう)2けたの掛け算をやっていたのと感覚的に近いのではないでしょうか。そういう意味では「回路」を反復しながら形成しているのではないでしょうか。

また国語については「理数的」な感じで、文章を分解したり繋ぎ合わせながら文章を
理解・形成していくようなやり方なのでしょうか。(勝手にそう思っています・・・)
f0176387_10104882.jpg

でもこれも反復練習。 

あとは読書をしてくれればいいのですが、こちらの思いとは別にK君は「図鑑・辞典派」なので、
物語より図鑑や事典ばかり見ています。
f0176387_10265919.jpg

f0176387_1027257.jpg


学校の勉強と「くもん」をしっかりやってくれれば当面、それで十分かなと思っています。

妹のYちゃんも刺激され、少し前からくもんをやり始めました。
f0176387_10331335.jpg

f0176387_10333523.jpg

年中さんなので九九というわけにはいきませんので、「ずんずん」という線をひいていくシートや数字を読み上げるものを楽しそうにやっています。おにいちゃんより先にドンドン宿題をすませてしまいます。楽しいそうです。 

でも小学校になったら「やめる」といっています。
何故ならK君の様子を見ていて大変そうだからだそうです。
さすが、2番目の子、空気を読んで、自分に損のないような道筋を選ぶ嗅覚を備えております。

どうなることでしょうか、この女の子は・・。

by imaruta | 2010-11-17 10:35 | ◎スタッフの独り言◎

やっぱり日本ベッドはすばらしい!マットレスは秀逸。

先日小山町のB様に日本ベッドの「ハンゼ」をお選びいただきました。
f0176387_1412027.jpg

このハンゼは日本ベッドの新作ですが、足の高さが2種類選べるのがポイントです。
ご購入の時点で3種類ほどの高さの足を選んで・・ということはありましたが、
今付いている足の下部だけを外して短い足に後で変更できるというのは新しいです。


日本ベッドは大正15年に創業した元々マットレスを製作していたベッドメーカーで、特徴はやっぱりマットレスですで、そのこだわりは職人的。
f0176387_22039100.jpg

特にポケットコイルについては熱処理で仕上げてへたりを防止しているとか、コイルの細さと数の多さなど、他の追従を全く寄せ付けません。
f0176387_147248.jpg

f0176387_2195789.jpg


~日本ベッドのカタログより~

真似の出来ない経験と技術力に支えられた独自のスプリング。緻密な独立スプリングは適度に
体圧を分散し、過度な寝返りを抑えてエネルギーの消耗を防ぎます。
また振動が全体に伝わりにくいので、安眠を妨げる心配もありません。

また世界初耐久性にすぐれた熱処理・防錆加工をコイルに施しています。これにより熱処理されていないポケットコイルスプリングに比べ耐久性がUP。しなやかで安定感のある寝心地を作ります。


日本ベッドはシモンズやトヨタベッドなどと比べて広告宣伝をしていないため、一般の方の認知度はかなり低いのですが実は帝国ホテルやパークハイアットなど名門からラグジュアリー系のホテルまで、幅広く実績のあるメーカーなのです。 
f0176387_2211250.jpg

またイチローなどスポーツ選手から皇族の方々まで「眠りを大切に考える」一流の方々に幅広く支持されています。
f0176387_2214593.jpg


また家具屋さんなどで販売されるベッドは30~40%引き、場合によっては半額などで宣伝されることがあると思いますが、実はメーカー希望価格があってないようなもので、割引を想定した販売価格になっているケースが多いのでそのようなことが可能なのです。

ところが日本ベッドは「マジメな会社」なので、そのような価格設定ではありません。定価はあくまでもお客様に買っていただく価格。なので割引については想定していないのです。

そうなると30~50%引きが並んでいる家具屋さんで販売できるでしょうか? 販売する方としたら「売りにくい」商品なのです。 なので家具屋さんには日本ベッドはあまりお取り扱いしておりません。

逆に他にベッドをお薦めしていない我々のようなインテリアショップや百貨店などに販売する場所が限られてしまっているので、お客様の目に触れる機会も少なく、結果として日本ベッドの認知度は高くなくなってしまっている・・そんな悪循環(認知度に限ってです!)に陥っているのです。消費者本位の日本ベッドとしては「まあしょうがない」と思っているのではないでしょうか。


私も以前はシモンズを使っておりましたが、子供たちが増え、日本ベッドを購入し、シモンズと日本ベッドを寝室に並べて使っています。

f0176387_28286.jpg

家族4人、どちらかのベッドを選択して寝るのですが、やはり子供は正直で「日本ベッドで寝る!」といって言いあいをしたりしてます。寝比べるとその違いは明らかです。

日によって子供たちが日本ベッドで寝たり、父&息子の「男グループ」が寝たり、母&娘の「女グループ」が寝たりしております。


少し離しが逸れましたがマルタでも日本ベッドを展示しておりますので、
是非寝心地をお確かめ下さい。

またショールームは青山にあり、色々な硬さを試しながらお選びいただけますので、青山方面に行く機会があれば是非、お立ち寄りください。眠りに対する価値観が変わります。

f0176387_2132536.gif

by imaruta | 2010-11-15 10:30 | ◎スタッフの独り言◎