人気ブログランキング |

<   2011年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

手織絨毯展 2日目、本日 日中は大混雑!!!

本日2日目を迎えた、絨毯展。

「そんなに高いモノ、売れるの?」なんて揶揄する声もありますが、
「消費不況の時代」と同時に「本物の時代」、本日は大混雑。
我々が思っている以上にお客様のほうが本物志向でした。

よくお話するのですが、いわゆるカーペットとペルシャ絨毯とは、
同じ敷物ですが根本的な考え方が全く異なります。
カーペットは買った時がピーク、段々価値が下がっていきます。
逆にペルシャ絨毯は買った時が底値、メンテナンスを繰り返して、ベルベットのような仕上がりに変化し、
価値が上がっていく敷物・・それがペルシャ絨毯です。

一例をご紹介します。
先ずこの写真は新品のペルシャ絨毯、カシャンという産地で織られたものです。
f0176387_18354053.jpg


そしてこちらが同じカシャンで織られ、クリーニングやメンテナンスを繰り返して、
60年経過したオールドのペルシャ絨毯。
f0176387_18365990.jpg

色の深みが全く違います。
画像では見てとれませんが、タッチ感が全く違います。
テローンとしていて、とってもしなやか。
新品のペルシャと触り比べると、その差は歴然です。

つまりウールのペルシャ絨毯は育てていくものです。
後生大事に丸めてとっておくことが最も避けるべき事です。
生地が固く、色もくすんできてしまいます。

それよりも踏んだり、汚したりして、5~10年に1回、クリーニング・メンテナンスをして
いくこと、何よりも使いこんでいただくことが価値を高める第一歩です。
古くて味があるほうが価値が高い・・という点ではアンティーク家具に近い感覚です。


別の例を見てみましょう。
f0176387_184392.jpg

これはオールドキリム。40年以上使用された敷物です。
よく見ると擦れていたり、穴があいていたりしますが
f0176387_18442158.jpg

色の深みや使いこんだ感が評価されるのがアンティーク市場。
数百万の価値になります。

新しいモノが必ずいい・・ではないのです。
味がある、深みがあるほうが価値があるものもあるのです。
しかもかなり昔からその価値感は世界で認められているのです。

敷居が高く感じるのもよくわかります。
実際、私もそうでしたが、手に触れ、目で見て、色々見比べていくと
とても奥深く、楽しい商品です。

あと1日、開催しておりますので、是非お立ち寄りください。

by imaruta | 2011-01-30 18:05 | ◎スタッフの独り言◎ | Comments(0)

第8回 手織絨毯展 始まりました!

本日より「第8回 手織絨毯展」がいよいよ開催されます。

毎年楽しみにご来店いただくお客様もいらっしゃいますが、
なによりも我々のほうが楽しみにしているイベントです。
f0176387_13284166.jpg
f0176387_13285622.jpg
f0176387_1329751.jpg
f0176387_13291758.jpg
f0176387_13292960.jpg

例年以上にバラエティに富んだ品揃えで、デザインやカラーなど色々な中からお選びいただけます。

是非、実際に見て、触れて、そして歴史や背景を聞いていただきたいと思います。
きっと好きになっていただけます。

ご来場をお待ちしております。

by imaruta | 2011-01-29 13:29 | ◎スタッフの独り言◎

84.4FM エフエム富士にいってきました

本日 18:30よりFM富士で「絨毯展」のご案内をさせていただきました。

昨年はFM富士のご厚意で会場でインタビューをしていただきましたが、
今年はスタジオに絨毯を持ち込んでお話をさせていただきました。
f0176387_7152146.jpg

f0176387_7163743.jpg

ナビゲーターの方たちがうまく話を引き出していただいたので、
大体話をしたかったことについては言葉に出せた気がします。

でもあとで聴いたら「そうですね」200回ぐらい言っていました。

野球選手のヒーローインタビューみたいでした。
それを見ている時は「絶対そうですねっていうんだよなあ、ほら、言った!」なんていっているんですが、
自分も「そうですね君」になっているとは思いませんでした。
もっとバリエーション豊富な相槌ができるよう、反省しました。

さて今日は会場作り。段々とフェア会場が出来上がっていきます。
f0176387_7283917.jpg
f0176387_7285012.jpg
f0176387_7291782.jpg
f0176387_7293587.jpg

明日 1月29日(土)10:00からオープンです。
是非お気軽に見に来て下さい。
スタッフ一同、お待ちしております。

by imaruta | 2011-01-28 18:08 | ◎スタッフの独り言◎ | Comments(0)

いよいよ絨毯展、準備開始

いよいよ土曜日から絨毯展が始まります。

前々日の木曜日の夕方から準備が始まります。
通常、タオルやテーブルクロスなどが置かれている什器や家具は全部片付けられて
絨毯一杯に埋め尽くされます。
f0176387_8313253.jpg

f0176387_8294739.jpg


ご期待下さい。

明日18:30よりFMフジでインタビューが放送されます。
聞いて下さい。

by imaruta | 2011-01-27 08:26 | ◎スタッフの独り言◎ | Comments(0)

結婚記念日ではなくて「健康記念日」

今日、私は 人間ドッグ へ行ってきました。
毎年年末前後にいっていますが、一昨年までは何の異常値もなく「流れで」いっていました。

検査内容は、
① 採血・採尿
② 視力検査・肺機能検査・身体計測
③ 眼圧検査・眼底検査
④ 血圧測定・心電図
⑤ 腹部エコー・胆のうエコー
⑥ 胸部X線
⑦ 胃部X線
です。

しかし昨年1月の検診の時に、血圧を測ってもらっていたのですが、
スタッフの方が何度も何度も測り直しているのです。
「おかしいなあ」と思ったら、やはり昼食後の専門医による問診の時に
「なんらかの対策をしないと・・」
ということになってしまいました。
血圧がかなり高めだったのです。
遺伝的なものもあるかと思いますが、そろそろ食生活含めての改善が必要だというサインです。

それ以来1年、「野菜生活」(どこかのジュースのようですが・・)が始まりました。
でも肉をまったく食べないのではなく、味付けに注意をするとかなので、
そんなにキリキリした感じではありません。

またママが野菜をいろんな形で調理してくれたため、あまり飽きずに食べていました。
更にいえば「普通の野菜」と「おいしい野菜」の違いを感じるようになってきてよかったです。

子供たちも肉ばっかりたべていたので、いい機会だったのではないでしょうか。


お陰様で、今回検査で測った値は問題のない数値がでて、ほっとしました。
でも他に改善すべき点もあるようで、検査終了後の専門医の問診をうけ、
その後おくられてくる報告書を待って対応するようなお話をさせていただきました。

でも大きな問題はないような感じでしたので、ホッとしております。



一方、ママはママで、フィランセで 「乳ガン検診」 をうけてきました。

お互い、「それなりの年齢」になってきており、自分の年齢を聞かれてもパッと出てこないほど
年齢発言に対しては「無視」的な感じとなっております。

by imaruta | 2011-01-26 14:39 | ◎スタッフの独り言◎ | Comments(0)

「安売りしない会社は どこで努力をしているか?」

先日購入した本を一気読みしました。
タイトルは「安売りしない会社は どこで努力をしているか」(大和書房) です。
f0176387_151312.jpg

サブタイトルは 「値段を下げる前に、できることはたくさんある」

プロローグ 「利益をだすことから逃げない」
第1章   「安売りでおこる10の問題」
第2章   「あなたは価値を売っているか」
第3章   「プライシングのセオリーを忘れる」
第4章   「スタイルのある会社になる」
第5章   「会社自体のファンを増やす」
第6章   「スタッフ力こそ会社の底力」
第7章   「ライフスタイルブランド構築への挑戦
エピローグ「新しい価値を生むという社会貢献」

「価格より価値を」というのは言い古された言葉で
あるが、今の時代にあった具体的な提案をしているので、非常に参考になった。

 また我々も「価格より価値を」をひとつの指針にしているので、共通する部分、そして昔から今も実践している部分などもあるが、「こういう点に注目すべきなのか」とわかってはいるが、注視していない重要なこともあり、色々と気付かされました。


特に最後に書かれていたある経営者のメールはドキッとさせられるものでした。

   経営者にとって一番大切な数字は「利益」です。
   「利益をあげる」という事は、
             「ありがとうの数を数えて、ありがとうの数を増やす」という事です。
   「利益」は、「ありがとうを言ってもらった数」から
             「ありがとうを言った数」を引いた数のことです。
   
   誰かになにかをしてもらって「ありがとう」といった数よりも、
   自分が社会に貢献して「ありがとう」と言われた数が多いほうが幸せだと思います。
   「数字」といわれただけで、「追いかけるもの」とイメージする人も少なくないかもしれません。

   でも私は経営者に「ありがとうの数を数える」を意識してもらいたいと思っています。



勉強になります。

by imaruta | 2011-01-25 14:48 | ◎スタッフの独り言◎ | Comments(0)

部屋が寒いのは・・

1月に入って寒い日が続きます。
寒いには理由があります。
そのうちの一つが、室内から暖気が漏れることによるものがあります。
下図にあるように
f0176387_1864630.gif

冬場には窓・ドアから48%暖気が漏れていきます。
ドアについては対策の取りようがありませんが、窓については色々と手段があります。

一番効果的なのは、サッシを2重サッシにすることでしょう。
断熱性が高まり、モレもかなり軽減されると思います
しかし予算がけっこうかかりますし、工事も大々的になります。

もっと簡単なのはやはりカーテンでの対応。
① 素材の変更
② スタイルの変更
③ 丈の変更

①は、カーテンを厚地のものに替えること。
    最近は薄手のものが多いので、厚手のものに替えると、それなりの効果はあります。

②について代表的なのは「リターン仕様にすること」。
f0176387_18172230.jpg


「リターン仕様」とは、厚手のドレープのカーテンの両端を10cmくらい長くしてフラットの部分を作ります。
その端をレース用のフックにかけるのです。 

そうすることによって、空気も漏れにくいので冷暖房効果が高まり、省エネ効果が期待できます。 

雪深い地方では、生活習慣的にカーテンの端をリターン仕様にすることが多いようです。
(北陸地方では省エネカーテン等と呼んでいますが)。
またレールの巾を長くしてカーテンも大きくすることでも効果は期待できます。

③については、あまり美しくありませんが、アジャスタブルフックを上にあげて、
 床からの距離を狭めることでも可能です。しかし、あまりフックを調整しすぎると
 カーテンが前に倒れてしまう場合もありますので、注意して下さい。


その他、寒さ対策は色々ありますので、ご相談下さい。

by imaruta | 2011-01-24 18:25 | ◎スタッフの独り言◎ | Comments(0)

手織絨毯展 FACE TO FACE掲載&ラジオエフ84.4 デビュー。

星野新聞堂さんが企画・提案している「FACE TO FACE」。
f0176387_1735254.jpg

地元の活性化を目指した情報誌で、紙質も良く、
特に最初の3ページの活躍している人を紹介するページはかかさず読んでいます。

今回、縁あって 「住まいと暮らし特集」に 「手織絨毯展」を載せていただくことになりました。
f0176387_1738143.jpg


現在、道路側のプレゼンテーションスペースでは、特別な絨毯を展示をしておりますので、
前を通りがてら、見てみて下さい。
当日は約800枚の華麗な絨毯 を ご案内させて頂きます。


また28日(金)の夜6:30からは、
   
f0176387_17443882.gif

ラジオエフのスタジオで
       「手織絨毯展」をイベントとして
              取り上げてくれるそうです!

当日、私が選りすぐりのペルシャ絨毯を持ってスタジオに伺い、
その魅力についてこんこんと(?)語りたいと思います。

昨年はラジオエフが出張取材をしてくれて、絨毯展会場にマイクを持ち込み、
私だけでなく、来店していたお客様にもインタビューをしてくれましたが、
今年は我々からラジオエフに乗り込んでいきたい(?)と思います。


多分、テーブルの上にペルシャ絨毯をコロコロっと広げたら
ナビゲーターの方の「うわああ」という驚きの声
ラジオを通して聞いていただけるのではないかと思います。

1月28日(金) 夕方6:30はラジオエフ 84.4 に
ダイアルを合わせて下さい!

by imaruta | 2011-01-22 18:08 | ◎スタッフの独り言◎

不思議な味覚

先日の「KICHI TO NARU」に続いて「食」の話ですが、
我が家のYちゃん、K君はハンバーグや唐揚げなど、
世の中の子供が好きなものも好きなのですが、
こどもらしからぬモノが好きなのです。

5歳のYちゃんは おやつが大好き で、
棚のどこにどんなお菓子があるか、一番把握しています。
幼稚園から帰ってくると、お皿を取り出し、その中に適量のお菓子をいれてポリポリ食べています。
なくなるとまた扉を開けて別のお菓子をお皿にいれて、またまたポリポリ。

おやつ大好き人間ですが、それ以外に大好きなのは「のり」。
f0176387_0405143.jpg

特に井上海苔店の「もみ海苔」が大好きです
ごはんにかけるのは勿論、そのままおやつで食べたりしています。

また「ネギ」も大好きです。
f0176387_0425322.jpg

さすがに「かぶりつく」ということはありませんが、
きざんだネギをつまみ食いしたり、なにかにかけてあるネギだけを食べたり。
おやつ感覚でネギを食べています。


一方、K君はおやつはあまり食べません。
朝・昼・晩の食事をとても大事にしています。
そんな彼が好きな「子供らしからぬ食材」は、 「キムチ」。
f0176387_0513923.jpg

けっこう辛いモノのバクバク食べちゃいます。

でも辛いものをたべる子はそれでもいると思いますが、
彼の少しかわっているのは 「調味料好き」 ということ。
S&Bのスパイスなどを味付けに加えて、じぶんなりにアレンジしています。
f0176387_055916.jpg

「ちょっとオレガノをかけるか」とかいって
とろけるチーズがのったパンの上にかけたり、
サラダにオリーブオイルとクレージーソルトをかけたり、
パスタにブラックペッパーをかけたり。
キッチンの引き出しから自ら取り出してきて、パッパカかけています。



でもK君が一番大好きなのは「ごはん」です。
f0176387_0592699.jpg

今、我が家のお米はウド鈴木の実家で作られた「山形産のコシヒカリ 」。
モチモチ・ツヤツヤしていておいしいです。

今までは別のお米を食べていたのですが、昨年の異常気象による影響か、
あまりおいしくなかったので、ママの妹に紹介された「ウド米」を食べています。

K君は学校から帰ってきて、おやつの代わりにキムチでごはんを食べたり、
日常的にも「おかわり君」なのです。

また炊きたてにこだわり「これは本当に炊きたてか?」
「これはチンしたごはんだからあまりおいしくない」など
世の中のオヤジのようなコメントもしばしば。

おやつを食べないで、ごはんをしっかり食べるのはいいことだと思いますが、
食べ終わった後の彼のポッコリお腹をみると、
「果たしてこれでいいのか」とも思います。

難しいです。

by imaruta | 2011-01-22 01:13 | ◎スタッフの独り言◎

接客サービス

昨日ランチをしに 「KICHI TO NARU」 にいってきました。
本来は居酒屋さんなのかもしれませんが、野菜を生かしたお料理がおいしくて人気のようです。
f0176387_7554539.jpg

家でお願いしている「野菜畑さん」がKICHI TO NARUさんにも卸しているようです。

お食事はおいしかったのですが、それよりも接客サービスのこまやかさが素晴らしく、
見習うべきことが沢山ありました・・・。

先ず駐車しようと思ったら駐車場が一杯。
するとささっとお店の方が出てきて
 「次のお客様が今出ますので、少々お待ち下さい。お席ご用意しておきます」

ちょっと待って中に入ると
 「お待たせいたしました。こちらの席をご用意させていただきました」

しばらくするとメニューの説明。その最中に携帯電話がかかってきたので、僕はちょっと離席しました。
メニューは決まっていて、伝えておいたのですが、ドリンクは決めてありませんでした。
電話が終わって着席すると
 「申し訳ありません。ドリンクはいかがいたしましょうか」と、間髪いれずに聞いてくれた。

いよいよご飯とおかずが登場。
美味しそうな五穀米でした。

すると耳元
「もし少ないようであれば言って下さい。サービスします」

(結局おかわりはしませんでしたが)

食事がすんで片付けてくれる時
「いかがだったでしょうか」「おいしかったです
「ありがとうございます。うれしいです。」

お会計がすんで「ごちそうさまでした」といってお店をでようとすると出口まできて
「また来て下さい。お気をつけて。」

味もいいのですが、サービスが良く「また来たい」と思わせてくれました。
特に帰り際の「また来て下さい」という一言、「そうだな、また来るか」と思わせてくれます。

勉強になります。
f0176387_885721.jpg

by imaruta | 2011-01-20 08:09 | ◎スタッフの独り言◎