<   2011年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧

国産いぐさの素晴らしさ~染めと織り

昨日から「いぐさ」のお話をさせていただいております。
マルタ店内で展示している「いぐさ」は全て国産素材、日本職人の手による製作です。
しかも丈夫で長持ちする「掛川織」というものだけに特化しております。

そこで今回はその違いを御理解いただくために、「染めと織り」について
整理したいと思います。
f0176387_1734244.jpg


f0176387_17224479.jpg

一般のいぐさは 約2800~3200本のい草を使うのに比べ、
添島の製品には 約3500~4800本も使用しており、丈夫さとボリューム感が違います。
ここでは代表的な3つの織り方についてお話します。

<掛川織>
重厚優美な姿を形にして行く掛川織りは、特産工芸品に認定される程の美しさがあります。
正確で高密度に織り込むことで目が詰まり、素足に心地よいクッション性・肌触り・美しさは
職人の関わらない大量生産では決して出せない感動の質感です。
f0176387_17221962.jpg

約3cmの大きな折り目と、1cmの小さな折り目が交互に繰り返され、
一般の花ござに比べ厚く、 やさしい感触は深いくつろぎを生み出します。
マルタで展開しているのは、この掛川織だけです。


<袋織り>
f0176387_17242757.jpg

f0176387_17455369.jpg

袋織り(または風通織)とは経糸を、一般的な紋様(約209本)より約100本も多く使い、
繊細な柄を表現できる二重織りのことを言います。
表と裏の色を完全に織り分けることができたり、二重構造の破れにくい丈夫さで
或る程度耐久性に富んだ織り方ですが、掛川織と比べるとザラっとした感じで、
更にクッション性は劣ります。 



<紋織り>
f0176387_17254965.jpg

い草を織り込む経糸の開口を変えて文様を織り出した技法です。
209本の経糸が複雑な紋様を織り出し、最も技巧的で織柄のバリエーションが多く見られるので、
個性的な柄を表現したいときに用いられています。

色や柄も比較的自由なため、添島でも最近は多く取り入れておりますが、
やはり比較の問題で掛川織と比べると耐久性に劣ります
しかし洋風なスペースに向き、アクセントとしていぐさを考える場合には
掛川織よりも向いています。

掛川織の欠点は「限られた範囲のデザイン性」です。3cmと1cmの折り目の繰り返しが
掛川織ですので、例えば「花柄」などは作ることは困難です。


上記の3つの織り方の中で、ご自身の希望にあう織り方をお選びいただければと思います。
(でもマルタでは掛川織だけなので、その他はカタログで・・。)




f0176387_17303447.jpg


添島のいぐさ製品の中には、光に強く退色しにくい染め技術で染めた商品も多数あります。
通常は20~30分程度漬けて、乾燥させる染手法が一般的なようですが、
この手法であると色が退色しやすいので、添島では手間と時間をかけた染め方で
製品作りをしております。
特に手間を掛けている染手法としては「柳川手染め」「白秋染め」があります。

<芯まで染め上がった光沢の柳川染め>
f0176387_17391270.jpg

柳川手染めはい草を 約2時間沸騰させ更に10時間以上漬け置きさせています
乾燥も低温でじっくり時間をかけています。
い草の芯まで染め上がっていて、光線に強くて退色しにくく、手などの色がつきにくくなっています。




<淡い色合いの白秋染め>
f0176387_174152.jpg

白秋染めはい草を 約90度の釜の中で1時間沸騰させて、
その後 染め上がったい草を水洗いして乾燥機で約12時間乾燥させます。
従来の商品に比べて淡いトーンの色合いで、堅牢度が高く退色しにくくなっています。


白秋染めの商品も、柳川染めの商品もご用意しております。
是非、手にとってご覧下さい。

by imaruta | 2011-04-29 17:32 | ◎スタッフの独り言◎

完成直前!瓜島O・N様邸 

瓜島のO・N様邸がいよいよ完成です。
f0176387_6332225.jpg

工務店F様と東京の設計士オノデザインとのコラボレーションで完成した住宅は
ナチュラル感とシンプルさのバランスのとれた住宅。
f0176387_6363335.jpg

しかもコストコントロールがされているというから驚きです。

特に平屋と2階屋をつなぐ「ウッドデッキ」を囲む風景はナルホド。
f0176387_637415.jpg

またデッキでつなぐ2世帯住宅は住まうための工夫も随所に見られます。

マルタでは、その窓をよりシンプルにデザインするために
ロールスクリーンを。
f0176387_6385928.jpg

スッキリとした印象になりました。

by imaruta | 2011-04-28 16:30 | ◎スタッフの独り言◎

<夏の室礼>フェア おすすめは「国産いぐさ」

明日より<夏の室礼フェア>がスタートです。

天然素材のニーズの高まりもあり、昨年よりボリュームをアップさせて、籐や竹、い草、麻などの商品を
まとめてご紹介しております。

特にお薦めはやはり「国産いぐさの茣蓙(ござ)&ラグ」。
f0176387_16292237.jpg

ご覧のように、多数取り揃えております。
マルタでは福岡県の「添島 勲商店」の、しかも「掛川織」のものしかご紹介しておりません。
それは長く使って頂ける商品だからこそ。

思い付きですが、今日から何回か
「国産いぐさ・添島の掛川織の素晴らしさ」
をご紹介していきたいと思います。

先ずは「国産いぐさと中国いぐさの違い」です。
f0176387_1636341.jpg

左が国産、右が中国産いぐさで、どちらも使用1年程度経過したものです。
写真ですとわかりにくいのですが、中国製のほうは所々にスキマが見られ、
触ってみるとガサガサ乾燥しています。

今や、日本のいぐさ需要の約8割が海外で作られています。
しかし、輸入いぐさは栽培方法、農薬の使用量が不明確で、
い草にとって健康的ない草を育てられる環境ではないことが多く見られます。

健康ないぐさを作る最大のポイントは「土」です。
f0176387_16453964.jpg

添島勲商店では、最大限化学肥料を減らし、
微生物を初めとした自然と共存する様々な有機肥料を使い
自然の「生命力」を思い切り吸収した土で、高品質のい草を作り続けています。


またのびのびと育てるためには、気候などの環境が大切。
特に九州の気候は、平均気温・日照時間・収穫時の降雨量のどれをとっても理想的で、
い草もストレスを感じることなく育ち、硬く粘りのある、丈夫ない草へと成長してくれます。
f0176387_16504380.jpg

そこに大きな差が生じます。



更に意外と大きな差を生んでいるのは「収穫の時期」。
f0176387_1657783.jpg

中国では6月下旬からかなり気温が上昇するため6月上旬から刈り取られます

しかし、い草は夏至の頃まで細胞も活発で、葉緑素が安定固着しておらず、
い草の中心部にあるロウ質分が生成されていません

つまり、中国製は しっかりと成熟していない不安定な状態で刈り取られているのです

このため中国産は国産のものに比べてコシがなく、中身が詰まっていないため、
使用開始後数ヶ月でボロボロと表面がはがれたりしてしまうものが多くなっています。

「寒い冬に水田に苗を植え、暑い夏に刈り取る。早くてダメ、遅くてもダメ」
これが国産いぐさ100%にこだわる添島の職人さんたちの言葉なのです。


中国産と国産、差が出てあたりまえです。

by imaruta | 2011-04-28 06:45 | ◎スタッフの独り言◎

K君、感激の登り棒 頂上到達。

それはまさに「青天の霹靂」でした。005.gif

先日ブログでも書きましたが、K君の登り棒が我が家で継続的な案件として残っており、
f0176387_21443659.jpg

月曜日にママとK君、Yちゃん3名で放課後の校庭でチャレンジしました。
その時は地上から約1m程度までこぎつけたという噂。
その前々日には わずか15cmでしたので、「これも進歩と考えるべきか」
自分に言い聞かせていた私でした。

そして本日水曜日。今日はマルタがお休みなので、K君の帰りをいまかいまかと待っていました。

3:00PM。ようやくK君が帰ってきました。
おやつも食べずにYちゃんと3人でいざ、登り棒へ!
K君ファーストトライはやはり15cm。 意外と腐らずに再トライすると50cmぐらい、上がったでしょうか。
登り棒の高さは3,7mぐらいはあるでしょうか。 頂上はまだまだ先です。
3回目。今度は1mぐらい。 足の使い方が良くなってきましたが、
「足で支えて腕で体を支える」連携プレイがうまくいかず、ズズズっと降りてrきました。

1本間を置いてYちゃんが遅れてスタート。体も軽く、運動神経もいい年長さんですが、
3回目くらいにクリクリクリっと登っていってしまいました。 高さはおよそ3m。 
あっという間の逆転です。本当はもっと登れたと思いますが、
「高さが怖い!」ということで断念。 登ろうと思えば十分、登れました。

K君、若干がっかり。
しかしいつになく「またやってみる」ということで4回目のチャレンジ
今度は一気に2mぐらいまで行きました!あまり時間を置かずに再トライ。
足の支えと体を引き上げる腕のバランスも取れ、少しずつ登っていき、
最後の70cmぐらいは「男の子っぽく」腕力でグイッと登り、頂上に辿り着きました!!
あーいった!  なんか感動してしまいました。
ぽっちゃりK君がほんの少しですが逞しく、男の子っぽく見えた瞬間でした。

降りてきての一言は 「気持ちが良かった。」
達成感を味わったのでしょう。071.gif
小さくてもいいので、子供時代に成功体験、達成感を感じることはとても大事だと思います。
苦手なことには逃げがちなK君なので、「苦手を克服して、達成する」経験は
あまりなかったのではないでしょうか。 よかった、よかった。

そのご褒美で「夕飯どこかに食べに行く?」というと、2人揃って「焼肉」でした。
f0176387_2262290.jpg

みんなでカルビを注文しましたが、K君は「焼肉定食」というセットものを注文。
カルビとスープとサラダとごはんと漬物がついたセットですが、それを平らげ、
f0176387_229234.jpg

我々が頼んだ冷麺とクッパを小さな御椀で2杯ずつ食べ、勿論みんなのカルビも
ちょこちょこ食べていました。

そしてとどめに「メロンシャーベット」。
f0176387_2295244.jpg

値段が¥600だったため、ママに叱られてしまいましたが、登り棒の達成現場を生で見た私には
「今日ぐらいはいいかな」と思っておりました。 でももったいなかったなあ。

そして帰る頃には「出っ腹 K君」になっちゃって
「歩いて帰りなさい!」なんて冗談ともとれないような言葉を
ママから浴びせかけられていました。

でも本人はニコニコ、大満足・大満腹でした。
ここでは妙な達成感食った、食った!)を感じていました。071.gif

明日はママへの発表会があります。ちゃんと登れるでしょうか。
あのお腹を見ると、心配です。008.gif

by imaruta | 2011-04-27 20:30 | ◎スタッフの独り言◎

オーダーカーテンと既製カーテンの違いについて

ようやく春らしくなり、心も気持ちの少し柔らかくなってきたのではないでしょうか。

お店にきていただけるお客様の人数も徐々に増えております。
特に新築・リフォームといった需要がある方だけでなく、
いわゆる「掛け替え」の方のカーテン・レースをお探しになっているお客様が多くなってきました。

そこで良く聞かれることの1つに「オーダーカーテンと既製カーテンとは何が違うの?」
と尋ねられます。
オーダーカーテンが良く、既製カーテンが悪い・・ということではなく、
それぞれにメリット・デメリット、特徴があるので、一度整理してみました。


<縫製について>
 
■オーダーカーテン  カーテン製作の機械を使いながら、職人さんが1枚1枚縫っています。
               縫い目であるとか、歪みがないかなどを細かくチェックして、気を配って
               作られております。また「レールにかけた時に綺麗か」を意識して
               製作しています

 ■既製カーテン    工場での大量生産です。
              かけた時の美しさよりも「作りやすさ」が重要なため
              縫い目などは必ずしも美しくありません。
<サイズについて> 
 ■オーダーカーテン  窓の大きさや形に合わせて、1cm単位で作成します。
 ■既製カーテン     数種類の代表的なサイズなので、そのサイズに窓があうのかを
               検証する必要があります。 また最近は定型サイズを無料お直しします
               といったサービスもしていますが、カーテンをほどいて作り直すので
               針の穴があくとか、折り目がのこるといったことも発生する可能性が
               あります。
<生地のバリエーション>
 ■オーダーカーテン  ある意味、無限にあります。国内・海外のメーカーが多数の生地を
               製作してますので、色々な中から選べます。逆に色々あり過ぎて
               自分だけで選ぼうとすると迷って決められない方も多いです。
 ■既製カーテン     1つの生地を大量生産するので、種類には限りがあります。
               逆に種類があまりないので、迷うのが嫌いな方には早く決められる
               という側面もあります。
<仕様>
■オーダーカーテン 2倍ヒダ・1.5倍ヒダ・フラット・ワンプリーツなどのヒダのとり方をどうするか
              折り返す部分をどうするか、生地と生地を組み合わせるか、サイドボーダー
              のようなスタイルにするか・・等、仕様のバリエーションは無限。
              生地に合わせて仕様やスタイルを選択することができます。
■既製カーテン    価格を抑えるため、生地が少なくて済む1.5倍ヒダがほとんど。
              多様なスタイルを選ぶことができません。

<アレンジ> 
 ■オーダーカーテン 同じ生地でシェードを作ったり、クッションを作ったり。
              トータルコーディネートが可能です。
 ■既製カーテン   既にカーテンとして出来上がっているので、クッションを作る場合
             それを解いて縫い直すこととなり、かえって高くつく場合もあります。

<価格>

 ■オーダーカーテン 既製カーテンより価格は高めですが、価格のバリエーションも豊富なので
              お手頃なものもあります。
 ■既製カーテン    厚地とレースのセットで¥3,000程度のものなど、安いものがあります。

<納期> 
 ■オーダーカーテン 注文後に作成しはじめるので、約1週間から10日間かかります
 ■既製カーテン    既製品を在庫しているお店ならその日にお持ち帰りできます。


何がメリットなのかは、お客様によって違います。
価格を重視する方、直ぐに掛けられることを重視する方、遮光や防汚などの機能性を重視する方
色・デザインを重視する方、長く使えることを重視する方、メンテナンス性を重視する方等々。
カーテンを選ぶ基準はお客様によって様々です。

我々はお客様のニーズに合わせて、ご希望に合わせて
「本質的にお客様にあうカーテン」をお薦めします。

是非、ゆっくりとお話しながらカーテン選びをいたしましょう。017.gif

by imaruta | 2011-04-27 13:32 | ◎スタッフの独り言◎

いよいよ始まる、「夏の室礼(しつらえ)フェア」、準備開始!

4月29日より「夏の室礼(しつらえ)フェア」が始まります。
洋服を衣替えするように、お部屋も衣替え。 
古い言葉でいうと「夏の室礼(しつらえ)にする」といいます。

一昨年まではお店の中で部分的に夏物をご紹介しておりましたが、
昨年より夏物商材を集結させてご紹介しております。

内容としては、
いぐさの敷物
f0176387_615060.jpg
f0176387_6161128.jpg













籐の敷物と家具(KAZAMA)
f0176387_6265688.jpg

f0176387_6271444.gif

麻・綿などの天然素材などなど色々。
f0176387_7244412.jpg



今回は<SASAWASHI>をクローズアップ。
お店の道路側のVP(ビジュアルプレゼンテーション)でも展開準備をしております。
f0176387_7284738.jpg

小物だけでなく、カーテンやシェードを昨年はかなりご提案させていただきました。
お陰様で大変ご好評いただきましたので、今年の夏はもっともっと皆様に
ご紹介させていただきたいと思い、展開をいたしました。

フェアは29日祭日からです。

是非お立ち寄り下さい。

by imaruta | 2011-04-27 07:30 | ◎スタッフの独り言◎ | Comments(0)

MIZUTORIの下駄

静岡のげたメーカー「MIZUTORI」のげたが人気です。
f0176387_6162853.jpg

この春からスタートした新しい商品ですが、数年前からきになっていた商品です。
マルタは「インテリア」といこともあり、「部屋の中での商品」ということからすると下駄は
外履きなのでその点がひっかかってセレクトをためらっておりました。
しかしスリッパメーカーのパンジーが紹介している外履きなども順調に売れ、
販売サイドの意図とお客様のニーズの差をある意味、修正していくことも大切であるということで
ようやく導入を決めました。

MIZUTORIのげたは、履きやすさは勿論のこと、
「今の時代を楽しむげた」であることがポイントです。
げたというと、どうしても着物や浴衣にあわせてというイメージですが、
MIZUTORIのげたは、たとえばジーンズやスカートに合わせてコーディネートができる商品
f0176387_6194359.jpg

(上の写真のげたをこの写真ではモデルさんが履いています)
f0176387_6215011.jpg
f0176387_6215934.jpg

また子供用のげたもありますし、
f0176387_6225775.jpg

デザインされたゲタや
f0176387_6233029.jpg

男性向けの「粋なげた」も。
f0176387_6235498.jpg


先ずは履いてみて下さい。 必ずファンになっていただけます。
縁側よりも玄関に置くのが似合うげたなのです。

また修理も承れます。使い捨てではなく、長く使って頂きたい商品です。
是非、お試しを。

by imaruta | 2011-04-25 06:06 | ◎スタッフの独り言◎

厚原に建つ2棟のログハウス住宅 カーテン取り付け完了! 

f0176387_14512760.gif
今回ご紹介するのは工務店B様のログハウス住宅。

お施主様のK様 親子。
な…なんと!
2棟同時に、しかも隣同士にこのド迫力の ワンダーデバイス を並べて建てられたんです!
写真ではお伝えしきれないですが、すごい迫力でめちゃくちゃかっこいいんです!
外では大勢でのバーベキューや薪割りなんでもできちゃいますね~。

これからの毎日が楽しそうですね♪



それではカーテンをご紹介していきます。

まずはご両親の家から。
最もご生活の中心となる1Fリビング。


初めて現場に訪問させていただいた時、頭の中でこの生地でカーテンとシェードをやったら
最高に素敵だろうなと思い、ご提案させていただきました。
<フジエテキスタイルのワールドファブリック>で綿100%の生地です。
B工務店さんの様なご住宅には天然素材のファブリックがとてもよく合うんです!


f0176387_1522196.gif

思った通り、いや 予想以上にお部屋の雰囲気にぴったりで
お施主様にもとても満足していただけました003.gif
f0176387_15404350.gif


小窓はプレーンシェードスタイル。
センターに柄取りした花柄が魅力的です!

f0176387_1521853.gif

主寝室には遮光のカーテンとシェードを組み合わせました。


また後日、息子さん夫婦の施工写真もご紹介したいと思います。
 
                          インテリアマルタ 加藤

by imaruta | 2011-04-24 14:57 | ★施工現場行って来ました

ボーイスカウトへの勧誘

K君がボーイスカウト(今はカブスカウトですが)に入隊し、数か月がたちました。

イベントの際に地震や大雨が起きたり、熱が出たりして実際、活動している回数は
たかが知れていますが、「ビビビ」ときたらしく大変気に入っております。
f0176387_76368.jpg

先日は「旧東海道吉原宿ハイキングコース」を廻り、4個のおにぎりを食べて大満足!
5月は田貫湖へのハイキングをとても楽しみにしております。

楽しみを更に大きくするために、「勧誘活動」をスタートしました。
日頃よく遊んでいるM君兄弟やR君兄弟を我が家に誘い、勧誘。

普通に勧誘するのではなく、カブスカウトの制服に身を包み、
万全の体制で臨みました。
f0176387_710696.jpg

お陰様で、両兄弟共に参加する方向になったようです。

今から5月22日のハイキングを楽しみにしているK君でした。

by imaruta | 2011-04-22 06:45 | ◎スタッフの独り言◎

登り棒の特訓!

朝から「今日は憂鬱だ」とか「なんか学校が楽しくない」といっているK君。
話を聞くと、どうやら今日の体育が嫌な様子。
「雨でも降らないかなあ」といいながら、曇り空の中を出掛けて行きました。

お昼頃からお天気は快晴。正に体育日和です。
絶対、今日はやりますね。

帰宅後、「今日は登り棒の練習をやる」と。
f0176387_62544.jpg

どうやら今日の体育は登り棒だったようです。
「どのくらい登れるの?」と聞くと
「30cmぐらい」・・それって登っているのではなくしがみついた状態でしょう!

早速 小学校へ行って練習。
f0176387_643024.jpg

手で足場を作ってあげてやると何とか登れますが、それがないとやっぱり30cm。
腕力と脚力と体重(お腹)ののアンバランスと、そしてセンスの問題でしょうか。
そう簡単にはできそうもありません。
何度もやりましたが、段々「佇む時間」が増えてきました。

更に同級生がいるのを発見すると、そっちに目が行き集中しません。
f0176387_67421.jpg

強制的にやらせるのもと思い、次の遊具に移動しましたが、
毎日のように練習すればできるようになるでしょう。
1~2日でできるようになるなんて、甘い甘い。
K君、頑張ってくださいね。

一方、Yちゃんはひょいひょい登っています。
「Yちゃん、幼稚園の登り棒もできるよ」なんて
K君の気持ちを全く無視、プライドがズタズタになって帰宅しました。

by imaruta | 2011-04-20 06:10 | ◎スタッフの独り言◎ | Comments(0)