人気ブログランキング |

<   2011年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

打撲をナメルな!

先週の水曜日 吉原市民ひろばでK君とYちゃんと遊び、迎えに来てくれたママの車に
乗ろうとしたら、ナナナント、側溝に片足突っ込んでしまいました!

現場はここです。
f0176387_2155349.jpg

交番側とは逆の、NTT側サイドの道路に出る所です。
ひろば側から道路へ渡ろうとしたところ、「ズボッ」と足が落ち、
側溝の側面が 滑る右足の内側を削り取っていきました。
側溝の上にたくさんの草が伸びていたため、そこに穴があるとは思っていませんでした。
f0176387_2159186.jpg

夕方少し、暗くなったからということもあるかもしれません。
右足膝の少し下を側溝のコンクリート部分で削りとられた感じで、傷は浅いものの広範囲にわたって
擦り傷ができました。
また落ちた時、側面に足をぶつけたこともあって、「打撲の痛みも」感じました。

その日はマキロンで消毒し、HACで買った軟膏を塗って対処しました。

翌日木曜日。 
すこし打撲の痛みはあったものの、そんなに痛くはなく、表面の傷が若干
痛みましたが「2,3日で引くだろう」と思いました。

翌々日金曜日。
表面の傷も乾いてきて、おさまってきた様子。青あざのようなものができていましたが、
押すと少し痛む程度でしたので「もう少しで直るかな」と思いました。

そして土曜日。
朝起きて、寝室からリビングに行く間、傷の全面が痛む感じで、
とても歩きにくい状態でした。 また時々「シクシク」痛む鈍痛。
「これは普通じゃないな」と思いながらも、日中は病院に行けず、
閉店後に夜間救急へ。

外科に診てもらいましたが、
 「大したことはない。骨が折れていればこの程度の腫れでは済まない」
と言われ、薬も貰わず、レントゲンも取らず、湿布だけの処置で終わりでした。

後で振り返ったら、この時の処置がキーポイントだったようです。

翌日は日曜日。
足は昨日よりも悪くなり、傷みで足があまり上にあげられなくなりました。
ズボンを穿くのにも一苦労、靴下をはくのも一苦労という感じ。
足の内側(筋肉部分から)からの鈍痛で、表面的な痛みではなくなっていました。
また乾いたはずの傷口もなにやら怪しい感じになっていました。
「なんなんだ・・。」と思いながら、早めに就寝。


そして月曜日。
日曜日よりも痛む時は痛む状況。
足の内側が引っ張られたあとにカッターで切られるような鋭い痛み。
「あー昨日より痛くなってるなあ、やっぱり病院へ行こうかなあ」と思いながら
右足に靴下を履こうとした、その時、
「あっ!」


なんと右足のくるぶしより下、全体が「紫色」になっていました!

こんなことははじめてです。
一体、何が起こったのでしょうか!!

急いでTクリニックへ。
朝一番で見ていただき、多角的に検査してもらいました。

レントゲンは勿論、血液検査と破傷風の注射、抗生物質の点滴をしてもらい、
消毒と塗り薬を塗ってもらった後、診察。そしてたくさんもお薬をもらいました。

振り返ってみると、夜間救急の際に抗生物質の薬をもらい、内側からの痛みにたいしての
対処をしていたらこんなにはならなかったのではないかと感じました。
f0176387_2222093.jpg

足首の紫色はあまりに生々しくてお見せできませんが、現在こんな感じです。

特に階段歩行や座った状態から歩き始める時は激痛が走る場合もあり、
怖くて右足に体重をかけられない感じです。


また紫色になった右足の部分はなんとなく痺れているような不思議な感覚です。
見た目には一番「ヤバイ」のですが、看護婦さんは「あまり驚いていない」のに驚きました。

とりあえず、右足全体の腫れ・傷みがひくまでは、なるべく階段歩行や長時間歩行、
そして当然ながら走ったりするのは良くないとの事。
膝を中心に足を動かすことが内出血を引き起こし、
また足先に血液が送り込まれることになるようです。


「単なる打撲と傷」と思っていたのですが、どうやら長引きそうです。

皆様、「打撲」を軽く考えずに、病院へ直ぐに行って下さい。
経験者より。

by imaruta | 2011-05-30 22:30 | ◎スタッフの独り言◎

S様 オーダーカーテン施工しました。まるで展示場のよう・・。

本日 S様邸にオーダーカーテン・シェードを納めてきました。
シンプルモダンな空間にはやっぱり「フジエテキスタイル」が良く似合う!
f0176387_225244100.jpg

オーダーカーテンとシェードの組み合わせで、空間のセンスアップと
使いやすい窓廻りの創出を図りました。
f0176387_2255593.jpg

f0176387_22561698.jpg

以前もこのファブリックはご紹介しましたが、ナチュラル感もモダンさが共存する、
ありそうで、なかなか無いファブリックです。
ウェイトも結構あり、しっかりした生地で、更にしなやかさもあるので、シェードなどにも最適。
横ボーダーの生地なので、とても似合います。
S邸はフローリングカラーも落ち着いたダークブラウン色なので、少し濃いめのファブリックを
おすすめしました。

リビングとダイニングの連関と、窓廻りのバランスはこんな感じ。
f0176387_230066.jpg

また お子様のお部屋は「キュート」な感じ。
f0176387_1723236.jpg

天蓋がまたピッタリあっています。
(残念ながらこれはマルタの施工ではありません)
また2台のロールスクリーンは、あえて色を替えての提案。

全体としてS様はとても気に入っていただいたようで
 「100点!」 と言っていただきました。

by imaruta | 2011-05-27 23:01 | ★施工現場行って来ました

Tちゃん参観日、その後よさこい披露、そして「山家」でランチ

今日は聖母幼稚園でYちゃんの参観日。
9;00からなのに到着したのは8:58.
しかも私とYちゃんのみ。 勿論、ママは社長出勤(遅刻)。

クラスでのYちゃんは家での姿と全く異なり、
「とても優しく、気がつくおねえちゃん」ということで、シスターから誉められてしまいました。
そこですかさずママは「それ、違う子じゃないですか?」とシスターに聞き、
シスターは「いいえ、お宅のYちゃんですよ。とてもいい子です」とまたまた誉められ赤面・・。

家の顔と、幼稚園の顔、全くちがうようですが、どうやら女の子はそういう子が多いみたいです。

その後、園庭で「よさこい」を年長さんが披露してくれました。
Yちゃんも「一応」年長さんなので、一列目で踊っていました。
f0176387_1458584.jpg

f0176387_14582299.jpg

f0176387_14583690.jpg

リズミカルに踊っていました。
K君とはちがい、ダンサブルでしたね。

その後、ママ達はランチにいったので、取り残された私はずっと気になっていた「山家」へ。
f0176387_1525738.jpg

天然木1枚板のカウンターと2人掛けのテーブル2台のコンパクトな店内ですが、
のんびりリラックスできる雰囲気。ジャズがなんとなくかかっていて、
店の方も1人だけなので、あまりお客様に構ってられない様子。
その「ほっとかれ度合い」が割と心地良かったです。

とりあえず「日替わりランチ」を。
f0176387_1523423.jpg

鳥団子の野菜甘酢かけと小皿3品と味噌汁、ごはん。
f0176387_1541660.jpg

特に鳥団子は直径3.2cmぐらいで大きく、しかも5個もあったので
ボリューム満点、しかも野菜の甘酢がタップリ、甘さも丁度よかったです。
f0176387_1554147.jpg

その他3品ついて ¥850也。
 
満腹感・満足感はあるが、あと100円下げたほうがもっといい。
更にコーヒーは別で¥200なので、日替わりに200円足すと1,000円越えてしまうので
サイドオーダーも頼みにくい人も多いのではないでしょうか。

そう言った意味も込めて「日替わり750円」でお願いします。

そうすれば次回、「アイスコーヒー」追加します。 
(合計950円也)

ごちそうさまでした。

by imaruta | 2011-05-24 15:12 | ◎スタッフの独り言◎

K君のカブスカウト活動日は? 今回は田貫湖。大丈夫かあ?

K君のカブスカウト活動日は事件(?)が起きて、活動できないケースが多いのです。

例えば昨年12月のクリスマスキャンプ、準備万端でしたが当日発熱!

例えば伊豆サボテン公園にいく活動日には、地震・津波注意報!

そして今回、田貫湖へのハイキングの日は「1週間ずっと晴れなのにこの日曇りのち雨」という始末・・。
ああ、かわいそう。雨男というより「天災男」みたいな・・・。

カレンダーにグルグル赤丸をしてとっても楽しみにしていたハイキングなのに・・。
f0176387_18132172.jpg

実は私は一度も行ったことがありません。
聞けば、「晴れると気持ちがいいけど、霧が立ち込める率が高い」場所だそうです。
f0176387_18142818.jpg

f0176387_18144610.jpg

結果、意外と天気はもったのですが、ママが迎えに行った時は「霧の中」。
帰りは大変だったようです。

写真はまた入荷したらアップします。

by imaruta | 2011-05-23 18:18 | ◎スタッフの独り言◎

お風呂場にウッドブラインド? そこまでやるの?

昨日 蓼原のK様のお宅のお風呂場に「ウッドブラインド」を取り付けてきました。
最近のお風呂場は「バスルーム」と呼ぶにふさわしくなってきました。
「お風呂に入る場所」から「寛ぎの空間の一つ」に格上げされてきた感じでしょうか。
f0176387_1325293.jpg

f0176387_1331014.jpg

f0176387_1332557.jpg

ですので「お風呂場だから浴室用のブラインド」という方程式が
うまくフィットしないケースも出てきました。

そこでお薦めなのが タチカワブラインドの「「浴室用ウッドブラインド」。
f0176387_1375586.jpg

f0176387_1384594.jpg

厳密にいうと「ウッド」ではなく、「ウッド調」の耐水性ブラインド。
素材としてはポリスチレン(樹脂素材)を使っていますが、天然木のような意匠。

リラクゼーション効果の高い木のインテリアを取り入れることで
贅沢で心地良い時間が流れます。







またもっと木質感を・・という方には 「ナニック」の「ウッドパーフェクトブラインド」
f0176387_13152459.jpg

ポリスチレンと樹木繊維の合成材なので、タチカワのものより「本物っぽい」です。
f0176387_13183953.jpg

カラーもナチュラル、メープル、ウォールナットといった定番色から
スノーフレイク、エスプレッソ、デザイナーホワイトと6色展開。

満足、間違いなし。071.gif

by imaruta | 2011-05-22 13:21 | ★施工現場行って来ました

「魔法のタオル」使ってみました。なかなかいいですヨ。

明治41年の創業された「おぼろタオル」というタオルメーカーと、
浅野撚糸という糸メーカーが共同開発した「魔法のタオル」。
f0176387_1432037.jpg

その特徴は「特殊空隙糸」と呼ばれる全く新しい糸の誕生から生まれました。
糸メーカーの浅野撚糸は、世界初の撚糸工法で、糸を構成するファイバー(わた)1本1本にパーマネントをかけることに成功しました。その秘密は 「水溶性の糸との撚り」 でした。

その工程は、
① 従来の綿糸を900回/mで撚る
② 別の水溶性の糸と合わせて、逆方向に900回/撚る
③ 更に900回撚る
④ パイルとして生地に織りこむ
⑤ 90℃のお湯に浸す
⑥ 水溶性の糸だけが水に溶ける
⑦ その反動で綿糸が膨張し、空気のすき間ができる


こうして生まれた魔法のタオルは、今までのタオルの長所を取り入れ、短所を解決した
・・ということで「魔法のタオル」と呼ばれるのです。

タオルには大きく3種類あり、それぞれに特徴があります。

① 撚糸タオル(普通のタオル)
   長所:耐久性に優れ、毛羽が少ない   
   短所:長く使うと硬くなり、ボリュームがなくなる

② 無撚糸(撚っていない糸で作ったタオル、ここ最近のはやり)
   長所:柔らかくて、ボリューム感がある   
   短所:糸をよってないので抜けて、毛羽が出やすい、そしてへたる

③ 中空糸(糸の真ん中が空洞になっている)
   長所:空洞になっているので、軽くて吸水性が高い   
   短所:中が空洞になっているので、やわ。ヘタリやすい   

一方、「魔法のタオル」の特徴は、
① 糸自体がスパイラル構造になっているので、空気のすき間があり吸水性が高い
② 無撚糸と違って撚ってあるので、毛羽が少ない  
f0176387_1425730.gif

③ 空気のすき間があるので、乾きが早い
④ 中空糸のように中が空洞になっていないので、丈夫でボリュームもあり、軽くて軟らか
⑤ 風合いも長持ちする
ということです。

今、自宅で使っていますが、毛羽立ちや長持ち感についてはもう少し検証が必要ですが、
吸水性は本当に素晴らしい!  ですね。
タオルを肌にあてて、スーッと滑らせると  あら不思議!  水分を吸収しています。
ゴシゴシこするような感覚は限りなくゼロ。

また「特殊空隙糸」なので3人使っても大丈夫なくらい、グイグイ水分を吸い取っていきます。
空気のすき間で水分を吸収する・・という感じでしょうか。

我が家でも大人気商品で、 「誰が最初につかうか」でもめる商品。
結局、YちゃんとK君が使ってしまうのですが、
「子供にも人気の魔法のタオル」なのです。

問題は「無地で地味」ということ。
なのでマルタでは店頭展開していません。
お声掛けいただければ、ご注文で承ります。

その際には
「ブログで見た、エアーおぼろタオルを見せて下さい」と言って下さい。

by imaruta | 2011-05-21 18:30 | ◎スタッフの独り言◎

ママからのクレーム

先日の誕生日ブログに色々な方からコメント等をいただき、ありがとうございました。
ママには秘密で料理の写真をのせていたのですが、お友達からのメールで
「おいしそうね」とか「お鍋の中は何」との問合せがあり、

「まさか料理をのせたのか」と悟られてしまいました。022.gif
ケーキがあるから、あえておかずは少なめにしたのに、何もコメントしないと
「誕生日なのに普通っぽい」と思われてしまうのではないか・・とのことでした。
またメインディッシュが「コロッケ」なのも?と思われるのではないか 等。

ママならではの心配事(?)です。039.gif

一応言い訳しておきますが、「夕飯何がいいか」と希望をきかれていましたが、
誕生日前に焼肉やチキンガーリックなど肉類が続き、悩んでいたところ、
栗原はるみの本をパラパラみていたらコロッケがおいしそうだったので、リクエストしました。
おいしかったですよ。

品数もケーキを含めて、丁度でした。
良かったと思います。

クレームがあったからいう訳ではありませんが、
いつもメニューを色々考えて、品数豊富に作ってくれております。

特に私が1年前くらいの健康診断で高血圧になってから、
色々な野菜を盛り込んでメニュー化してくれており、
その結果、運動もしないのに血圧の数値は落ち着いてきております。
これも料理の効果でしょう。

ちなみに本日はこんな感じ。
f0176387_6501087.jpg

拡大してご説明しましょう。
f0176387_651733.jpg

一番左は「お刺身とかいわれをわさびとお醤油などのタレで混ぜ合わせたサラダ」
これは一応、大人用。ピリッとしていておいしいです。
そして「切り干しだいこん」「野菜のピクルス」。
右側にあるのは「あさりとニラの炒め物」です。
これらは大人・子供両方向け。
f0176387_655131.jpg

「キュウリスティック 梅マヨネーズソース」「ながいもの海苔チーズ焼」
Kちゃん・Yちゃんが大好きなメニューで、ほとんど2人で食べちゃいました。

一番右は「アジの唐あげ」。なんとタイヨーで100円で、
しかもタイムサービスで2割引き、80円!
「おいしい!おいしい!」と2人が食べていたので少し頂こうとすると
「これは子供用メニューだから、パパはお刺身サラダを食べて!」とYちゃん。
自分も前にお皿をもっていってしまいました。

こんな感じで野菜を盛り込んだメニューを家族みんなで食べております。
品数豊富で、作るのは大変だと思いますが、
私を始め子供たちもママのお料理が大好きなので、よろしくお願いしま~す038.gif

by imaruta | 2011-05-20 06:35 | ◎スタッフの独り言◎

富士宮T様 お取付に行ってきました

本日 富士宮のT様のお取付に行ってきました。

T様はB工務店でご契約を済ませてすぐにマルタにお越しいただきまして、
早い時期から何度も足を運んでいただきました。
おかげ様で窓別にじっくりと打合せすることができました。
T様 ありがとうございました。

それではT邸のウインドウトリートメントをご紹介していきます004.gif




f0176387_5532972.jpg

外観はこんな感じ。
こちらはB工務店の「ファインカット」というスタイルのログハウス。
大きな切り妻屋根が特徴!かっこいい!
f0176387_5535263.jpg

室内のご様子。どこにいても木に癒されます016.gif
f0176387_554754.jpg

吹き抜けになっているのでとても開放感があります。
f0176387_5544398.jpg

グリーンがお好きなT様夫妻。
1Fリビングの腰窓にはフジエテキスタイルの グリーンストライプ のプレーンシェード。

f0176387_55505.jpg

奥の洋室にはタチカワブラインドのロールスクリーン「デュオレ」

グレイとクリームの組み合わせ。
f0176387_5551573.jpg

こちらはグリーンとクリームの組み合わせ。
打ち合わせの時にお施主様から色が違っても面白そうとご提案いただき
あえて違う色で組み合わせました。
f0176387_5542331.jpg

初めての挑戦でしたが、隣のストライプのシェードとのバランスもよく
とてもよかったです。
f0176387_5553033.jpg

掃出窓にはニチベイのバーチカルブラインド、センターレーススタイル。
厚地の間にレースが入ってるので細かい光の調整ができ、機能性 デザイン性に優れています。
(この日は大雨でうまく写真が撮れなかったので後日またご紹介します。)

f0176387_555443.jpg

2階のホールには電球の形にレーザーカットしたロールスクリーン。
レーザーカットのロールスクリーンを取り扱ってるのは TOSO だけです。
色も スカイブルー にして異質な空間を作り上げました。

f0176387_556015.jpg

洋室にはニチベイのB-fifty ブラインド。
スラットが35mm、50mmと選択できて、好きな色のラダーテープと組み合わせることができます。
価格もそれほど高くないので、普通のスラット(15mm、25mm)ブラインドだと物足りない人におすすめです。

f0176387_556251.jpg

最後に主寝室。
1Fのリビングでシェードで使った生地の色違いの オレンジスストライプ のカーテン。
同じ生地でも色やスタイルでまた違った表情をしてくれるので、とてもおもしろいですよ001.gif  加藤        

by imaruta | 2011-05-19 13:37 | ★施工現場行って来ました

1日遅れのお誕生会~企画はK君。

本当は昨日が誕生日だった私、今日が水曜日で定休日のため、お誕生会は本日行われました。
K君はなにかとイベント(?)を考えるのが好きなようです。

今回は「バイキング形式の夕食」。
黒板での告知から始まり、
f0176387_003322.jpg

料理をダイニングテーブルとは別の場所に置き、
f0176387_013211.jpg

そこまで各自お皿をもって、スープやサラダ、手作りコロッケなどを取り、
ダイニングテーブルに戻って食べる・・という意外と面倒なシステム。
途中からウェイトレスのYちゃんが「盛り付け担当」に任命され、顧客のニーズに合わせて
盛りつけることで、スムーズに進行していきました。

ある程度、食事がすすんだタイミングで「自称 戦略企画室 K君」によりプレゼントの告知。
今回は「マッサージ券 ポイントカードタイプ」。
f0176387_055667.jpg

f0176387_06990.jpg

その後、しばらくしてまた戦略企画室から告知。
「Yちゃんのピアノコンサート」
f0176387_075877.jpg

習い始めたピアノの楽譜から得意の5つを披露してくれました。

その後、ママからのお手紙がありメインイベントのケーキへ。
f0176387_091332.jpg

ケーキカットした後、それを選ぶのも「ケーキあみだ」を。
やったはいいがYちゃんが最後の順番となってしまい、もめた末にYちゃん、
K君の順番でとることに落ち着きました。(やった意味がない!)026.gif

ケーキを食べた後、早速マッサージ券を使ってパパとママを2人でマッサージ。
意外とYちゃんが指の力があり、気持よかったです。

色々考えたわりにはかみ合わない所もありましたが、子供たちのやさしさが
随所にでていたパーティーでした。038.gif 
またこんなことを2人で考えてやるほどに成長したんだなあとしみじみ思いました。  


そんな子供たちに育ててくれたママにも感謝です。043.gif

これからも家族仲良く、楽しく暮らしていきましょう。
今日は楽しい夜になりました。 ありがとうございます。

by imaruta | 2011-05-19 00:23 | ◎スタッフの独り言◎

K君、勉強机の導入。ついでに何故かYちゃんも。

小学生のうちはなるべくリビングで勉強すればいいと思っていたので、
子供2人とも今まで学習机は購入していません。

それでもYちゃんが先に宿題が終わってしまって、K君だけ宿題をやる場合、
さすがにリビングではできないので、いままでは以前使っていた折り畳み式テーブル
デスク代わりに子供部屋に置いて、それで勉強をしていました。

3年生になり、学校の勉強と公文が重なり、何度言っても机の上が片付かない状況であったのと、
そろそろ勉強モードにスイッチをいれてもらうために、入替をしました。

K君のいままで使っていたテーブルは折り畳んで、
私の実家から自分が受験勉強まで使っていた机を持ってきました。
f0176387_18462757.jpg

なんの変哲もない机と椅子。
小学校6年生のときに、新宿のいまはなき「小田急ハルク」に父といって求めました。

本当は「ライティングビューロー」みたいなものが欲しかった のですが、
「絶対だめだ」といわれ、飽きのこない「普通の机と椅子」になりました。

その時は「かなり不満」でしたが、結果として高校3年まで使い、
その後は実家で預かってもらっていましたがK君が20数年ぶりに使うことに
今となって「長持ちしてやっぱり良かった」。

しかも自分の息子が使うなんて、ちょっとうれしい気分001.gif


でも・・・予想通りの問題発覚!
「Yちゃんのは! Kちゃんばっかりずるい!」022.gif

やっぱり。
「Yちゃん、Kちゃんも幼稚園のときは今、Yちゃんが使っている机を使っていたんだよ」
「もう少し大きくなったらね」なんてなだめても

「そんなの関係ない、ずるい!」の一点張り。


仕方なく一度片付けた折り畳みテーブルをYちゃん用として「ご用意」させていただきました。
f0176387_18581219.jpg

しかもK君がおばあちゃんからもらった「犬のカレンダー」までK君から奪取して
f0176387_1859393.jpg

大満足。

その後2人仲良く、お片づけをして、なんとかおさまりました。
f0176387_18595475.jpg


恐るべし、Yちゃん。

by imaruta | 2011-05-18 19:02 | ◎スタッフの独り言◎