<   2011年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

富士山の麓、M様。 ナチュラルテイストのダブルシェード。

富士山の麓に建てられた、M様。 

建てたのは木を活かす設計士兼工務店の「松本建築工房」。
f0176387_20583328.jpg

マルタでオフィス兼住宅や、その他一般住宅の窓廻りのご提案・施工を何件か
やらせていただきましたが、今回のM様もやはり「木」を活かした住宅。
f0176387_2143639.jpg

f0176387_215022.jpg


一見、シンプルモダン系、中にはいっても基本的にはシンプル系なのですが、
壁や床、天井にも木を使用する家作り、しかも昔っぽい感じがしないのは
そのデザイン性や木の選び方によるものではないでしょうか。017.gif003.gif

M邸も同様です。
窓廻りは実にシンプル、麻ライクなカーテン生地とレース生地を合わせたダブルシェードは
その雰囲気の十分、溶け込んでいました。
f0176387_2135898.jpg

これから生活が始まり、時間とともに味がでてくるのでしょう。

by imaruta | 2011-09-30 21:06 | ★施工現場行って来ました

K様 シェードとアクセサリー付バランス 納めてきました。

K様の玄関ホールにシェードとアクセサリー付バランスを納めてきました。
f0176387_622948.jpg

元々はバルーンシェードだったのですが、汚れてしまったため、
今回はフジエテキスタイルのプロファイル<ウスライ>をカーテンスタイルと
アクセサリー付のボックス仕立てでご提案させていただきました。
f0176387_6274852.jpg


このファブリックは私も大好きな生地です。先日のO邸でもお薦めさせていただきましたが、
皺を寄せたりm束ねたりすることによって「微妙な光沢感」が出るのです。
残念ながら、写真ではうまくご紹介できないのですが、今まで見た事のない光沢なのです

そのウスライを使ったバランスに、カーテンアクセサリーを付けたスタイルは
エレガントスタイルのK様邸にピッタリ、とてもとても気に入っていただきました。

サイドの腰窓には、同じウスライをつかったシェードを。
f0176387_6315590.jpg


これもピッタリですね!

by imaruta | 2011-09-30 06:34 | ★施工現場行って来ました

突然、富士山新五合目まで行ってきました。

今日は天気が良く、あまりに富士山が綺麗に見えたので、
全く突然ですが「富士山の新五合目」までいってきました。

グーグルで調べたら、約1時間でいけるというので、出発時間は3時半と遅かったのですが
至急、出発! 嫌がる女性陣をよそに、いつになく男子チームは結束して向かいました。

西富士道路を上り、テルモのある交差点をひたすら上がっていきます。
しばらく上がると風景が変わってきて、またしばらくして急に富士山が接近してきました。

下りてくる車には何台も遭遇したのですが、登っていく車は我々以外に見えず、
「こんな時間に上がっていく人、いないんじゃないの」と半ばクレームを言うママ。
心の中で「そうかもしれないなあ」と思いつつ進んでいくと1台の日産車にようやく
出会いました。

「やっぱり行く人いるじゃん」と私。
「変わった人がもう一人いたね」とママ。
014.gif

更に「落石があるかもしれない」「噴火するかもしれない」「真っ暗になると怖い」など
次から次へとネガティブな発言を連発していました。

助手席のK君と「ママ、置いてくれば良かったね」と小声で相談。037.gif

そんなかんなで新五合目に到着しました
f0176387_20205927.jpg

見あげるとすぐ目の前は初秋の富士山でした。
f0176387_20214218.jpg


実は私は五合目すら来たことがなかったのですが、
空気は澄み、雑音もなく、とてもピーンとした感じで、少し感動しました。
038.gif
f0176387_20241991.jpg


一方、ママ達は見晴らし台から雲を見降ろし、驚いていました。005.gif
f0176387_20245836.jpg


K君が5年生ぐらいになったら、一緒に登ってみたくなりました・・・。

by imaruta | 2011-09-28 20:28 | ◎スタッフの独り言◎

パティスリー・デ・ボアに行ってきました。

新富士駅の北側、富士山側から蓼原大橋を渡ってしばらく行った左側のビル1階にある、
パティスリー・デ・ボアにいってきました。
f0176387_1352166.jpg


富士グランドホテルのパティシエ大村氏が最近、オープンしたお店ですが、
通行量の多い幹線道路沿いにあるので、「あれって何だろう?」と思っている方は
結構いるかもしれませんが、実はパティスリーです。

またオフィスビルの1階にあること、 駐車場がパッとわからないこと などのせいか、
わかりにくさ・入りにくさがあるかもしれませんが、とっても美味しいケーキ屋さんです。

特に人気は<モンブラン>
f0176387_13513222.jpg

ようやく秋らしくなり、「栗」が食べたくなる季節、ピッタリですね。

また土地柄、<フジ>というケーキも
f0176387_13553226.jpg

噂ですが、フルーツ系のタルトっぽいものも美味しいようです。

あとギフト好適品のプリンも見た目もよろしくて、とろりと美味しいお味です。



そして意外といいのはカフェ。 お店の奥にありますが、落ち着く感じがします。
(カフェで食したことがありませんので、「多分」です)

是非一度、寄ってみて下さい。
(試食ケーキもあります)

by imaruta | 2011-09-28 13:57 | ◎スタッフの独り言◎

水曜日の父母参観は・・

本日9:00よりYちゃんの幼稚園の父母参観がありました。

お休みの日の参観日はなるべくでるようにしているのですが、
それを見越して水曜日の参観日のママの出足は非常に遅く、
8:45の時点でまだ頭にカーラーを巻いた状態。005.gif

「もしかしたら遅れるかもしれない・・」という信じられないコメントを述べていたので、
ママを残してYちゃんと急ぎ足で出発しました。

当然のように幼稚園はママで一杯。

デパート勤務で鍛えた「多数の女性陣に囲まれていても平常心でいられる能力(?)」
知っているママはちっとも到着しません。 顔見知りのママ達に声をかけ、早速教室へ。
f0176387_1025132.jpg


S幼稚園では「お仕事」といわれる作業を黙って、黙々と個別にやっています。
その周りを先生が小声で「・・・ってやるのよ」といって一人ずつ声掛けして
いくような教え方で、この時間帯は幼稚園ではないような「静かな時間」です。

この時間がS幼稚園の良さであり、我々もそれに感心してK君・Yちゃんともに
この幼稚園へ入れる理由の一つでした。 038.gif

もうひとつは、担任の先生ではなくても子供達の名前を知っている・・という
ことでした。 情報の共有化のシステムがあるのでしょうが、園全体でそれぞれの
子供達に興味・関心があるということも素晴らしいと思います。038.gif


ということで、Yちゃんも「お仕事」をしていました。
f0176387_10302692.jpg

我々に見られるのが恥ずかしいようで、ニヤけた顔をしていましたが、
お仕事は黙々とやっていました。

お家ではあんなに活発(?)なのに、ここでは「しおらしい女の子」
見事に演じております。 あっぱれ!Yちゃん005.gif

そしてしばらくしたら、いそいそとママが登場・・。


ママ共ランチにはバッチリ参加するそうです。

by imaruta | 2011-09-28 10:38 | ◎スタッフの独り言◎

養老 孟司氏 「いじめに陥らないために・・」

先日 夜の対談番組で養老孟司氏とつるの剛志という異種の組み合わせがありました。

f0176387_18232768.jpg


内容は「子育て」。 
なかなかいいお話が一杯ありました。

養老孟司氏のお話は想像以上にわかりやすく、頭の中にスーッと入ってくる話し方でした。


その中で「いじめ」の話がありました。
いじめ自体は今も昔もあること。
いじめの方法はメールなどによるものや、陰湿性が高まってはいるものの、
本質的なものは変わっていないだそうです。

逆に変化しているのは「いじめられる」側。

それは「14歳の履歴書」とかいう本を養老さんが読んだ時に「ハっと」気付いたそうです。
この本は読んだことはありませんが、多分、いじめられた子供達の声などを綴った本だと
思うのですが、その中には「誰誰にこう言われた」「母親にこうされた」など「誰が何を
言ったり、やられたり」ということ、つまり「人」に関するものしかないそうです。 花鳥風月が一切、話に出てこない・・といっていました。

養老氏曰く、

「現代の子供達には ① 人のいい面 ② 人の悪い面 しかないので、
 逃げようがない。

 ところが自然のいい面、悪い面を理解・認識すると、4つの象限の中で
 モノを考えるようになる。 閉塞感から解放されるきっかけを得られる。

 昔の子供達はそういう自然に触れていたので、嫌なことがあっても
 満天の星をみる事によって、今日のイジメがばからしく、且つ受け入れる
 ことができるのである。

 なるべく自然にふれること、世界を広げることがポイントである・・といっていました。



なるほど、そうかもしれません。



ってことは、ボーイスカウト、いいですねええええ。
f0176387_18362270.jpg

by imaruta | 2011-09-27 18:33 | ◎スタッフの独り言◎

M邸 クロス工事 完了しました。

30年前から北欧的ライフスタイルの住宅と生活をされてきたM様のご住宅の
クロス工事をしてきました。
f0176387_23201126.jpg

スウェーデンハウスのような住宅は、天井と床はウッド、壁は麻でした。
f0176387_2323163.jpg

f0176387_23233699.jpg

しかし30年の経年変化と猫ちゃんの「ガリガリ」でとんでもない壁面になっていました。
f0176387_23225211.jpg

でもなかなかいい壁紙に出会うことがなく、変える機会を逸していたそうです。
今回、家具も工事を行うにあたり、「クロスも考えてみようか」ということで
マルタにお声掛けいただきました。

輸入物から国産メーカーまで、色々なクロスを検討に検討を重ね(3カ月ぐらい・・)
ようやく辿り着いたのが「ケナフ素材」。
ザックリした質感とムラ感のある色目、M様もようやく気に入っていただきました。

そしてお顔合わせから半年以上経過した本日、ようやく施工になりました。
f0176387_23261693.jpg

f0176387_23263035.jpg

写真だとわかりにくいかもしれませんが、質感もとってもよく、住宅の雰囲気に
ピッタリでした!

更に、このクロスに合わせて来週、SASAWASHIのカーテン&シェードを納めさせて
頂きます。 ピッタリだと思いますヨ、M様。

by imaruta | 2011-09-26 23:29 | ★施工現場行って来ました

カレーDAYS

我が家はカレーが大好きです。003.gif003.gif

肉よりも野菜やキノコをタップリ入れて、カレーのルーを2種類混ぜて作ります。
その時 子供用は甘口カレールーと中辛カレールーをミックスして、
f0176387_22235684.jpg

大人用は中辛と辛口のルーをミックスして作りますが、 
f0176387_22242250.jpg

量としては、子供用1に対して大人用3 ぐらいのバランスで作ります。

Yちゃんは勿論、子供用。 量もそんなに食べません。

一方K君は、子供用半分と大人用半分を混ぜて
「自称 ハーフ&ハーフ」といって満足げに食べています。
大人は勿論、大人用。

カレーのお共は、やっぱり「らっきょう」。
お隣の高田さんから頂くケースも多いのですが、
タイヨーで2袋ぐらい買って、 「長期戦(?)」に備えます。

翌朝、K君(だけ・・ですが)は 「カレートースト」。
f0176387_2231968.jpg

パンの上にカレーとチーズと、もしあればハムをのせて、
オーブンで焼いて食べてます。

そして休日であればお昼は「カレー」。
f0176387_22335162.jpg

2日目のカレーはコクがでて、美味しいですネ。
場合によってはバターを入れて更にコクを出します。

精神的に余裕があれば「オムカレー」。
f0176387_2235284.jpg

ふんわり卵で、前日夜のカレーとの差別化を図ります。


そして夜は「カレードリア」。
f0176387_2240467.jpg

チーズたっぷりでオーブンで少し焦げる程度に焼きます。
カリッと香ばしく、とろーりカレーとの更なる差別化を図ります。

こうしてカレールーは完食、カレーDAYSの終了です。

夜から夜までカレーでも、飽きずにパクパク食べてる我が家です。

by imaruta | 2011-09-25 22:41 | ◎スタッフの独り言◎

Yちゃん 幼稚園 最後の運動会 「キレがあるね!」

ブログの画面が調子が悪かったため、しばらく更新できませんでしたが、
ようやく直りました。スミマセン、結構気になっておりました。


とりあえず9月23日の「Yちゃん 幼稚園最後の運動会」から復活します!


さて、K君が卒園し、Yちゃんも早くも年長さん、今回が最後の運動会。

運動神経に若干の問題があり、カチコチなK君と比べ、
しなやかな体とキレとバネのあるYちゃんは全く意気込みと「成果」が違います。

年長さんならではの「ヨサコイ」 、ピッピッピッピと決めています、さすがYちゃん。038.gif
f0176387_13594141.jpg

走ってもバネがあり、K君と違って安心して、見ていられます。003.gif
f0176387_1405286.jpg


また親子競技に私の代わりにK君が出動!
f0176387_1414535.jpg

今年のトレンド、マルモリダンスを踊っていますが、
終了後、Yちゃんから「全然ダメ!」と思いっきりダメ出しされていました。


台風後、お天気もよく、気持のよい運動会でした。
夜は3人共(ママも含む)グッスリ寝ていました。

お疲れさまでした。

by imaruta | 2011-09-25 14:07 | ◎スタッフの独り言◎

台風のなかでの「人生ゲーム」

今日の台風は凄かった。

前回の台風は大騒ぎした割には大したことがなく、
「今回もそんなもんかなあ」と少し思っていましたが、
浜松に上陸した3時頃から5時半ぐらいまでの間は「初めて」といっていいくらいの
台風の勢いを感じました。 建物も揺れ、ガラスも震えていて割れるのではないかと
心配するぐらい・・。

そんな心配を紛らわせる(?)ために、久しぶりに「人生ゲーム」をやりました。
f0176387_173055.jpg

昔のゲームと基本的にはあまり変わりませんが、少しずつ時代性を取り入れて
作られているようですが、やり始めると夢中になってしまいます。

当然のようにK君が銀行をやり、4人でスタート。
最初はYちゃんがキャッシュをためて「ニコニコ」していました。
一方、K君は就職できず、フリーターの期間が長く給料をもらえない、貧乏生活。
コマを進めるごとにその差がひろがっていく感じでした。
f0176387_17335124.jpg

何につけてもYちゃんは自分が有利だと「上から目線」でいう癖があり、
ちょいちょいK君のキャッシュを数えては、自分の裕福さを確認していました。

我が家の人生ゲームはメインボードは1つなのですが、その上に重ねるボードがあり、
メインボードは生まれてから結婚する前までの期間、
重ねるボードは結婚・就職などの大人の期間に分かれ、そのボードを連続してプレイすること
ができる仕組みになっています。

そして最初のボードの「時代」では、Yちゃんぶっちぎり、K君は支払いばかりが多い
貧困生活でしたが、重ねたボードでK君が「スポーツ選手」に就職してから、大きく
流れが変わってきました。

給料日でもらう金額もおおく、何かといえば5万ドルもらったり、みんなから5千ドル
もらうようなコマに止まるようになってきました。

一方 Yちゃんは就職は「サラリーマン」で一定の収入で、止まるたびに買ったマンションを
取られたり、10万ドル支払ったりと「弱り目にたたり目」状態。あっという間に資産を擦り減らし、最初にゴールしてご褒美をもらったものの、
資産状態は微妙・・。

そして4人がゴールして、それぞれの金額を数えます。

K君 85万7千ドル
ママ 52万2千ドル
パパ 30万7千ドル


そしてYちゃんは ・・




30万4千ドル!   とビリ


予想通り、 「ワーッツ」と大泣きです。

これだから やりたくなかったと思った人は私だけではなかったはずだ。

わがままYちゃん、来年は小学生、大丈夫でしょうか?????

by imaruta | 2011-09-21 17:48 | ◎スタッフの独り言◎