<   2012年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

熱海のシーサイドマンション、WF1512がジャストフィット!

熱海、というより湯河原の高級シーサイドマンションの6階。

勿論、眼下は海、海、海。
そんなお部屋の海側の窓は約8mの広い掃き出し窓です。

先日、いくつかの生地をもって生地合わせに伺いました。
当初の候補は全体柄のレース。
例えばモクレンとか、
f0176387_2122672.jpg

イブキとか
f0176387_2125091.jpg



でもなんかフィットしなかったんですよね、いいファブリックなんですけど。


で、今回私が勝手に持って行ったファブリックが WF1512
f0176387_2144521.jpg

バックドレープのREDはともかく、足元だけにアクセントのあるデザイン。
加えて、刺繍ではなく、パッチワークのような、しかもハンドクラフトっぽい感じが
f0176387_216348.jpg

T様のお部屋の感じにあうかも・・




結局、それにしました。




そして昨日、お届け。






こんな感じになりました!
f0176387_2173421.jpg



かけた瞬間、ご夫婦から「わああっ」という歓声が。
038.gif

室内のインテリアや外の景色など、様々なエレメントとフィットしていました。


お部屋の全体像はこんな感じです。
f0176387_219286.jpg

広い窓の前にはB&Bのソファとテーブル、その前には巨大な液晶テレビと
B&Oのオーディオが!

窓の外から見ると・・
f0176387_21103879.jpg

f0176387_21105412.jpg


玄関先からみると、海の手前にこのデザインレースが揺れています。
f0176387_21114112.jpg




なぜこのファブリックがフィットしたのか・・その理由を考えてみると「背景」でした。

つまり、このレースの向こう側が「海」ではなく、例えば「隣の家」や「スーパータイヨー」だったら
果たしてこんなに似あったのでしょうか?    似あわないでしょう。


このファブリックは他のファブリックより「活かされる空間とそうでない空間の差」
あるのではないでしょうか。  今回は「活かされた」のでは。





施主様が

「こんなにいいのに通りすがりの人なんていないから、いいカーテンですねっていわれないね。
見てるのはカモメぐらいだから。 かわりに僕が見てあげるよ!」

といって外から見ていただきましたが、午後5時の環境下では外からみたほうが
ハッキリ柄がでていましたネ。

喜んでいただいて、とても嬉しかったです。


またよろしくお願いします。

by imaruta | 2012-04-30 21:20 | ★施工現場行って来ました

施工してまいりました~空間を柔らかく演出するフジエテキスタイルFA1377

今朝は朝からお取付にいってまいりました。

木を贅沢につかい、しかもシンプルモダンの200年住宅。
中央のパティオからは燦酸と光が降り注ぎ、とても明るいLDKです。

女性7名で住むこのご住宅は、男性がいないからあまり遠慮しなくてもオープンでOK!という
点が普通(?)のお宅とは異なる点かもしれません。


最初は中央の部分は「何も付けなくてもいいのでは?」ということでしたが、
そこに1枚、ファブリックがあるだけで、硬いサッシの印象が薄らぎ、
光の入り方も調節することができ、更に少し「モダン」にふることができます。



そこで選んだ生地がフジエテキスタイルのFA1377です。
f0176387_22185674.jpg


このグレー色とWH、BRがありますが、やっぱりグレーが一番いいかな。
パティオを囲む大きな窓の3面にプレーンシェードで提案しました。



f0176387_22202894.jpg


f0176387_22205397.jpg




なかなか「いい感じ」でしょう? 細長い窓や横長窓にはバンブーブラインドを。

f0176387_22215749.jpg

ストリップの階段が窓辺に浮いているようで、かっこいい!です。







1階はシンプル×モダン×あえてのシャープでしたが、
2階のプライベートスペースは天然素材で大人のかわいらしさを演出(?)ということで

イギリス製のコットンプリントにベルギー製コットンをサイドボーダーで。
f0176387_22242146.jpg

f0176387_22244296.jpg

f0176387_22245990.jpg

とても楽しいプライベートスペースです。


あとお子様のお部屋には、ロールスクリーンのレーザーカットや
ちょうちょやあめ玉のプルコードのついたロールスクリーンなど、
子供らしいかわいらしさでコーディネートしました。



LDK   2階プライベートスペース  子供部屋


3つのカテゴリーがタイプの違った空間になりました。

by imaruta | 2012-04-27 22:30 | ★施工現場行って来ました

極上 美の饗宴 NHK  けっこう見てます

最近 NHKの「極上 美の饗宴」をよく見ています。

3月5日 ルノワールの「ムーランドラギャレットの舞踏会」や
f0176387_21552566.jpg

3月28日 ジャクソン・ポラックなど
f0176387_21554957.jpg


著名な作品を分析的に説明してくれる、良い番組です。
水曜日の夜9時と、再放送も翌水曜日の朝8時からなので、
水曜日の朝と晩はこの番組を見ています。

今までは洋画が多かったのですが、 今回は日本画の「東山魁夷」。
しかも今回の作品は「道」という昭和25年の戦後に書かれた、代表作でした。
f0176387_21584651.jpg


絵とは、「写実的に書かれたもの」がいいものだと小学校の頃はなんとなく思っていましたが
中学に入り、「美術」の先生が「うまく描いてある作品よりも自分がなにかを感じられる作品が
自分にとっていい作品。写実的に上手な作品が必ずしもいい作品であるとは限らない」

いわれ、実家にある画集を色々と見ている中で、衝撃的に感じたのが東山魁夷の「道」です。


勿論、東山魁夷なんて人、中学生の自分は全く知りません。
でもこの作品が気になり、いつもペラペラ画集を開いてみていました。

写実性ではなく、作者の思いが伝わる作品、自分が感じられる作品は
この「道」が最初だったような気がします。



道は最初からそこにあるのではなく、
切り拓かれ何度も踏み慣らされて、やがてかたちを成してゆく。
人は今までもこれからも、そうやって「道」を作ってゆくのだろう。
絵の前に立つと、背中に今まで歩んできた道さえも感じられ、
目の前に潔くまっすぐに伸びる道は、
私たちに未来へ向かう希望を思い出させてくれる。




今見ても、心を動かされる作品です。

by imaruta | 2012-04-26 22:11 | ◎スタッフの独り言◎

筍と生シラス丼

今日の夕飯は「筍と生シラスご飯」。
f0176387_22282543.jpg


筍をたくさんいただき、先日は筍ごはんを食しましたが、
柔らかく、臭みもなく、とってもおいしゅうございました。

その筍を活用し、今日は「筍のチーズ焼き」。筍を甘辛く炒めたあと、チーズをのせてオーブンで焼くだけ。

一見、ミスマッチのこの料理。
でも「想定外」に美味しかった!です。


また前日は揚げものだったので、「サッパリ」の生シラスご飯に。
今回は時間がなかったのでタイヨー仕入れでした。
先日のオカムラと比べると、残念ながら格段の差がありますが、
でも海苔もパラパラかけて食べたら、おいしゅうございました。


たまにはいいですね。  明日はカレーなんです・・・。

by imaruta | 2012-04-24 22:23 | ◎スタッフの独り言◎

SASAWASHIで美肌・・魔女たちの22時のヤンソナさん

マルタでアームカバーや帽子、くつ下、シーツからカーテンまでご紹介しているSASAWASHI。
f0176387_6305947.gif

今までお話していなかったのですが、 「美肌効果」もあるのです。

以前「魔女たちの22時」に出演し、 「プルプル美肌の持ち主」として紹介されたヤンソナさん。

その秘密はSASAWASHIだったのです。
f0176387_626177.jpg



本の中ではSASAWASHIのクロスをつかった様々なマッサージがのっていて、
肌ストレスの少ないSASAWASHIと使って、血流をよくし、リンパマッサージをすることで
ヤンソナさんは「赤ちゃん素肌」を手に入れたということです。

しかも巻末には「SASAWASHIクロス」がついているのです!

どれだけ気に入っているのでしょうか!


これは本のために製作したかなりコンパクトなものですが、
同じ質感・効果のあるものがマルタでも販売しております。
f0176387_632645.jpg

f0176387_6322636.jpg


是非、お試しください。 これからがSASAWASHIシーズンです!
f0176387_6332098.jpg

by imaruta | 2012-04-23 06:33 | ◎スタッフの独り言◎

2012 夏のインテリアセミナー 「sasawashiの社長と話そう!」

今年最初のセミナーとなりました。

「sasawashiの社長と話そう! 夏のsasawashiの楽しみ方セミナー」
ようやく開催が決まりました。


昨年夏、マルタのコーディネートで某工務店さんのショールームにて
「夏の天然素材インテリアセミナー sasawashiを中心に」というセミナーを開催しました。
f0176387_17421100.jpg

そこのショールームの窓にはsasawashiのシェードを施工させていただき、、
そういった環境のもと、sasawashiを始め、麻や綿のカーテンや手作りの下駄、籐家具など
天然素材のインテリアを御紹介させていただきました。

その際にsasawashiのパートは勿論、sasawashi社長の糸井さん にお話していただきました。


TV通販で鍛えられた、大阪岸和田弁の説明は笑いも誘いながら、大変好評でした。

で、今年は是非、マルタで、マルタのお客様に対してセミナーしていただきたい・・

そんな流れで開催致します。



当日ご案内のチラシですが、
f0176387_17472695.jpg


見にくいところもありますので、一応、日時等をさらっておきます。

<sasawashi 糸井社長と話そう! 夏のsasawashiの楽しみ方 セミナー>

日時  2012年5月17日 木曜日 14:00~15:30
会場  インテリアマルタ内 特設会場にて
定員  15名
満員になり次第、締め切りとさせていただきます。

当日は「こんな商品をつくってほしい」 「こういうデザインの帽子を作ってほしい」など
熱い思いを是非、社長に直接ぶちまけて下さい。

我々も商談のときに色々意見や難癖をつけるのですが、
割と上手に受け答えをされてしまいますが、今回は参加者の方も含めて
意見をぶつけていきたいと思います。

楽しいセミナーになると思います。


sasawashiファンの方、是非、ご参加下さい。

by imaruta | 2012-04-21 18:20 | インテリアセミナーのお知らせ

新掃除機をようやく導入したが・・。

いきなりママが掃除機を買ってきました。


確かに先週、私も一緒にヤマダ電機やコジマ、エイデンに下見にいってきました。

今使っている掃除機が「ゴミをあまり吸わない音のでる箱」に成り下がっているので、
掃除をするたびに「全然ホコリを吸わない」と常々いっておりました。

たまに私が掃除機をかけても、おっしゃる通り、吸引力は0.01ぐらい(?)な感じでした。
ましてやもう7年ぐらい経過しているので、限界かもしれません。021.gif





あれは7年前・・・





「掃除機が全然、吸引力がなくなっちゃったから、買わないと。 紙パックじゃだめなんだよね。 
 結局、紙パックを買わなきゃならないから、ランニングコストもかかるし、やっぱりサイクロンが
 いいんだよ。 しかも、絶対、ダイソンがいいって。
 
f0176387_603750.jpg


 だって吸引力が落ちない、唯一の掃除機っていってるよ」



そんな事をきっかけにコジマにいきました。
確かにダイソンはホコリやチリなどのミクロなものまでグイグイ吸い取りましたが、
販売員さん曰く「例えば10円玉のような厚みのないものは吸いにくい」といって、
三菱電機のサイクロン型を比べて、その発言を実証していました。

更に「結構、音がうるさいんですよねえ」といってまた、三菱電機の掃除機と比較。

そうはいってもダイソンにするだろうと思っていたら、 「じゃあ、三菱電機のほうで・・」001.gif
三菱電機のサイクロン型に決めました。

・・ じつはママは東京で働いている時は三菱電機に勤務していたのです。 その時の「愛社精神」
 ムクムクっとでてきたようで、そのことを知ってか知らずか(勿論、知りませんね)販売員さんが
 三菱電機を勧めるので、最終的には三菱で。




その掃除機を使って7年。 いまは吸引力が0.1。

サイクロン型で紙パックを使わないのはいいのですが、
サイクロン部分をハブラシみたいので掃除するのが大変だし、大きなゴミはとれても
マイクロダストは吸着してしまってとれず、それがどんどん積み重なって吸引力が
大幅にダウンしてしまったのです。 同じサイクロン型でもダイソンとの違いは
そこにあったのです・・。    


あの販売員さんは、三菱電機から派遣された人だったのではないか?
そんな疑念を抱いてもおかしくない・・





そして今回の購入時期がやってきました。

「こんどこそダイソン!」

ヤマダ電機とコジマ、エイデンを廻り、価格だけでなく機能やオプションなどを幅広くリサーチ。

ついでに三菱電機を尋ねると「中途半端で全然、売れません。」と
3社とも同じことをいっていました。  残念でした。



で、結局 最終的には



f0176387_6125471.jpg


東芝でした。



東芝のサイクロン型掃除機は、考え方としてはダイソンと同じ「吸引力の落ちないサイクロン型」
現在あるサイクロン型のなかではダイソンとこの東芝の新モデルだけだそうです。

しかも音も静かで、エコモードもあり節電効果もあり。いかにも日本のメーカーが打ち出しそうな
切り口です。 価格帯もダイソンとそんなに変わりませんが、色々なオプション(ふとん掃除用とか)
もついての値段で、それをつけたダイソンと比べるとだいぶ価格差がでてきます。

更に先週のリサーチの時に3店のベテラン風販売員の方に「どちらがいいか」を最後に聞くと
3店とも「やはり東芝のほうがいい」とのこと。


こういったこともあって、更に「ヤマダ電機」の店頭在庫処分の黄色いチラシに誘われて
遂に購入・・という経緯です。





私も帰宅後にやってみましたが、音も静かで、よく吸引し、掃除もカンタン!
価格も在庫処分なので思いのほか安くかえたので大満足!です。
(しいていうならばデザイン性はダイソンのほうがいいかな)





心配なのは7年後。
「やっぱりダイソンのほうが良かった!」とならないか・・ということです。



また3店共「東芝がいい!」といったのは、「店にとっての利益率」が東芝のほうが断然いいから!
またはダイソンは欠品していて取寄せの店もありましたが、東芝は各店在庫していたので、
「在庫処分を各店ともしたかったから」という理由で東芝を勧めたのでは・・と見る事もできます。





でも今の三菱電機と比べると断然いいから、私的には大満足です・・・

by imaruta | 2012-04-21 06:32 | ◎スタッフの独り言◎

和室をミニコンサートルームへ!

「和室をミニコンサートルームにしたい・・」  そんなご希望を聞いたのが1カ月くらい前でしょうか。

K様邸のブラインドやバーチカルブラインドなど、全部の窓をかえさせていただいたのが
15年経過した2年程前でした。  らせん階段を登った3階も全面的に代えさせて頂きましたが、
その時手をつけなかったのが「和室」でした。

当時、和室は「あかずの間」のように襖で仕切られており、中が見れない状態でしたので、
今回の依頼を受けた時には「どこだっけ?」って感じでした。

実際、 「ごく普通の和室」でした。
f0176387_21265660.jpg

f0176387_21271963.jpg


ですので、「和室をコンサートルームに????」005.gifて感じでしたが、先ずは再度訪問させて
いただき、K様ご夫婦と色々とご相談させていただきました。



最初は「ホールのような」ということでしたので、
ベルベットのような重厚な、クラシカルな感じかなあ・・という印象でした。


先ずはピアノが納入される前に、カーペットを。
今回はアスワンの「YESカーペット」の中から、ダークブラウン調のデザインカーペットを
部屋のサイズに合わせて、全面的に敷きつめました(置き敷きですけど)。



でもベルベットみたいな生地だと重苦しくなってしまうので、
フロントレーススタイルにして軽やかに、かつ重厚さとモダンさを共存させようというコンセプトで
フジエテキスタイルの大きなひし形のようなデザインのレースを選びました。

f0176387_21352851.jpg

和室の写真でみていただけると思いますが、ピンクの矢印の場所、2面に
ダブルのレールとフロントレース&バックドレープを提案させていただきました。

すると、こんな感じに・・
f0176387_21375224.jpg

f0176387_21381824.jpg


なんだか和室だったことを忘れてしまいそうな雰囲気です、
アップですと・・
f0176387_21391624.jpg




施主様も大いに気に入っていただきました。


ちなみにファブリックはフロントレースはフジエテキスタイルの「プレアデス」、
バックドレープはFA2070のWHでコーディネート。


不思議な色合い、不思議な雰囲気を醸し出すことができました、



結構、雰囲気でてるでしょう?

by imaruta | 2012-04-19 21:45 | ★施工現場行って来ました

紫外線の季節がやってきました。

4月も半ばを過ぎ、暖かい日もでてきました。

それに伴ってお肌の敵「紫外線」も強くなってきました。
f0176387_682077.jpg

紫外線は夏場よりも実は4月・5月のほうが強いそうなので、いまこそUV対策が必要です。


ところで紫外線ですが、
f0176387_559491.gif

実は3種類あるそうです。 太陽光線は上図のようにガンマ線からX線、紫外線、可視光線、
赤外線があり、波長が短いものから長いものまであるそうです。 


特に波長が短いものが有害といわれているようですが、波長が短いものはオゾン層を通過できない
ため、一般的には紫外線Bよりも右側が通常我々が浴びている光線のようです。

しかしながらオゾン層が破壊され、到達しないといわれている紫外線Cも実は降り注いで
きているのが現実の様です。

特にオゾン層の破壊がいわれているオーストラリアでは、夏場でも長袖が常識になっており、
子供のころからサングラスをかける子もいるようです。



でも「オゾン層が日本でも破壊されている」とは表立っていえない状況もあるようで、
メーカーなどがうたっているのは、基本的にA紫外線とB紫外線です。


A紫外線とB紫外線の違いは、
f0176387_675866.gif

B紫外線がいわゆる「日焼」、A紫外線がシミやシワなどに影響を及ぼすそうです。
B紫外線が表面的なものに対して、A紫外線は肌の奥深くに入り、室内にも入り込むので
A紫外線を防ぐには結構大変なのです。





そこで毎年お薦めしているのがSASAWASHI 
f0176387_6154511.gif

SASAWASIは素材そのものがUVカット率98%。 
巷にあるUVカット商品は後加工のため、繊維にコーティングをしている状態ですので、汗を吸い取りません。  

汗を吸い取る繊維商品は、実はSASAWASHIだけなのです。


昨年人気の商品に加え・・・
f0176387_6143422.jpg

f0176387_6144950.jpg

f0176387_6151339.jpg


新しい商品や新色なども登場しますので、またご紹介させていただきます。



取り急ぎ、「UV対策、急いで下さい!」

by imaruta | 2012-04-17 22:53 | ◎スタッフの独り言◎

「緑の募金、お願いしま~す」

今日は「緑の募金」の日。 

カブスカウトに在籍しているK君と、その下部組織「ビーバー隊」にこの4月から正式入隊したYちゃん。
そして更に更に驚くことに「デンリーダー」と称されるスカウト達をサポートするメンバーとして
ママまでデビューしちゃいました!005.gif

こういった活動とは無縁だったママですが、なんの因果か「デンリーダー」。


でも彼女の悩みはその活動そのものではなく、 「白いトレーナー」 にあったのです。


デンリーダーの方は「白いトレーナー」を着て、
そのトレナーに様々なワッペンを散りばめたいでたちで参加するのです。

そんな白いトレーナーをワードローブに持っていないママは2日ほど前、
シラトリのSALEでゲットしてきました。

(そんなに使わないから安いのでいいや・・)  

そんな甘い考えが、その後、彼女に大きなストレスをもたらすのです・・・。


購入後の翌朝、昨日買った「トレーナー」を見た時、
「なんということだろう・・」 しばらく茫然として我を忘れる・・ほどのセンスでした。008.gif


・・・本当に私はこれを着るのだろうか? 008.gif
・・・今までの人生のなかでこれほど屈辱的な装いをしたことがあっただろうか007.gif

緑の募金は明日、もう買いにいくことはできません。




翌朝、出発の時間が来てしまいましたが、なかなか足が外に向かいません・・・
f0176387_2315966.jpg

なかなか出てこないので、外でK君がイラッとしています。
f0176387_23171853.jpg



吉原まちづくりセンターに集合し、それぞれの場所に出発していきました・・。









・・・さて「白いトレーナー」ですが、証拠の写真を入手しました・・・。
f0176387_234453.jpg


LOVE&SURFとか書いてありますヨ、しかも上には「ENJOY」

参りました・・。  


そこで「心配」になった私は昼食時間を割いて、
ママとYちゃんが緑の募金をやっているという噂の西友に!

あっ!いたいた!
f0176387_2375082.jpg


なんと、ママ、結構着こなしちゃってます!

あんなに否定していた「白いトレーナー」を「ENJOY」しちゃってます!

Yちゃんもちゃんと勧誘してました・・。
f0176387_2310029.jpg



一方、K君はジャンボエンチョー。
さすがカブスカウト歴2年を経過しているので、なれているような感じ。
f0176387_2311165.jpg

でも写真をとっていることを気付いたら
「パアア~」って感じでブロックしていました。
f0176387_2312987.jpg

まあ、楽しんでいるようですね。



その後お昼に家に帰りましたが、その後夕飯のときには「白いトレーナー」の話しは
一切、出ませんでした。


多分、気に行っちゃったのでしょう。
前の日は100回ぐらい    「ヤダ~アア、見られたくない~」といっていたのにね。

by imaruta | 2012-04-15 23:19 | K君とYちゃん、家族。