人気ブログランキング |

<   2012年 10月 ( 35 )   > この月の画像一覧

フジエテキスタイルと田中一光


 <富士市のカーテン・インテリア専門店のマルタのブログです>

昨日、フジエテキスタイルの冨士栄会長と池上社長がマルタを訪問していただきました。

f0176387_1812414.jpg


いつもそうですが、最初から最後までファブリック論。
とても充実した時間でした。


その時、1枚の展示会の招待券をいただきました。
f0176387_18125030.jpg


グラフィックデザイナーの田中 一光氏の回顧展です。
f0176387_1813471.jpg


田中一光さんは、日本で最も有名なグラフィックデザイナーの1人で、
無印良品の初代のアートディレクターとしても有名です。


作品をみると、「あれも、これも」の状態で、
90年代に巻き起こった有名なCIのほとんどが田中氏の作品といっても
過言ではないほどでしょう。



今回は安藤 忠雄氏がデザインした「21-21 DESIGN SUGHT」で開催されます。
f0176387_18183913.jpg


長年 田中一光氏と共に仕事してきた小池一子氏を中心に企画された展示会。
f0176387_18203573.jpg


f0176387_18204860.jpg


f0176387_18211413.jpg



こういったデザインをみると、いつも思います。

「デザインって素晴らしい! デザインって凄い力をもっている」と。


そして、フジエテキスタイルのロゴデザインも、その田中一光氏のデザインと聞いて、
更に、ビックリ!




会長のお話だと、まだ会社の方向性が完成していないときに
田中氏にCIをデザインしてもらい、そのCIに押されるような形で会社が
成長してきた・・というお話をされていました。





またフジエテキスタイルの会社の中に「フジエギャラリー」なるものがあり、
月に2回、様々な作品の展示をしていたそうですが、
その時にも田中一光氏や小池一子氏などが関わっていたそうです。


まさにフジエテキスタイルと田中一光氏は同時期に
動いていたのだなあというお話を聞き、
改めてフジエテキスタイルの奥深さを感じることとなりました。



私自身、全くデザインはできません。


できないからこそ、
その才能のある方にはある意味嫉妬を覚えるほど羨ましく感じるのです。




デザインって素晴らしい。 




だって会社や人生までも左右するのだから。

by imaruta | 2012-10-31 18:31 | ◎スタッフの独り言◎

広松木工 ダイニングセット、お届に上がりました。


<富士市のカーテン・インテリア専門店のマルタのブログです>

沼津のI様、ご新築時にカーテン・シェードなど、
窓回り全てを弊社で選んでいただきましたが、今回はそれに加えて
ダイニングセットもお選びいただきました。


ウォールナット素材を使用した、広松木工のダイニングテーブルとチェアです。
f0176387_13201260.jpg

(これは広松木工カタログの写真です)

床面もウォールナット色ですので、それに合わせて<FRFX>というシリーズの
ウォールナットを選びました。
f0176387_13223851.jpg

f0176387_1323447.jpg




椅子についてはカタログに掲載されているFREXの椅子ではなく、
<メモチェア>というスッキリとした、ウォールナットの椅子を選びました。

f0176387_13254890.jpg


f0176387_13272277.jpg




とってもお部屋にフィットしていました。


今回は<FREX>というシリーズでオススメさせていただきましたが、
マルタでは<ベロイデア>というシリーズが人気があるため、
通常はこのシリーズを展開しております。

特にTVボードやローチェストが人気があります。
f0176387_13291974.jpg


f0176387_13293981.jpg


このベロイデアは無垢ではなく、突板仕上げ(天然木を薄くスライスしたものを
天板に張り付けたもの)ですので、反り返りがし難く、値段もこなれています。

「木工」と名を社名につけているだけあって、
 突板とは思えないような見事な仕上げとデザインです。


また細かい話ですが、梱包状態が完璧で、福岡から送られてきますが、
いつも傷もなく、きれいな商品が維持された状態で届けられます。




安心してお使いいただける商品です。

by imaruta | 2012-10-30 13:34 | ★施工現場行って来ました

冬のSASAWASHI と 柿渋染めハンチング帽


 <富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです>

先日 SASAWASHIの糸井社長が来店していただき、
f0176387_21275346.jpg

「冬のSASAWASHI」の打ち合わせを
させていただきました。

昨年はレッグウォーマーが大爆発!いたしました。
f0176387_1642776.jpg


今年は丈のバリエーションを増やし、「ウォーマーシリーズ」で充実しています。
f0176387_16425048.jpg


寒さ対策は「首」から・・手首、足首、首にSASAWASHIを。




今年の新製品としては、ルームブーツ。(写真右)
f0176387_1815177.jpg

くるぶし上までカバーして、内側も勿論、SASAWASHI。

温かくて、汗をかいても吸収・発散させて「汗冷え」しない優れものです。
受験勉強用に、台所のキッチンワークに最適です。


現在、まだ入荷しておりませんが、サンプルをみた感じではとってもGOOD!です。
是非、お店で手にとっていただきたいと思います。



また「新情報」!

今まで「男性用の帽子はないのか?」「ハンチングはないのか?」というお問い合わせが
多かったので、糸井社長にお願いしたのですが、ようやくサンプルを作ってくれました!




<SASAWASHI ハンチング柿渋仕上げ>

f0176387_1864633.jpg


f0176387_187335.jpg


f0176387_1872094.jpg



SASAWASHIに柿渋を塗った、 「ワイルドな」帽子です。


f0176387_1882358.jpg

(SASAWASHIには全く関係ありません! ワイルド繋がりで・・)



値段はまだ未定、8,000円ぐらいかなあ と言ってました。


御興味ある方、いらっしゃいましたらご連絡を。
希望者がいらっしゃれば、サンプル取り寄せますので。

by imaruta | 2012-10-29 18:17

フジエテキスタイル ワールドファブリックで一番気になる生地

 <富士市にあるカーテン・インテリアの専門店マルタのブログです>



フジエテキスタイルの見本帳「ワールドファブリック フローラルテイスト」の中で
最も「気になるファブリック」は?というと、やはりWF6118。


f0176387_13243878.jpg


ベルギー製のWF6118は、昨今の「薄くて、スッキリしているファブリック」とは
対局をなすような、「厚くて、ボリュームのあるファブリック」です。

その存在感は重厚かつエレガントですので、どの部屋にもあるというタイプではなく、
それなりにお客様も選んでしまうファブリックなので、なかなかゴールに到達できませんでしたが
ようやく「到着」しました。







N様は昔からのお客様。20数年前もマルタでカーテン一式揃えていただきましたが、
今回は大幅なリフォームということで、再度お声かけいただきました。
ありがとうございます。


リビングにアスワンのレースと組み合わせて、WF6118をコーディネートさせて
頂きました。  

存在感、凄かった!

f0176387_13344010.jpg

f0176387_13345666.jpg

f0176387_13351587.jpg


勿論、お客様も気に入っていただき、掃出窓のレールが以前のレールを
活かしたままだったので、そのバランスがあまり良くなかったので、
換えたいとのご要望でした。  確かに確かに。


画面ではなかなかわかりにくいので、是非お店で手にとってみていただきたいですね!
003.gif

by imaruta | 2012-10-28 13:28 | ★施工現場行って来ました | Comments(0)

そろそろ予告! 「ギャッベ・キリム展」開催予定

<富士市のカーテン・インテリア専門店のマルタのブログです>




今年初めて「ギャッベ&キリム展」をマルタ店内特別会場で開催します。

f0176387_17114781.jpg


マルタではもう20年以上ギャベを販売していますが、
いつも「ギャッベって何?」と良く聞かれてきたもんですが、
最近、あんまり聞かれなくなったと思っていたら、
結構「ギャベ展」なるものを家具屋さんがいろんな所で開催していて、
今年あたりはもう「普通の人でも知っている」レベルになってきたようです。


ギャッベとは、ペルシャ語で「目が粗くて毛足が長い絨毯」を意味します。

イラン・イスラム共和国の南西部に位置するシラーズ州を遊牧する部族
カシュガイ族、ルリ族などによって織られる遊牧民の手織り絨毯の略称です。
f0176387_17224979.jpg

f0176387_1723584.jpg


もともとは、山岳地帯を移動する彼らの生活の中で、羊の毛をざっくりと織って
ふかふかに仕上げて、ベッドとして使うために織られてきた手織り絨毯です。
イランのペルシャ絨毯の市場では、その粗くて重い形状から「ギャッベ(garbage=ゴミ)」
として日の目を見ない商品であったが、近年ギャッベの市場が拡大して品質も
向上してきています。
f0176387_17231751.jpg


更にギャッベが持つ温かみや素朴さが世界的に受け入れられ、それに欧米人のデザインが
加味されて、昨今はかなりモダンなラグの一部となってきました。


f0176387_17335324.jpg

f0176387_17333745.jpg

f0176387_173409.jpg


約500点のコレクションを展示する予定です。
乞うご期待!

f0176387_17365564.jpg

by imaruta | 2012-10-27 17:24 | ◎スタッフの独り言◎

テキスタイルデザイナー 鈴木マサル氏デザインOTTAIPNUショップオープン!


<富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです>


マリメッコの日本人デザイナーの1人、鈴木マサル氏が手掛ける「OTTAIPNU」
ショップがオープンしました。

f0176387_18533714.jpg



独特の明るくて、楽しい世界。

でもなにかをふっと考えさせられるようなデザイン。

f0176387_195174.jpg



f0176387_1953810.jpg



f0176387_196178.jpg






f0176387_1983461.jpg





f0176387_197622.jpg

f0176387_1972710.jpg



そして人気のバスマット。
f0176387_1975752.jpg



場所はこちら。 行ってみたいです・・
f0176387_19105894.gif

by imaruta | 2012-10-26 17:53 | ◎スタッフの独り言◎

裏地加工無料でお得、しかもイメージ一新!


 <富士市のカーテン・インテリアの専門店マルタのブログです>

富士市伝法のW様。 お部屋をリニューアルされて、新たなイメージにしたいということで、
マルタにご来店いただきました。

現在、カーテンフェア開催中ということもあり、フジエテキスタイルのファブリックを
中心にセレクトしていただきました。

リビングはレースを部屋側にしたフロントレース。
f0176387_12521068.jpg

写真はピンクですが、選ばれたのは真っ白です。

バックにはフジエテキスタイルの定番、FA2027のモアレの黄色味かかったベージュ。
f0176387_1351382.jpg


大きな窓にかけられる白いレースは、光を浴びてお部屋をより明るくする効果があります。
このレースはエレガントとフェミニンの中間あたりのテイストで、
「ありそうでないファブリック」の1つです。

バックのドレープ FA2027は定番中の定番、
しなやかさと光沢感、素材感のバランスがとれたファブリックです。





一方、奥様のお部屋は、一転して「明るく、楽しく」。

ということで、ベルギー製のタフタコレクションから。
f0176387_1385758.jpg



今まで暮らしていた部屋とは「全く違う」お部屋に感じることでしょう。


でもこの光沢の出方や、カラーの組み合わせは「さすが・・」と言わざるをえません。
なかなか国産でこのクオリティを持ったファブリック、見当たりませんから・・。


カーテンを納めた後で、同じシリーズの柄違い・色違いを色々と見ていただいて
ベットカバーをおつくりするお話になっています。


そっちも楽しみです。




で、カーテンフェアということで、
カーテン生地は全てフジエテキスタイルでしたので、「裏地加工無料」です。


その裏地加工代の合計が、W様の場合は
なんと¥120,750となります。


つまりこのフェア期間中でなければ、
お見積り金額+¥120,750ってことですヨ!


まあ、なんてお得なんでしょう!






「カーテン、いつ買うんですか・・・・・今でしょう!」

(予備校のCM風に・・)




お待ちしております。

by imaruta | 2012-10-25 10:50 | ★施工現場行って来ました

カーペットは「メリノウール」が一番おすすめです。


 <富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです>

だいぶ寒くなってきました。
朝晩、足元が冷えるとおもいますが、こんなときこそカーペットを!


特にオススメは「メリノウールのカーペット」です。
f0176387_1603992.jpg
f0176387_16181.jpg














日本人にとって玄関で靴を脱ぐことは極めて一般的な日常の習慣です。

日本人のライフスタイルはフローリングが普及し、洋風化された現在も
「靴を脱いで暮らす」習慣だけは変わりありません。

素足や靴下で家の中を歩き、床の上に座ったり、寝転んだり…。
そんな床でくつろぐ生活を愛する日本人のために「メリノウールカーペット」は開発されました。


「メリノウールカーペット」は、高級ウール素材メリノウールを100%使用しました。


ウールは羊毛、羊の毛ですが、羊にも色々な種類がありますが、
最も温かさと柔らかさを兼ね備えているのは「メリノウール」です。
f0176387_1673087.jpg


一般的に「足で踏む」カーペットにはそんな上質なウールは使用できず、
価格の安い羊毛を使っているのがほとんどです。


そんな中、マルタとお取引しているA社が「ごろごろしても気持ちがいい、
日本人向けのカーペット」としてメリノウールのカーペットを開発しました。 

現在、日本の中でメリノウールカーペットを製作しているのは、このA社だけです。


メリノウールのカーペットのいいところ、たくさんありますので、ご紹介。

① 羊毛の太さが一般の羊のものと比べて3分の2の細さで、らせん状になっているため、
  チクチクしなくて、保温性が高い

② 他の羊と比べても油分が多く含まれているので、天然の撥水加工があるので、
  汚れにくい(逆にポリエステルなどはすぐに浸み込む)

③ 裏側にフェルトバックを使用しているため、メリノウールの弾力性とあいまって
  クッション性が非常に高く、ふんわりと柔らかである

④ 他の素材のカーペットと比べると、耐久性も高い

⑤ 発色が美しく、鮮やかで深みのある染め上がり

⑥ 吸湿性が高いので、冬暖かく、夏はさらりとしているので、1年中使える

⑦ 吸音性が高いので、音を吸収して階下に響きにくい


など。  



勿論、私も使っています。
もう7年以上使用しています。

「食べこぼし」や「嘔吐下痢症」などを乗り越え、まだまだ現役です。


1年中通して使える、柔らかく、暖かいメリノウールカーペット。


是非、お店でごらんください。

by imaruta | 2012-10-24 15:39 | ◎スタッフの独り言◎

ハニカムスクリーンで断熱を!


 <富士市にあるカーテン・インテリアの専門店マルタのブログです>

先日ご紹介したハニカムスクリーン<レフィーナ>。
f0176387_1652231.jpg


早速、「ぜひやってみたい!」というお客様が。


Y様はとっても寒がり屋。
昨年の冬場に寝室に裏地加工したカーテンを交叉レールで取り付けたり、
穴の開いていないプリーツスクリーンを玄関先に取り付けたりしていただきました。

でも最も暖房の熱の逃げる「階段」には手を打たなかったのです。


で、今年、ハニカムスクリーンをご紹介し、「是非に!」ということに。
f0176387_1655485.jpg


高さ3m、幅5mぐらいの空間に予定では3台のハニカムスクリーンを
設置する予定になっております。



施工後にはまたアップしたいと思います。

by imaruta | 2012-10-23 16:48 | ★施工現場行って来ました

木肌をいかしたクラフト  「花膳」


< 富士市のカーテン・インテリア専門店のマルタのブログです>

 マルタでは静岡のI木工でオーダー家具を製作しています。
f0176387_18213959.jpg

f0176387_18215882.jpg


年の頃は私と同じくらいでしょうが、なにしろ腕とセンスがいい。
北海道の有名家具で修業をして、実家を継いでやられていますが、
困ったときにはいつもお願いしちゃってます。
f0176387_18442729.jpg


いまは広い家具屋さんにいっても、同じサイズの同じようなものばかりが並んでいて、
「ちょっとした」的な家具は逆に見当たりません。
特に隙間家具はないですね。


そこでいつもお願いしちゃってます。
f0176387_18451395.jpg




で、そこで製作している「花膳」がまたいいんです。
f0176387_18435953.jpg


お盆として、個別の盆としても使えます。
木肌を活かしたつくりがいいんです。

f0176387_18453498.jpg





いつもあるとは限らないのが最大の欠点ですが・・。

by imaruta | 2012-10-22 17:05 | ◎スタッフの独り言◎