<   2013年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

今日から「第10回 手織絨毯展」開催です!


 <富士市にあるカーテン・インテリア専門店のマルタのブログです>

 いよいよ本日から手織絨毯展開催です。

 昨日より準備開始・・
 
f0176387_6571810.jpg



 今回は第10回、記念の回です。
 いつも以上に特別な商品をご用意しております。



 目玉品は「通常SALE販売価格40~50万程度の商品→¥198,000」です。


 入口入って目の前に10点のみ、ご用意しております。
 正直いって、超目玉!です。



 また例年よりもギャベを2倍、ご用意しております。
 
f0176387_701619.jpg

 
 
f0176387_70419.jpg


 
f0176387_71072.jpg




 更にちょっと珍しいものも・・
 
f0176387_713896.jpg



 先ずは見ていただきたい!商品ばかりです。



 今日から3日間(最終日は5時まで)、開催中!

by imaruta | 2013-01-26 07:04 | ◎スタッフの独り言◎

サノユカシ個展「NEXT」最終日 行ってきました。


 <富士市にあるカーテン・インテリアの専門店マルタのブログです>


 青木平の芸術空間あおきさんで開催している サノユカシ個展「NEXT」に行ってきました。
 
 
f0176387_22155849.jpg


 今日が最終日、1月1日からの開催でしたがなかなか行くことができず、
 ついに最終日になってしまいました。


 サノユカシさんの発想の豊かさ、色と線が奏でる不思議なデザインバランス、
 そしてキャンバスだけではなく、端材やのれん、地球儀までをも表現のベースとする
 自由さなどが素晴らしく、とても楽しくワクワクする展示会でした。

 
f0176387_22182746.jpg


 
f0176387_22184547.jpg


 
f0176387_2219758.jpg



 サノさんとは、昨年富士木材さんの「わたしのいいことライフ展」でご一緒
 させていただきました。 マルタのギャベと、シニリンツさんの北欧雑貨、
 それに各部屋毎にサニユカシさんのアートを散りばめたイベントでした。
 
f0176387_22252029.jpg


 そのイベントの作品とは全く異なる、新しい作品が所狭しと並べられていて、
 まさに「ユカシワールド」状態でした。

 サノさんの絵だけではなく、ちょっとした文字だけでも「ユカシワールド」に
 なってしまうなんて、本当に素晴らしいですね。

 また是非、ご一緒させて下さい!006.gif








 
f0176387_22261055.jpg

by imaruta | 2013-01-23 22:27 | ◎スタッフの独り言◎

フジエテキスタイル オリジナルブランド「プロファイル」


 <富士市にあるカーテン・インテリア専門店マルタのブログです>



 2月上旬に発表されるフジエテキスタイルの<プロファイル>。 
 
f0176387_15192369.jpg

 
 我々が心待ちにしているコレクションです。

 
 ここのところ、フジエテキスタイルの出しているコレクションは、ワールドファブリックや
 タフタコレクションといった<フジエテキスタイルセレクション>であって、
 フジエテキスタイル独自の企画・開発商品ではありません。
 



 それが悪い・・ということでは全くありませんが(というか、弊社でも結構売れておりますが)
 やっぱり「作り手の見える商品」を弊社では販売していきたい。

 思いのある商品、企画者の意図を知っている商品・・同じ生地を、同じカーテンを
 お客様に買っていただくのであれば、こういった商品をお勧めしたいものです。


 今回のプロファイルは、思いっきり「思いのある商品」・・だと思います。




 2月の展示会が楽しみです。




 気にいったファブリックは少しでも早く、皆様に見ていただくよう、
 プレゼンテーションスペースでご披露したいと思います。



 楽しみにしていてください。
 

 必ずや「心をゆさぶるカーテン」であることでしょう。


、ね、フジエさん!






f0176387_1527683.jpg

by imaruta | 2013-01-23 15:28 | ◎スタッフの独り言◎

鷹岡F様邸 築80年以上の応接間のカーテン、納めました


 <富士市にあるカーテン・インテリアの専門店マルタのブログです>

 
 年末からお話をさせていただいていた鷹岡のF様。

 80年以上たっている応接間のカーテンを変えたいとの事。
 現在かかっているカーテンは30年以上前に変えて、陽に焼けたりして傷んでしまいました。

 沢山の調度品に囲まれた応接間は平成生まれの住宅にはない重厚感。
 この雰囲気を壊さずに、更に重厚感をますようなカーテンにしてもらいたい・・との希望。 


 ところが現在のカーテンは、昔のものと比べで薄く、軽くなっています。
 重厚感とは正反対の方向に進んでいますので、なかなか生地が決まりませんでした。


 
 結局、ボルドー系の総柄のカーテンにバランスをつけて、しかもそのバランスに
 重厚かつ今風のアクセサリーをつけ、タッセルもダブルタイプにすることで
 まとまりました。



 
 で、こんな感じになりました・・。

 
f0176387_9393868.jpg
 

 
f0176387_9411391.jpg


 
f0176387_9413176.jpg


 
f0176387_9414734.jpg



 とても気に入っていただきました。


 このような年数が経ち、しかもキレイに維持されているお部屋は珍しいので
 とても良い経験になりました。


 ありがとうございました。




 
f0176387_9434760.jpg

by imaruta | 2013-01-22 09:12 | ★施工現場行って来ました

Yちゃん、でかした!


<富士市にあるカーテン・インテリアの専門店マルタのブログです>


 小学校4年生のK君と、1年生のYちゃん。

 この二人、色んな意味で対照的。


 最近、夕食後にジェンガをやるのですが、
 K君は慎重に、慎重にパーツを外していきます。
 
f0176387_7474850.jpg


 一方、Yちゃんは「えっ、そこ取るの?」というところをサッと取っちゃいます。
 
f0176387_7485691.jpg

 だから次の順番のK君は、不可思議な形になったジェンガから1パーツとらなければ
 ならず、結果、ガラガラっと崩れてしまうのです・・。


 
 また国語や社会、算数などの教科が得意で、体育が? なK君。
 しかも字や絵も?で、特に人を描くと「絵ごころない芸人」レベル・・

 一方、Yちゃんは算数や国語など「考えられない珍回答」を連発するのですが、
 体育や書写、音楽などが大好き。

 先日もロゼシアターに書写が展示され、
 
f0176387_7552074.jpg

 その綺麗さに我々夫婦は驚いてしまいました。



 いつもお兄ちゃんばっかり褒められたり、表彰されたりしているのが気に入らないYちゃん。
 そんな時にはとってもご機嫌が悪くなってしまう、とっても感じの悪い妹ですが、
 今回は自分が表彰され、褒められたりしたので、ニッコニコ。


 いつも「K君ばっかり褒めてヤダ」という嫌みを言われるK君ですが、今回の出来事に
 「Yちゃんよかったね 003.gif 」と、本人以上に喜んじゃっている人の良さ。



 いいのかなあ・・





 読む本も違います。


 Yちゃんは物語り系をジャンジャン読みます。
 あまりにスピードが速すぎて、 「本当に読んでいるのか?」と疑っちゃいます。


 一方、K君は「図鑑・資料系」。 従来の電車系に加えて、最近は警察モノ・スカイツリー
 モノ・元素モノと、脈略のない方向性の本をジックリ眺めています。


 しかも、最近は自分の机の足元に電気スタンドを入れて、トーマスの毛布で全体を覆い、
 大きなアクリルの毛布に包りながら読んでいるのです・・・。

 
f0176387_85293.jpg





 理解不能・・。  でも落ち着くのだそうです。





 一方、Yちゃんはソファにゴロリンと寝転がって読んでいます。





 そうか、座るところがないんだ・・K君



 頑張れ! K君!071.gif







f0176387_893329.jpg

by imaruta | 2013-01-21 07:44 | K君とYちゃん、家族。 | Comments(0)

富士宮のE様 カーテン最終確認 ~松本建築工房物件

 <富士市にあるカーテン・インテリア専門店マルタのブログです>

 松本建築工房が設計・施工した物件 E様の生地確認です。

 
 1階はSASAWASHIで、和室はプリーツスクリーン<利休>、そして
 2階寝室は遮光のプリーツスクリーンで決まりました。
 
 ありがとうございます。 なるべく早めにお取付をさせていただきたいと思います。


 松本建築工房の住宅は、木々を活かしたつくり。
 活かしたというかフルに使っているという感じでしょうか。

 
f0176387_23354820.jpg


 
f0176387_2336369.jpg


 
f0176387_2337128.jpg


 
f0176387_2337257.jpg


 
f0176387_2337412.jpg


 
f0176387_23375941.jpg



 いかにも、SASAWASHIのシェードが似合いそうでしょ? 
 
f0176387_23421595.jpg

 
f0176387_23423215.jpg




 
f0176387_2343396.jpg
 

by imaruta | 2013-01-19 19:50 | ★施工現場行って来ました

作り手と伝え手


 <富士市にあるカーテン・インテリアの専門店マルタのブログです>


 マルタで商品をセレクトするときに、次の3つを意識して選択します
 
 ① 圧倒的な差別化が図れる商品か、どうか
 ② 長い歴史の中で生き残ってきた商品か、どうか
 ③ 時代性・ファッション性を帯びた商品か、どうか


 このなかで2つ以上当てはまる場合は選別する候補に組み入れます。

 売れるか、どうかという基準も必要ですが、その視点だけであると
 長続きがしません。

 


 この3つの基準と合わせて、重要視しているのが

 「作り手が見えるのか、作り手と話ができるのか、作り手とコミュニケーションできるのか」 ということです。 


 我々小売業に携わる者は、よいと思った商品をお客様に伝えて、お勧めすることが仕事です。
 つまり「伝え手」なのです。

 モノをつくることはできませんが、手をかえ、工夫しながら商品のいいところ、本質が
 お客様に伝わるように紹介していくこと・・それが「伝え手」だと思います。 


 
 
 今日、器と雑貨のお店calmさんに行ってきました。
 
 というか、偶然、たどり着きました。
 
 
f0176387_2217587.jpg


 calmさんでは、富士・富士宮を中心に18名の作家さんのクラフト商品を集め、
 販売・ご紹介しているお店です。 まだOPENしてから数か月だそうですが、
 なんだかもう数年前からあって、溶け込んだ感じがしました。

 
f0176387_22192192.jpg

 
 
f0176387_22194322.jpg


 
f0176387_2220518.jpg



 まさにcalmさんは「伝え手」そのもの。 富士市や富士宮に在籍する作家さんたちの
 作品にスポットを当てて、お店に入ってくる人たちへ、その商品のよさ、作家さんの
 素晴らしさを伝えているのです。

 しかも1点1点丁寧に置かれ、商品達がとっても心地よさそうです。


 なかでもこのキリンちゃん、気に行っちゃいました!
 
f0176387_22225572.jpg




 また伺いたいお店ですね。


 
f0176387_22234247.jpg

by imaruta | 2013-01-18 22:25 | ◎スタッフの独り言◎

沼津の門池・・


 <富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです>



 先日、下土狩の現場に行った帰り道、「門池」の横を通りました。

 
f0176387_2242542.jpg

 
 「そういえば門池って池があったのか?」と思うくらい、あまり知らなかったのです。
 門池小学校、門池中学校などの学校の名称は知っているものの、そもそもの池があったとは。
 
 
f0176387_2244810.jpg


 というか、あったかもしれないけれど、こんなに大きな池だと思っていなかった。



 しかもその池の周りを川が流れているなんて・・・。
 
f0176387_225542.jpg



 空から見たらどう見えるのだろう。





 その池と川を取り囲むように、たくさんの桜の木々が。




 春になったら、再訪してみたくなりました。







 
f0176387_2274776.jpg

by imaruta | 2013-01-17 22:11 | ◎スタッフの独り言◎ | Comments(0)

ハイブリッドダイニング フロムオーガニック  


 <富士市にあるカーテン・インテリア専門店マルタのブログです>

 マルタの近くにある<ZAPPAビル>の中に昨年オープンしたフロムオーガニック。
 
f0176387_22204881.jpg


 
f0176387_22213170.jpg



 1月よりランチがスタートしたので、早速伺いました。

 店内は1級建築士事務所カーポス工作所の製作した家具で埋め尽くされ、
 その中でゆったりと食事ができる、無二の空間です。

 
f0176387_22232274.jpg

 
f0176387_22233853.jpg


 ランチコースは色々セレクトできましたが、基本、前菜プレートとメイン、デザート
 そしてドリンクの組み合わせ。

 オーガニック野菜をふんだんに使ったメニューで、ボリュームもあり
 とっても満足!のランチでした。 まだまだ認知度が低いかもしれませんが
 必ずや近いうちに人気店になると思います!

 
 で、前菜プレートはこんな感じ・・
 
f0176387_22262613.jpg

 写真でみるよりボリュームあります。 ちょこちょこって感じではありません。
 このプレートで小腹は埋まってしまいます。

 味付けはあまり強くなく、素材の味を感じられる程度に抑えられています。



 メインは香草チキンと野菜の組み合わせ。 
f0176387_22282499.jpg

 地鶏の油もさらりとしていて、皮はパリッとしていて食感もGOOD!
 しいていえば鶏にもう少し塩っぽさがあってもいいかなという感じでした。
 
 共にお皿に盛られている野菜、これがまた美味しかった!
 特にニンジンがおいしかったかな。 カリッとしていて味が濃く、香りも強い。
 野菜が「添え」ではなく、鶏肉と並ぶような美味しさでした。

 

 一緒にいったママはパスタをメインに。
 
f0176387_22321912.jpg

 岡村牛とマンガリッツァ豚のボロネーゼ。富士山朝霧高原で育てられた乳牛と
 和牛のハイブリット牛の岡村牛、噛むとぎゅっと味がでます。


 

 デザートは3種。 
 
f0176387_22364785.jpg

 ミニロールケーキのマーマレードソース添えとカボチャのチーズケーキ、そしてティラミス。


 席間も広く、ゆったりとした空間、有機野菜をたっぷりと使ったメニュー、その味
 そして程度な距離感をおいたサービス・・これで1,500~1.800円のランチとは
 とてもコストパフォーマンスが高いと思います。



 「もう一度行くか?」と問われたら「必ず行きます」というお店。

 これからが楽しみです。




 場所はマルタから徒歩5分ほどでしょうか。
 市立体育館のある交差点「南町」から少し西(市役所方面)に進み、
 フジックスコインランドリーの隣のZAPPAビル2階です。

 ZAPPAビルが一見、ビジネスビルっぽいので見逃しがちですが、
 写真にあるような黄色の看板がついています。
 
f0176387_2244377.jpg

 このビルの2階にフロムオーガニックはあります。


 駐車場はこのビルの1階、またビルの裏側(北側)にも駐車場がありますので、
 コインランドリーの脇の道から裏に回ると停められます。



 今度はパスタにしよっと!




 
f0176387_22465256.jpg

 

by imaruta | 2013-01-16 22:48 | ◎スタッフの独り言◎

新人スタッフ勉強会と現場の窓。


 <富士市にあるカーテン・インテリアの専門店マルタのブログです>


 最近、朝少し早い時間から新しいスタッフと勉強会(?)をやっています。

 先ず第一段階として「お客様がこのくらいのサイズでカーテンつくりたいんだけど」と
 お声かけいただいた時に、金額と組み合わせの候補を提案できるように・・という
 目的でやっています。


 先ず「サイズ」ですが、お客様がもってくるサイズと、こちらが必要なサイズと
 異なる場合があります。 それを整理整頓して、「どのサイズの窓に、どのようにレース
 がついていて、その幅がどのくらいで、レールのランナーの下から床までのサイズ
 (カン下寸法)がどのくらいで、最終的にどいうったサイズで製作するのか・・

 これが全てのスタートです。


 この整理ができないとおかしいことになってしまいます。
 我々が現場をあたり、採寸してくればいいのですが、全てがそうとは限りません。
 
 もちろん、弊社では「我々が採寸して、サイズをとり、そのサイズに合わせて
 責任もって製作する」のですが、お客様が自分の測ってきたサイズで作ってくれれば
 いい・・という場合もありますので、上記の整理が大事です。


 次にどのくらいヒダをとるか、スタイルをどうするのかなど、
 様々な過程を経て、価格とお好みのバランスで商品が決まっていく・・

 そのプロセスを勉強中です。


 また会社によって見本帳のスタイルが違うので、その見方であるとか、
 言葉も違うので、その違いとか・・並べればきりがありませんし、
 全てをドバーッと話をしても受ける側が受け切れなくてはいけません。


 難しいですね、まあ時間はかかりますが、じっくりと、そして現場も見ながら
 勉強していけばいいと思っております。







 その時「はじめに来た時、どうすすめていかばいいのか?」という質問。



 意外とこれはマニュアルらしきものがなく、人によってキャラクターもあり
 マチマチなので、伝えることが難しいなあ・・と感じました。


 スタイルからなのか、デザインからなのか、
 部屋からなのか、機能性(遮光とか)からなのか

 正解は「お客様によってスタートアプローチは異なり、お客様を観察し、
     お話を進める中から進め方を考える」ということだと思います。



 しかしそれでは新スタッフはわかりません。




 そんな折、現在大工工事中の新築物件を採寸したり、現場確認しに行ってまいりました。




 先ずは富士市横割の物件。
 
f0176387_22512125.jpg
 
 
f0176387_22513725.jpg




 そして蒲原の物件。
 
f0176387_22522544.jpg

 
f0176387_22524091.jpg

 
f0176387_225365.jpg




 窓には役割がある。

 その役割は「部屋の役割」に大きく左右される・・のではないか。



 つまり、リビングの窓にはリビングの、寝室の窓には寝室の役割があるのでしょう。



 例えばリビングの窓の役割は、
    ① 一番目にする機会が多い窓
    ② 一番他人の目にも触れる機会が多い窓
    ③ たぶん、一番大きい窓
    ④ たぶん、一番出入りが多い窓




 例えば寝室の窓の役割は
    ① 寝る部屋の窓なので、落ち着けるものを選ぶことが多い
    ② 寝る部屋なので、いたづらに明るい色である必要性がない
    ③ 寝る部屋なので、光漏れを気にするひとが多い



 ・・部屋別窓の一般的な役割を投げかけることによって、
   お客様からテイストやカラー、素材などのキーワードがでてくるのではないか

 ・・結局、自分もそんな感じでやっているのではないか



 ・・・・現場で窓を見ながら気付かされました。






 
(事件じゃなくて・・)答えは、現場にある  のです。







f0176387_2361913.jpg




























 

by imaruta | 2013-01-13 22:35 | ★施工現場行って来ました