<   2013年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧

まだ継続か?


 <富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです>



 幼いころから4年生まで、「ほぼ電車一本」に関心を集中してきた息子のK君。
 

 その情熱が生み出す「プラレールのレール設計」の美しさは大人も感心するほどでしたが、
 5年生になったあたりから熱もさめ、その矛先は「東京スカイツリー」や「警察24時」などの警察モノ、
 そして「東京エアポート」へと広がっていきました。




 そのためプラレールもやらなくなり、電車の本もかりなくなり、
 ようやく電車熱はおさまったのかと思っておりました。








 そんなとき、ふと見たK君の机の上のノート。



 ペラッとめくってみると、


 な、なんと・・
 
 
f0176387_23373797.jpg



 自作の時刻表が!

 しかも臨時電車まで記載するほどの入れ込みようで!  



 
 あああつ、まだ根っこにあったんだ!


 彼の根幹には、電車から学んだノウハウが蓄積されており、今後の学生生活・社会人においても
 判断基準や発想のノウハウとして根源的に残っていくのだろうなと痛感しました。



 相変わらず変わっていますが、ある意味、感心しました。




 頑張れ!K君!

by imaruta | 2013-06-30 22:31 | K君とYちゃん、家族。

中学の同窓会・・

 <富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです>

 
 昨日からスタートした「大創業祭」、お蔭様で、本日も大盛況、たくさんのお客様に
 ご来店していただきました。 心から感謝いたします。

 特に今回は「現品処分」ということで、展示品やストックで持っている数の多いものなどを
 グーンとお値下げしてご案内させていただき、ご購入いただいたおります。


 1点だけしかない展示品、ウィリアムモリスの生地貼りをした、風間のラブチェア.
f0176387_2256129.jpg

初日の午前中にお渡し先が決まってしまいました。 何名もご来店いただき、お尋ねいただきましたが、
 申し訳ありませんでした。


 もう1つのソファ、こちらもお買い得品ですので、是非お座りになっていただければと思います。
 
f0176387_22595293.jpg




 そんなかんなで忙しい数日の中、今晩は沼津で同窓会。

 本来は1年から3年まで担任を受け持っていただいた先生が退職されるということで、
 それに合わせて同窓会をセッティングしてくれたのです。 ありがとうございます。

 私は水曜日が休みで、だいたいこういった会合がひらかれるのは土曜日なので、
 なかなか都合があわないことも多かったのですが、今回は1次会終了間際に到着し、
 2次会から本格参加させていただきました。

 
f0176387_2353886.jpg
  


 もう40歳の後半戦に入った年齢の我々なので、お世辞にも「変わらない」とはいえません。


 でも笑った顔や表情は昔のまま。 うれしかったですね。


 また話をきくと子供が高校や大学生などで大変だ・・といいながらニコニコしている姿。
 とっても嬉しそうでした。 みんな頑張って自分の子供たちを育てあげているんだなと感じ、
 これまた感心しました。


 中学の頃、ちょっと突っ張っていた風の彼や、大人しくてあまり話せなかった女の子など、
 そんな子にかぎって、しっかり子供を育てているのです。




 逞しいなあ・・母親、父親。    大いに反省しました。




 また会って、もっとじっくり話をしたいなあと感じた2時間でした。

by imaruta | 2013-06-29 21:46 | ◎スタッフの独り言◎

金曜日 28日から「大創業祭」。 今回は現品処分が超~オススメ


 <富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです>
 



 今週の金曜日、28日から 年に1度の「大創業祭」がスタートします。


 
 例年通り、 「カーテン端切れワゴンセール」もありますが、

 今回は、なんといっても「現品処分品」がお買い得。

 
 単純に「安い1」ということではなく、 「いいモノが安い」がコンセプト。
 

 展示品の入れ替えのため、
 サンプル商品のため、
 サンプル生地を使って製作したため  等 理由はそれぞれですが
 <いいモノ、お得>は間違いありません。




 その中で、最もオススメなのが 
 
 <ウィリアムモリスのファブリックを張った、ラタンラブチェア>

 
f0176387_9424864.jpg


 家具本体は、マルタでおなじみの横浜KAZAMA。 
 
 横浜元町で生まれて90年、歴史と伝統のある籐家具専業メーカーで、
 マルタでは30年以上、お取引をさせていただいております。
 

 以前「籐家具ブーム」が20年前ぐらいにあったようですが、
 現在はそのブーム時に購入された方の買い替えや、
 「軽くて移動しやすく、掃除もラク」という点や
 デザイン・カラーも現在の住宅事情にマッチしてきたということで
 第二次ブームとなりつつあります。




 で、今回はその中で「ニューノネット」という人気のシリーズのラブチェア。

 警察の警棒に使われる、上質な籐を使用し、熟練職人が製作したフレームに
 カバーを換えられる座クッションと背クッションとの組み合わせです。



 カバーの種類によって価格は異なりますが、今回 ご紹介するのは

 「近代インテリアの父」 ウィリアムモリス 
f0176387_956453.jpg

 の椅子張り生地を張ったクッションを使用。

 
f0176387_9564730.jpg


 
f0176387_957748.jpg


 
f0176387_9572749.jpg


 ウィリアムモリスは、 19世紀のイギリスで最も傑出した芸術家、デザイナー、詩人。

 イギリスの産業革命後の機械化による大量生産と職人軽視の時代のなかで、装飾芸術の分野で
 手仕事の重要性を強調しました。 そして、その実践として壁紙、テキスタイル、ステンドグラス家具、
 書籍など様々なデザインを手がけ、その後のアーツ・アンド・クラフツ運動をはじめ、20世紀の世界の
 デザイン界に幅広い影響を与え、「モダンデザインの父」として位置付けられています。

 モリスの作ったデザインには自然を愛する思想が反映され、生活の中で生まれたデザインは
 100年以上たった今でも世界中の人に愛されています。



 で、そのウィリアムモリスのデザインしたファブリックを椅子張りの生地として張り込んだ逸品です。

 
f0176387_9594647.jpg




 サイズは、幅150×奥行86×高さ79×座面高37cm。

 サイズとしてはラブチェアサイズなので、あまり大きすぎず、
 室内にコンパクトに置くことができます。

 ラタンポールの色は「シルクブラウン」と呼ばれていますが、黒に近い、深いブラウン系。
 従来の「茶色」の籐家具の色ではないので、モダン住宅にもフィットします。


 今回ご紹介する 「ウィリアムモリス特別仕様モデル」、 

通常販売価格は ¥231,000 (税込)ですが、


 今回の大創業祭の 「現品処分」 として出させていただきますので、



 半額、50%OFFの ¥115,000 で!



 ・・・ 私の記憶の中では、横浜KAZAMAのソファを半額で出したことはありません・・

 ・・・ 展示品入れ替えという背景はありますが、ここまでプライスダウンする必要があるのかと
    悩んでいる最中でもあります
    (値段を下げると、それなりの商品として受け止めてしまう可能性があるので)

 ・・・ですので「安いモノ」ではなく、「とっても価値のある、お得なお買いもの」と
   捉えていただければ幸いです。




 この価格でのご案内は28日金曜日 10時からの価格です。


 ご来店いただいた方、優先でご提供させていただきたいと思います。





 勿論、このラブチェアだけでなく、

 「ベルギー製デザインラグ(ポリプロピレン100%)」 60%OFFだとか、

 「メリノウールボーダーカーペット最終処分」 52%OFFだとか、

 「ラタンアームチェア」 3脚限り 60%OFF   などなど。


 

 沢山、ご用意しております。





 また夏物商品も多数、ご提案させていただいております。
 これからの「暑い夏」に向けて、是非!

by imaruta | 2013-06-25 09:33 | ◎スタッフの独り言◎

夏の新作 小千谷縮(おじやちじみ)


 <富士市のカーテン・インテリア専門店 マルタのブログです>


 
 じわりじわりと夏がやってきました。


 
 今年の夏の新商品として、新潟の「越後上布と小千谷縮」をご紹介します。

 
f0176387_13321662.png



 この「越後上布と小千谷縮」は、実は ユネスコ文化遺産に、そして国の重要無形文化財にも
 指定されている、伝統工芸品です。


 その歴史は1200年まえから、奈良の正倉院にもおさめられており、日本国内の麻織物としては
 確認されている、最古のものだそうです。


 その後、歴史を越えて脈々と引き継がれてきました。



 特に、冬場に 「雪に布を晒す」 風景は、新潟では冬の風物詩となっているそうです。
 
f0176387_13371033.png



 また越後上布を「意図的に縮ませた」小千谷縮は、夏の着物の上等品として、
 日本文化のなかでいきてきましたが、洋服文化の到来とともに段々と
 活躍の場が失われてきました。


 ですので、本当に伝統工芸品として細々とやってきた昨今ですが、
 小千谷市全体としての試みとして、新たな商品群を開発・販売してきています。


 我々も3年程まえから気に留めており、今回縁あって、マルタ店内にて2か月間ご紹介させていただく
 運びになりました。


 現在、道路側VPでご紹介中ですが
 
f0176387_1573546.jpg


 バックやのれん、テーブルランナー、帽子など色々です。

 
f0176387_15114654.jpg


 
f0176387_1512214.jpg


 
f0176387_1631614.jpg

 
 

 まずはご覧ください。
























 

by imaruta | 2013-06-24 16:03 | ◎スタッフの独り言◎

食す


 <富士市のカーテン・インテリア専門店 マルタのブログです>

 先日K君が栽培・収穫したナスは・・・


 
f0176387_1232319.jpg
 

 パスタの具になりました!


 皮が少しかためでしたが、しっかりしていておいしかったです。



 次はYちゃん栽培の「ミニトマト」がそろそろですので、楽しみです。

by imaruta | 2013-06-23 12:01 | K君とYちゃん、家族。

収穫・・


 <富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです>


 長男K君が細々と育てていた「茄子」がようやく実を結びました。


 
f0176387_23222576.jpg



 寝起きのままでベランダに出て、ハサミをもって早速、収穫。
 
 
f0176387_2323979.jpg


 ボーッとした状態であいたが、「写真とるよ!」というと何気に「ポーズ!」
 
f0176387_2323587.jpg


 実をつけたのは1つだけ。まだ小さな実や花がさいていますので、
 まだこれからも収穫できるのではないでしょうか。

 テーブルの上に置いてみたら、意外とBIG! でした。
 
f0176387_2325211.jpg




 ミニトマトを育てているYちゃん、少し色づいてきてはいるものの、
 まだ収穫のタイミングではない。

 
f0176387_232774.jpg


 刈り取っているK君に対しては無言、敢えて「無関心」を装って「悔しさを噛みしめている」状態か?






 戦いはこれから。






















 

by imaruta | 2013-06-22 23:30 | K君とYちゃん、家族。

収穫・・


 <富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです>


 長男K君が細々と育てていた「茄子」がようやく実を結びました。


 
f0176387_23222576.jpg



 寝起きのままでベランダに出て、ハサミをもって早速、収穫。
 
 
f0176387_2323979.jpg


 ボーッとした状態であいたが、「写真とるよ!」というと何気に「ポーズ!」
 
f0176387_2323587.jpg


 実をつけたのは1つだけ。まだ小さな実や花がさいていますので、
 まだこれからも収穫できるのではないでしょうか。

 テーブルの上に置いてみたら、意外とBIG! でした。
 
f0176387_2325211.jpg




 ミニトマトを育てているYちゃん、少し色づいてきてはいるものの、
 まだ収穫のタイミングではない。

 
f0176387_232774.jpg


 刈り取っているK君に対しては無言、敢えて「無関心」を装って「悔しさを噛みしめている」状態か?






 戦いはこれから。






















 

by imaruta | 2013-06-22 23:30 | K君とYちゃん、家族。

沼津市原の菓子工房ハニーサックル・・美味しそう。


 <富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです>


 沼津市原のS邸にお取付に行った帰りに、気になるお店を見つけました。

 
f0176387_2346125.jpg
 

 「菓子工房ハニーサックル」というお店でしたが、今回は入口にあったパンを買ってみました。
 
f0176387_23583543.jpg


 今日は子供達もいないため、ケーキだとたべる時間が?と思い、今回な
 パンにしたのですが、本当はケーキのほうがおいしそうでした。

 
f0176387_235968.jpg


 
f0176387_23592266.jpg


 
f0176387_23593812.jpg


 しかも昨今「500円」とか「700円」とかいうケーキやタルトが蔓延する中、
 このボリュームで400円そこそことは「安い!」と思いました。(食べてませんが・・)

 でもそんな雰囲気がビンビン伝わってくるお店でした。
 

 調べてみると、このエリアでは昔からのお店だそうで、
 
f0176387_022421.jpg

 
 この佇まいだとちょっと「素通り」しちゃいそうですが、最近リニューアルして



 こんな感じに変わりました・・

 
f0176387_032351.jpg


 
f0176387_034156.jpg




 パンを食べるのが、とても楽しみです。


























 

by imaruta | 2013-06-21 23:42 | ◎スタッフの独り言◎

アスワン 展示会に行ってきました


 <富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです>


 本日 手織絨毯やラグ&カーペット、カーテンなどでお世話になっているアスワンの展示会に
 伺わせていただきました。

 秋冬の展示会でしたが、今回はカーペット関連の提案・展示が充実していました。
 特に 色目が少しアンティーク風なものや、昨年からの継続で「ギャッベ柄系」の拡大
 そしてイランギャッベをインドで綺麗に作る戦略商品、そしてYESカーペット、ムートンなど
 見どころ一杯!の展示会でした。


 特にギャベ柄系は充実。 デザインや価格帯を含め、バリエーション豊富に揃えていました。
 
f0176387_2121759.jpg


 
f0176387_2124153.jpg


 
f0176387_2125841.jpg


 インポート商品は、やはり円安の影響で10%程度値上がりしていました。
 アベノミクスの功罪? どちらでしょうか、心配されるところです。
 

 但し、価格帯も含めて多彩なバリエーションを用意している所は素晴らしく、
 できれば9月に大々的に紹介・展開したいなあと感じました。




 また1cm刻みでオーダーできる人気のYESカーペット。

 今回は「びっくりするほど汚れが落ちる」PTT繊維のカーペットや、
 
f0176387_217183.jpg


 人気のメリノウールのカーペットに子羊の毛を混合した、新たなウールカーペットも登場。
 今年の冬の人気商品になりそうです。


 また世界に6台しか織機がない<アキスミンスターカーペット>。
 
f0176387_2183549.jpg

 30色以上の糸を組み合わせて製作されるカーペットは他の製品と比べると、
 その色の奥行きの素晴らしさはず抜けています。

 アキスミンスターカーペットにも2種類の織機があるそうですが、一般的な織機だと
 10~12色の糸で織られるのですが、この織機が30色とすると手間もかかかり、
 趣のある商品が出来上がっておりました。

 柄のリピートも大きく、敷いた時に広く見える工夫もされています。


 是非、オススメしたい商品ですね。





 冬の必需品、<ムートン>。 今年の新商品は「家庭で洗えるムートン」。 

 
f0176387_21143340.jpg


 ムートンは通常はクリーニングでメンテナンスしないと、革が縮んでしまうのですが、
 新しいムートンは、本来は「介護用」に開発されたものだそうです。

 すぐに洗わなければならないケースの多い介護用品。
 ムートンは無数の毛で体重を支えるので、高齢者向きの商品でありますが、 
 「洗濯ができるかどうか」が大きなカギでしたが、数年前に開発されたこの新ムートンは
 介護業界でも認知され、その実績をバックに今回登場したようです。

 これも冬のオススメ商品になると思います。



 とにかく、色々な商品を見せていただき、お腹いっぱいになってしまいました。


 ありがとうございました。

by imaruta | 2013-06-19 21:19 | ◎スタッフの独り言◎

またまたフジエテキスタイルのタフタ。  


 <富士市のカーテン・インテリア専門店のマルタです>


 本日お取付に伺ったお客様。

 最初からベルギー製のタフタを気にいっていただき、何度もお店に来ていただき、
 生地もお貸出しをさせていただき、最後はサイズを測りながらの生地合わせをして
 最終的にきめていただきました。

  
f0176387_22461677.jpg



 沢山のファブリックの中から1つのファブリックを決めるのは、とても難しいこと。
 「無難」な生地ならともかく、「チャレンジング」な生地を選ぶのは
 ある意味、勇気のいることです。


 だって一度つけたら10年ぐらい変えないことは「ざら」なので、
 失敗したくはありません。

 そのなかでこのタフタを最終的に選ばれたお客様のセンスに感謝します。



 もちろん、サイズを測りながら、現場の雰囲気を見て「これなら凄く似合います」と
 アドバイスをさせていただきましたが、それはその時点までその生地が候補に
 残っていたからこそ。

 普通、あんまり残っていません。




 で、こんな感じになりました・・・


 
f0176387_22505127.jpg


 
f0176387_22511794.jpg


 
f0176387_22514356.jpg



 LDKには3つの窓があります。

 ① 大きな掃出窓
 ② 出窓
 ③ コンパクトな腰窓 の3つです。


 「どうしてもフロントレースがしたい!」という強い希望で、手前に無地ですが、微妙な光沢感の美しい
 レースを手前にして、バックにタフタを配置しました。

 でも出窓ではフロントレースは無理。出窓のカーブレールにはレースをかけ、
 出窓の上についた装飾レールにはタフタを掛ける、一般的な掛け方。



 ・・つまり 隣あう掃出窓と出窓では、カーテンとレースの掛け方が異なっているのです。

   
f0176387_2341374.jpg


 
 
f0176387_2312630.jpg


 更に、掃出窓と出窓のタフタは「遮光の裏地」をつけましたが、
 腰窓には、あえて裏地をつけませんでした。


 すると、その窓だけから光が取り込まれ、、なんだかステンドグラス風に見えちゃったりして・・




 そんな「アンバランス」がとっても素敵に感じられました。





























 

by imaruta | 2013-06-18 23:04 | ★施工現場行って来ました