<   2014年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

沼津のK様邸 SASAWASHIとフジエテキスタイル


 <富士市のカーテン・インテリア専門店 マルタのブログです>



 沼津市のK様邸 取付にお伺いしました


 K様邸はどんな住宅なの? と問われても
 実はうまく口頭では説明しにくい住まい。


 平らな空間ではなく、
 LDK、和室、洋室、ベランダ、そして駐車場が
 個性的に配置された住宅。


 部屋を移ると同じ家ではなく、全く別の家に来たような、
 そんなことを感じさせる住宅なのです・・


 ・・うまく言えませんが




 ですので、部屋ごとに雰囲気も異なり、
 必然的に窓廻りのアイテムも異なるご提案をさせていただきました。



 駐車場と玄関の間の空間を抜け、庭を通った先にデッキとLDKが。

 
f0176387_6533463.jpg



 大きな掃出窓2つと出窓・腰窓には
 SASAWASHIのシャープシェードを。

 
f0176387_6544378.jpg



 
f0176387_6551398.jpg



 何度もご紹介しているSASAWASHIですが、
 この差材は他のファブリックにはない、多くの機能性を備えています

 ① 高いUVカット率 ~95%以上のUVカット、日焼けしにくい
 ② 高い断熱性 ~夏の暑さを遮り、冬の暖気を外に逃がさない
 ③ ホコリが付きにくい ~毛羽がないのでホコリが付きにくい
 ④ 高い吸湿性 ~梅雨時に室内の湿気を吸収
 ⑤ 高い抗菌・抗臭効果



 そしてなんといっても光をぼんやりと透過させる、その質感。


 他ではまねできない、柔らかな空間を創り出す素材です。




 一方、欠点は吸湿性のよさから手の脂などを吸い込みやすいこと。


 ですので手で開け閉めするカーテンスタイルは
 あまりオススメしておりません。


 でもシェードであればチェーンを操作するだけなので、
 SASAWASHIに触れることはほとんどありませんので、
 全く問題ありません。



 もう一つは、湿気を吸収することで拡縮すること。
 カーテンだと5cmぐらいの差がでる場合もあります。

 しかしシェードはヒモで吊って長さをキープしているので、
 長くなることはなく、全体として少しだぶつく程度、
 気にはなりません。




 「1枚だけで寒くないのか?」とのお問い合わせもありますが、
 今まで納めさせていただいた方からは
 逆に「1枚で十分!」 と。


 高い断熱性の効果なのです。






 

 一方、和室・広縁にはスダレ調のロールスクリーンを。
 
 
f0176387_774613.jpg



 
f0176387_782336.jpg


 
 こちらも適度な光の入り方、色合いもバッチリでした。

 ・・なんだか高級旅館にきているような気分になります。


 あわせてお求めいただいたKAZAMAの籐椅子も
 はまりすぎるほどはまっています!


 
f0176387_7101532.jpg

 




 2階の寝室には フジエテキスタイルの新しい遮光カーテンを。

 
f0176387_7125980.jpg


 写真を撮りましたがあまりうまくとれていなかったので
 フジエテキスタイルのカタログの写真ですが、
 でも 実際もこんな雰囲気です。


 
f0176387_7143045.jpg



 遮光カーテンというと、ツルツルしてたり、
 暗~い感じのものが多いのですが、
 このファブリックは表面がウーリータッチで
 見た目も手触りも柔らかい。


 しかも色合いも暗っぽくなく、でも落ち着いたトーンなのです。




 K様邸に納めさせていただいたカラーはLA。

 ライラックのような、紫系の色で、小さなサンプルで見ると
 「ちょっと紫しちゃってるかな?」と思いがちですが
 ヒダを取って、カーテンに仕立てて、レールにかけた姿は
 カタログ写真のよう、素敵でした。




 K様もとても気に入っていただいた様子、嬉しいですね。






 これからもよろしくお願いいたします。
















 

by imaruta | 2014-03-28 06:38 | ★施工現場行って来ました

輸入壁紙walpa store 壁紙の力は凄い!

富士市のカーテン、インテリア専門店マルタのブログです。

恵比寿にある輸入壁紙ショップのwalpaに行ってきました

f0176387_23333118.jpg



サンゲツなどの国産壁紙では見られない、ダイナミックな、
アドバンスな柄がいっぱい。

ドキドキするようなショップでした。

f0176387_2335495.jpg


f0176387_23352986.jpg


デザインや素材感も特徴的なのですが、
フリースと呼ばれる不織布の裏のクロスは、
今貼ってあるクロスの上から貼ることが割と簡単に
できることがポイント。

剥がすのも意外と簡単で、しかも下地を痛めにくいので
賃貸物件にも適応可能なのです。

新しいインテリアエレメントになるでしょう。

というか、既になっています。

職人技で貼るクロスとは、考え方が違うのです。

長くもたせる なんて考えではありません。
簡単に貼れて剥がせるのだから、
気分によってどんどん変えられることがメリット。
長く持たなくてもいいんです。

同じ壁紙でも、今までの壁紙は住宅の資材であったのが、
このクロスは資材というよりファッションインテリアの
グループの一つなのだと思います。

注目です。

by imaruta | 2014-03-25 23:28 | ◎スタッフの独り言◎

SASAWASHI(ささ和紙)の糸井社長、マルタ来店


 富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです

 本日、SASAWASHIの社長がマルタに。
 
 
f0176387_753841.jpg



 
f0176387_711412.jpg



 年に3~4回程度、弊社に寄って頂き、新商品の話、
 イベントの話などをさせていただき、共通認識を高めています。


 今回はそろそろ出来上がってきた「春の新作」と新カタログ。

 
f0176387_772089.jpg


 

 特に良かったのは「靴下」。
 
 
f0176387_775912.jpg



 今までは無地だけでしたが、ちょっとファッションぽい感じ。
 足ざわりも結構、イイです。 さすが!

 
 UVがキツくなる季節には大人気の帽子も改良が加わり、
 より使いやすく、よりファッショナブルに。

 
f0176387_794478.jpg


 新色も増えました。



 その後、SASAWASHIのシャープシェードをたくさん納めさせて
 いただいた富士木材さんの新しいショールームへ。

 
f0176387_711773.jpg



 毎月テーマを決めて、暮らしを豊かに、そして楽しくするイベントを
 開催しています。 

 先日も鳥仙珈琲さんの「珈琲教室」が開催されたましたが、
 その背景にもシッカリ、SASAWASHIのシェードが。

 
f0176387_71421100.jpg


 
f0176387_7143560.jpg



 うっすらと光の入るスタイルはSASAWASHIならでは。


  UVカット95%以上で日焼けを防ぎ、
 
  断熱性の高さから夏の暑さを防ぎ、
  冬の室内の暖気をそとに逃がさない

  また毛羽がないので、ホコリが付きにくい

  室内の湿気を吸収する高い吸湿性

  ・・ ECOな生活にはもってこいの素材なのです。




 5月末~6月くらいにSASAWASHIのイベントを
 やらせていただく予定です。


 

by imaruta | 2014-03-24 07:02 | ◎スタッフの独り言◎

「本の逆襲」


 富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです



 昨日、「本の逆襲」という本を読みました。

 
f0176387_190648.jpg




 ブックコーディネーターの内沼晋太郎氏の本です。

 
f0176387_19162684.jpg




 内沼氏は下北沢で「B&B」という新刊本の店舗を経営。

 
f0176387_1917239.jpg



 
f0176387_19172585.jpg

 

 そこでは毎日イベントがあり、

 
f0176387_19215639.jpg

 
 ビールを飲みながら本を見たり
 買ったりでき、更に本を並べてあるアンティーク家具も
 販売しているそうです。

 一度、行ってみたいお店の一つです。 


 で、過去にやったイベントがこれまたとってもユニーク。



 「文庫本葉書」は文庫本が中身が見えないクラフト紙にはいっていて、
 外に小説のワンフレーズだけが書いてある。

 
f0176387_19222641.jpg

 

 中身を見ずに、そのセンテンスだけで購入したり、
 誰かに送ったりできるという仕掛け。 

 



 

 もう一つは「文庫本セット」。

 
f0176387_19225877.jpg


 
 青山のスパイラルカフェで、月替わりで5タイトルずつの文庫本と
 ドリンクがセットになったメニュー。


 「3番の文庫本とアイスコーヒーのセットくださ~い」みたいな・・。 





 イメージ力をためされるような仕掛けが、お客様の心を動かす。  



 

 ・・・ 何かのヒントになりそうだ。

by imaruta | 2014-03-20 19:25 | ◎スタッフの独り言◎

Yちゃん、算数パズルに挑戦!


TVでやっていた宮本算数教室の宮本哲也著「賢くなるパズル」。

 
f0176387_21513314.jpg


ルールは ①図のマスに数字を1つずつ入れる 
       ②どの列(縦・横とも)違う数字がはいる 
       ③ 太線で囲まれたブロック数の和になるように配置する・

  です。 



長男よりも妹のほうが
「面白い!面白い!」といってガンガンやっていました。 


 
f0176387_21521979.jpg


「勉強は楽しければ勝手にやる」「問題を解くことよりも頭をフル回転
させる」と書いてありましたが、見てるとそんな感じがしました。 

あっという間に3分の2が終わってしまい、次のレベルをやりたがる妹

・・ 珍しい。

いつも勉強すると頭がいたくなってしまうので。



向いているかもしれない・・

by imaruta | 2014-03-18 21:49 | K君とYちゃん、家族。

カリスマバイヤー 藤巻 幸夫氏 急逝


 <富士市のカーテン・インテリアの専門店マルタのブログです>



 伊勢丹時代の先輩、藤巻 幸夫氏が急逝しました。


 
f0176387_1816965.jpg



  昨年東京ビックサイトで偶然お会いした藤巻さん。

  相変わらずのダミ声で、すぐに気が付いた。
  名刺交換をしたあとで、会場内に三々五々。



  そして最近 「結いの党」のハガキが着いた。

  
f0176387_18195928.jpg


  相変わらず、タフに動いているなあと思っていた矢先の訃報・・

  

  私は伊勢丹時代に婦人服飾雑貨に在籍していたので
  直接、同じ部署にいたことはありません。



  自分はハンドバックや婦人靴のバイヤー、
  一方、藤巻さんはアパレルのバイヤー。
 
  

  でも同じファッションの分野だったので、
  展示会のシーズンが重なることがあり、
  海外出張の時にミラノやパリの常宿で何度か
  食事を御一緒させていただきました。 



  
  その時も、またお買い場であった時も
 

  「自分がやりたいことをやればいいんだよ」
 
 
 いつもいつも、繰り返しいっていました。 





  ・・今、自分はやりたいことをやれているのだろうか。

    改めて考えさせられた・・・。




  また在職中にもいっていて、その後 本などにも書かれていたことで
  印象深い話としては ・・・

  「本」。




 「本」という言葉を大事にしてほしい。

 
 藤巻氏、曰く

 ・・ 本のつく字を意識するんです。
 

 「本心」、「本質」、「本物」、「本流」、「本筋」、「本気」、「本能」…。
 

 これを頭に置いて生きていく。

 実際、僕が魅力的だと思うのは、「本」のつく人です。

 人の採用もそうやって行ってきた。

 その人がどんな人なのかは、目と声を見ればわかるんです。

 そこに本心があるから。すべては目と声に出る。





 まさに本質を突いた言葉だからこそ、心に残る。



 今の自分、本気だろうか?

 



 
 ・・・心に生きつづける人ですね。



 
 ありがとうございました。

by imaruta | 2014-03-16 18:12 | ◎スタッフの独り言◎

バレンタインのお返し


 富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです


 ママからもらったバレンタインのお返しを朝から作るK君。

 メニューは勿論、チョコレートケーキ。


 暮らしの手帖のバックナンバーから探してきての製作。
 
f0176387_1948986.jpg


 
 タイヨーで買い出しを済ませ、早速スタート!

 
f0176387_21303414.jpg


 
f0176387_2131738.jpg



 
 デザートだけでなく、夕食のお好み焼きも!

 
f0176387_21315865.jpg



 2種のお好み焼きをたらふく食べた後で、ようやくデザートへ。
 
 
f0176387_21325533.jpg



 しっとりとして、味も本当に美味しい! どうした!K君。

 
f0176387_21334253.jpg


 
f0176387_2134136.jpg


 
 切り口を見ると、その美味しさが見えますよ!

 
f0176387_21355092.jpg


 ・・なんにも仕事をしていないYちゃんがチラリと・・




  カットして最初にケーキをサーブするのもママ、
 
  ロイヤルコペンハーゲンのカップに紅茶をいれて
  あげるのもママが一番先に!




   いつまでママ好きが続くのか! 小学5年生!






  それはそうと、とっても美味しいケーキでした。


 

by imaruta | 2014-03-15 19:45 | K君とYちゃん、家族。

K君、新車納入。


 <富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです>


 



 4月から6年生になるK君。


 いつのまにか大きくなりました。
 学年だけでなく、身長も、そして体重も大きくなりました。

 
 最近週末に我が家に来る友達の自転車と比べると、
 K君の自転車はひときわ小さく、そしてK君が乗ると
 アンバランスこの上ないことが最近ようやく気が付いた私です。

 
 そういえば、自転車ってまだ2台目。


 1台目は無印良品で。 「1号イエロー」

 
f0176387_19141522.jpg



 幼稚園時代から低学年まで、結構乗りました。
 乗りすぎて汚くなったせいか、妹のYちゃんは見向きもしません。



 3年生のはじめくらいに、現在の「2号レッド」。

 
f0176387_19154936.jpg


 1号イエローは駐車場程度でしたが、2号レッドは学校区内で
 ビュンビュン乗り回しておりました。

 そして最近パンク!


 「パンク直すんだったら新しいのを買ったほうがいい」



 と言っておきながら、なかなか買い換えが進まず、
 その間友達の自転車の後ろを走っていたとのこと・・






 さすがに、マズイ・・






 ということで、ようやく購入。




 今度は 「3号ブルー」。

 
f0176387_19192228.jpg




 ニッコニコで乗り回しています。


 
f0176387_19195127.jpg


 
f0176387_1920693.jpg




 でも自転車屋さんに聞くと、

 「中学生はみんなママチャリですよ!」 とのこと。


 ・・自転車通学するわけじゃないから、中学時代もこれでお願いします!



 


 遅くなって、ゴメンナサイネ、K君。



















 

by imaruta | 2014-03-12 19:24 | K君とYちゃん、家族。

カーペットのサイズ 160×240cm OR 200×250cm


 <富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです>



  只今、春のSALE 開催中!




  今回 1番人気があるのはやはり 「ラグ&カーペット」 。

  気分を変えるのは足元から・・ということで・・。


 そこでよくアドバイスを求められるのが 「サイズ」 です・
  
 
f0176387_18291117.jpg



 ベルギーなどのインポートカーペットでよくあるサイズ、
 よくでるサイズは <160×230cm> 約3.7㎡ と
 <200×250cm> 約5㎡です。



 いわゆる江戸間の3畳の大きさが<176×261cm> 約4.6㎡。


 
 つまり 160×230cmは3畳よりちょっと小さめ。

 そして 200×250cmは 3畳よりちょっと大きめ。


 
 
f0176387_1830799.jpg




 
 160×230cmは、基本的にアクセントラグなので、
 ソファの前にアクセントとして敷くにはちょうどいいサイズ、バランスもいいです。

 
f0176387_18363590.jpg


 でもそこにテーブルを置くと、けっこうスペースが小さくなります。
 また子供とゴロゴロするとなると、幼稚園ぐらいではいいのですが、
 小学生になってくると、キツくなってきます。




 200×250cmは160×240cmよりも巾も奥行きも広いサイズ。

 
f0176387_18365329.jpg


 カーペットの上でゴロゴロしたい・・という方にはこのサイズ。

 子供達とも遊べます。



 「自分はどっち派なのか?」でサイズは割と決まってくるのです。 003.gif




















 

by imaruta | 2014-03-10 18:36 | ◎スタッフの独り言◎ | Comments(0)

最高の寝心地を~日本ベッドのビーズポケットマットレス


 <富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです>


 3月7日から「春のSALE」。


 その目玉品の1つが 「日本ベッド ノルディ シングルサイス」です。
 
 
f0176387_13103424.jpg


 展示商品処分のため、大幅プライスダウンでご案内しております。

 

 日本ベッドは 「知る人ぞ知るベッドメーカー」 。

 あまり広告宣伝をしておりませんし、家具屋さんでもあまり
 展示をしていないので、一般の方への認知度は低いのですが、
 一流ホテル・外資系ホテル、更には皇族の方、イチローなどの
 スポーツ選手がお使いになっております。


 ベッドメーカー・・ですが元々マットレスメーカーなので、
 マットレスに対するこだわりは他の追従を許しません。

 ポケットコイルの数も日本一。
 シルキーポケットマットレスは1200個、
 ビーズポケットマットレスでも726個。
 
 数が多いほど「点で支える」ので細かいサポートが可能です。

 でも数が多いだけで、すぐにヘタってしまうのでは
 元もこうもありません。


 そこが日本ベッドの素晴らしさ。



 コイルを全て熱処理加工をすることによって、耐久性を
 アップさせています。ぐるりとまわして作るコイルは
 どうしても外側に小さなヒビのようなものができやすいのですが、
 それをカバーするために熱処理加工をして強化しているのです。


 ・・・こんなことをやっているのは日本ベッドくらいです。



 ・・マットレス屋さんですからね、ハンパないっす!





 今回はシングルサイズの展示品処分となります。



 本体は<ノルディ>というベーシックタイプ、引き出しはついていません。

 サイズは W100×L203×H62×SH48  税抜価格 ¥100,000です。


 
 マットレスは ビーズポケット7260X。 726個のポケットコイル。

 
 サイズはW98×L195×H24cm  税込価格 ¥110,000です。
 
 



 今回、展示品の処分ですが、


 更に商品移動時についてしまったキズがあるため・・

 
f0176387_13283320.jpg




 大幅プライスダウン!!


 です。  




 お値段はお問い合わせください。

 
 ちなみに通常最大割引10%OFFですが、 今回は・・・
  

by imaruta | 2014-03-10 13:30 | ◎スタッフの独り言◎