人気ブログランキング |

<   2014年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

フランスのファブリックは「日本名」。


 <富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです>



  フランスのカサマンスのディフュージョンブランド<CAMENGO>。


 
f0176387_17285220.jpg




 その多数のコレクションの中で、マルタで最も選んでいただく
 確率が高い生地が 「YUMIKO(ユミコ」というブック。

 
f0176387_1720315.jpg



 シルクに贅沢に刺繍をしたファブリックで、とても豪華な、
 そして素敵さのあるファブリックなのです。

 

 この大きな柄だけでなく、もう1周り小さい柄もあり

 
f0176387_17213839.jpg


 このサイズのほうがカーテンにも、クッションにも使いやすいのです。



 でも今回 S様がお選びいただいたのは、大きめの柄。

 
f0176387_17225248.jpg



 40㎡以上の大きなLDK。

 小さな柄よりこっちのほうが映えると思います。


 色もグレー系なのでうるさすぎず、隣の和室との関係もOKだと思います。







 ・・ で、こんな素敵なファブリックブック。


   6種のデザインがコーディネートされたブックなのですが、

   


   その名前が

   
   Hana(ハナ) Sakura(サクラ) Tsubomi(ツボミ) 

   Hinata(ヒナタ) Hikari(ヒカリ) Tsuki(ツキ) 




   なんだ! 日本語じゃん!



 
  フランス人が日本をイメージしながらデザインされたのでしょう。




  だから マルタではこのコレクションを選んでいただけるのでしょうか。


  それとも気のせいでしょうか ・・・

by imaruta | 2014-07-22 17:34 | ◎スタッフの独り言◎

沼津のK様邸。 1階はシックに、2階はカラフルに。


 <富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです>

 
 沼津のK様邸。



 1階はリビングと寝室。
 シックにまとめました。

 ・・でも写真が撮れなかったので、フジエテキスタイルのカタログ
   写真でお伝えを。


 リビングは、やっぱり人気のこのファブリック。

 
f0176387_22154472.jpg



 このレースを前にした「フロントレーススタイル」。

 バックには光沢のあるブラウン系の遮光カーテンを。




 隣の寝室には、ザックリした感覚が新しい遮光のファブリック。

 
f0176387_22172681.jpg


 
 
f0176387_221754100.jpg



 このファブリックをシェードスタイルにし、
 枠内にはブルーのレースをコーディネート。

 
 ご主人、この色合い、とっても気に入っていただきました。




 そんなシックは1階とは異なり、2階は明るく楽しい部屋作り。


 
f0176387_22194090.jpg



 
f0176387_2220436.jpg



 
f0176387_22203366.jpg




 同じ部屋に同じ柄のファブリックの色違いを、
 カーテンスタイルとシェードスタイルで。


 部屋にリズムが生まれ、とても楽しい子供部屋が。



 更に、白系のカーテン・シェードと オレンジ系のカーテン・シェード、
 実はサイズが全く同じなので、入れ替えることもできるのです。


 今は 
 <白シェード→白カーテン→オレンジカーテン→オレンジシェード> 
 ですが、

 色を混ぜてしまって
 <白シェード→オレンジカーテン→白カーテン→オレンジシェード>
 ということも可能なのです。


 これまた面白い。























 

by imaruta | 2014-07-21 22:25 | ★施工現場行って来ました

伝法のS様邸。 自然素材の香り漂う住まいのカーテンは?


 <富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです>

 
 伝法のS様邸。


 ヒノキの床と塗り壁で、自然素材の漂う住まいです。

 

 その住まいの窓を飾るカーテンはやっぱり「天然素材」でしょ・・

 でも洗濯したりしたいし、伸びたり縮んだりしたりするのは
 ちょっと・・




 そこでオススメは「天然素材ライク」なレース。



 
f0176387_2133316.jpg


 
f0176387_21332173.jpg



 ・・実は素材はポリエステル。

   でも見た感じは「麻ライク」なファブリックです。



 それに合わせたカーテンはこちら。

 
f0176387_21342622.jpg


 
f0176387_2134503.jpg




 

 実際の現場は あまり写真はうまく撮れませんでしたが、
 雰囲気はバッチリでした。


 
f0176387_2135495.jpg




 寝室にはバンブーブラインドでしたが、

 掃出し窓には「SASAWASHI」・・の予定です。



 西日がキツい窓には、断熱性に優れるSASAWASHIが一番!


 しかも、天然素材ですから!  
 

 

by imaruta | 2014-07-20 21:28 | ★施工現場行って来ました

久しぶりのブログになってしまいました。またまた軒スダレネタ


 <富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです>


 ビールが美味しい季節になったせいか、帰宅後にビールを即、
 ゴクゴク飲んでしまい、そのまま寝てしまう日々が続いてしまった
 せいで、ブログ更新がおろそかになってしまいました。

 で、その中でも「軒スダレ」需要は堅調で、
 伝法のM様邸でも大工さんの造作をお願いしたうえで
 軒スダレを納めさせていただきました。

 
f0176387_21182125.jpg


 すず竹の軒スダレは細くて硬いスダレ。

 しかも「ちょっと味のあるタイプ」なのです。



 横割のT様邸でも、大工さんに造作をお願いしました。

 
 ・・そしたらとっても素敵な仕上がりで・・・

 
f0176387_21215367.jpg




 納品は25日以降、まだまだ暑い日が続きますので、
 早めに納めます。


 とても楽しみにしております。003.gif

















 

by imaruta | 2014-07-19 21:13 | ★施工現場行って来ました

軒スダレはどこで売っているの?


 <富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです>




 「軒スダレって、どこで売ってるのかわからなかったけど、
 マルタさんでやっていたのね!」


 
f0176387_137024.jpg


 今年はこんなお声を聴くことが多いのです。


 確かに一消費者として見た時、ホームセンター以外で
 どこで買ったらいいかわからないのではないでしょうか。



 ホームセンターには「軒スダレ」はありますが、蒲やよしなどの素材。
 汚れやすく、強度も強いわけではありません。

 「ちゃんとしたのが欲しい」という方にとっては、物足りないのです。




 弊社ではもう20年以上、簾や軒スダレを販売・施工しておりますので、
 環境にあった素材・サイズ・形をご提案しております。




 今回は半年ほど前にご新築し、弊社でカーテンを決めていただいたT様。

 
f0176387_1313377.jpg


 初めての「夏」を迎えるにあたって、やっぱり「軒スダレ」が。


 軒を見ると、つけることはできますが、

 
f0176387_132522.jpg




 軒先に木で造作して、そこにかけたほうが見た目もいいので、
 工務店の方にお願いいたしました。

 
 以前に造作をして、軒スダレを納めた事例ですが、
 サッシの上部くらいの位置まで降ろしてきて、
 そこにL型の釘を打ち、そこにかけています。

 
f0176387_1342784.jpg



 この形が一般的ですが、現代建築で軒がない場合、
 専用のブラケットをつけてスダレをかけることもできます。

 
f0176387_136557.jpg




 先ず現場を見させていただき、ご相談させていただきます。






 ご希望の方、  「暑くなる前に」 お声かけ下さい。


by imaruta | 2014-07-04 12:53 | ★施工現場行って来ました

フジエテキスタイル FA6613と遮熱レースPF1705


 <富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです>


  
  リビングとダイニングに挟まれたセカンドリビング的はお部屋。


  そのお部屋のカーテンの架け替えをご依頼いただきました。



  


  今まではJABのストライプのカーテン。

  オレンジとイエローを太いストライプとブラインの細いストライプを
  組み合わせたプリントでした。

  染色がいいのか、20年以上お使いいただいていても
  色目が褪せておらず、まだまだ使えるくらいの状態です。

 
  でも「そろそろさすがに雰囲気を変えたい」ということと、
 
  夏の暑さ対策を含めての「掛け替え」となりました。




  メインのドレープ生地はフジエテキスタイルのFA6613.

  
f0176387_12421427.jpg
  


  色によって全く印象がことなりますが、 今回S様がお選びになったのは
  ベースはライトグレー系、そして柄はライドブルーの枝葉柄。

  
f0176387_12441329.jpg




  濃いカラーの床材、壁は塗り壁でベージュ系のお部屋にかけると
  枝葉のブルーがとっても素敵に見えると思います。

  地色のグレーと壁の相性もよく、全体としてはシックリ馴染むでしょう。




  一方、レースは今まで麻100%の無地をお使いいただいて
  おりましたが、今回は「遮熱効果」をということで、
  フジエテキスタイルの遮熱レースを。


  
f0176387_12475650.jpg




  この遮熱レースは弊社で 「イチオシ」 しているのですが、
  一般的に販売されている遮熱レースのデメリット
  ① 窓側がビカビカしている
  ② 生地が硬い
  ③ 室内から外が見えにくい

  という要素を全く感じさせない、遮熱レースなのです。




  柔らかく、しなやかで、中から外も見えて、シワ加工がしてあるので
  ソフトな印象。 更に無地調なのでどんなカーテンにも合いやすく、
  しかもウォッシャブルなのです。




  この組み合わせ、いいと思います。









  お届けが楽しみです。

























  

by imaruta | 2014-07-03 12:36 | ★施工現場行って来ました

植木もファッション! ファッショナブルプランツ。


富士市のカーテン インテリア専門店 マルタのブログです。

〈...andgreen〉さんに行ってきました。

f0176387_1850434.jpg

まだお店はオープンしていないのですが、
ご主人がガーデンデザインと植木を、
奥様がジュエリーデザインをされているのですが、
どちらもとてもセンスがよく、素敵な作品です。

f0176387_1846138.jpg


そこにある木々は珍しいものもありますが、
日本庭園や盆栽の世界ではよくある種類のものもあるのですが、
枝ぶりや鉢への植え方によって、
繊細でモダンな、ファッショナブルな植木〈プランツ〉へと昇華されているのです。

また 店内は白で統一されており、その白壁の前に並べられた木々たちは、
まるでアートのようにも見えるのです。

信じられないほど細くスーッと伸びた枝に
柔らかく、しなやかなグリーンの葉が新しさを感じます。

f0176387_18553844.jpg



f0176387_18561775.jpg



室内でも生育できる木々も多く、大小色々な種類が並べられています。






同じ店内には、奥様がデザイン;製作されたアクセサリーが。

f0176387_18592585.jpg



本来であれば、アクセサリーと木々が共存するって?な感じですが、
この空間においては全く不思議ではないのです。


何故 アイテム的はアンバランスなものが共存するのかといえば、
ご主人と奥様の〈感性の一致〉によるものに他なりません。




急な来店にも快く対応して頂き、ありがとうございました。



とても澄みやかな気持ちになれた、休日の午後でした。

by imaruta | 2014-07-02 19:04 | ◎スタッフの独り言◎