<   2015年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

フジエテキスタイルの新ブック「ワールドファブリック」が到着


 <富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです>



 先日行われたフジエテキスタイルの展示会「ワールドファブリック」。


 昨日 真新しい見本帳が送られてきました。



 店頭での展開は2月27日~の予定ですが、
 先駆けて25日 棚卸の日に(店は閉まっておりますが)
 道路側のVPスペースで2FACE展開する予定です。

 
f0176387_065845.jpg


 
 
f0176387_073015.jpg



 
f0176387_075265.jpg




 明るく、楽しいファブリック、
 そしてその背景には高度なテクニックが。


 
f0176387_082697.jpg



 
f0176387_09264.jpg





 ・・・・ 楽しみです。

by imaruta | 2015-02-18 18:01 | ◎スタッフの独り言◎

明るいリビングに!


 <富士市のカーテン&インテリアの専門店マルタのブログです>



 「明るく、楽しいリビングにしたい!」


 奥様のご希望がそうでした。



 色々とファブリックを見ていただいたり・・

 施工例を見ていただいたり・・

 カタログなどを見ていただく中で・・



 カラフルな無地のファブリックを組み合わせたスタイルに。


 
f0176387_12162010.jpg




 手前に柔らかな黄色のレースを両開きで、

 バックにはライトブルーのファブリックを枠内にシェードの


 「フロントレース×バックシェードスタイル」。






 通常のフロントレーススタイルは 手前に「デザインレース」、
 そしてバックに無地を合わせることが多いかと思います。

 
f0176387_12212568.jpg



 日中はバックのカーテンをたたんでデザインレースを楽しみ、
 夜にはバックのカーテンを閉めてデザインレースを裏打ちするような
 形となり、昼とは違った表情を出す・・

 というのが一般的。 昼の顔と夜の顔の2つがあるのです。



 一方、今回は「デザイン」がない、無地の生地。

 
 ・・面白くない ?




 いえいえ、使い方が違うのです。



 通常のように
 
 日中バックのシェードをたたみ、手前のレースは閉めた状態。

 そして夜はシェードを降ろして。


 ・・これだけではありません。


 ① 日中 シェードを少し下げて レースを閉める
 ② 日中 シェードを少し下げて レースを少し開ける
 ③ 日中 シェードを完全にあげて レースを全部閉める


 

 両方とも無地なので、組み合わせた時に色が混ざり合うのです。


 その混ざるバランスによって色の出方が変わるのが
 とっても楽しいです。



 一見、無地なので楽しくないかな・・と思いがちですが
 色の混ざり具合を楽しんでください。



 で、実際の施工例がこれ。
 (写真があまりうまくなく申し訳ありません)

 
f0176387_12302581.jpg



 
f0176387_12304280.jpg



 燦々と陽が照っている状態での見え方ですが、
 夕方 陽が弱まったころも また違って見えるのです。


 素敵ですよ。




 2階の子供部屋は
 デザインロールスクリーンとブルーのレースの組み合わせ。

 
f0176387_12323713.jpg


 
 
f0176387_12325724.jpg




 こちらの明るく、カワイイ ウィンドートリートメントです。


 とても気に入って頂けました。




 ありがとうございます。
















 

by imaruta | 2015-02-14 12:34 | ★施工現場行って来ました

休日


 <富士市のカーテン、インテリア専門店マルタのブログです>


 今日は店の休みと学校の休みが重なる「めったにない日」。



 子ども2人をどこかに連れて行ってあげたいなあと思っていたら、
 息子は「お誕生日会」だそうです。


 6年生男子で、誕生日会?

 でもとっても仲のいい証拠なので、いいことですね。
 

 ということで、娘と妻との3人で沼津方面へ。




 先ずは「沼津港深海水族館」。

 冷凍保存されたシーラカンスや「キモカワイイ」魚たちが一杯。


 
f0176387_2157078.jpg



 
f0176387_21571761.jpg



 
f0176387_21573842.jpg



 
f0176387_2158198.jpg



 
f0176387_21582585.jpg



 「値段が高い!」という評判もありましたが、 

 普通の水族館より1つ1つをじっくり見る(面白いので)ので、
 なかなか良かったです。


 Yちゃんも調子にのって・・


 
f0176387_2203014.jpg







 お茶をしに、ブルーウォーターへ。

 
f0176387_221677.jpg



 狩野川と香貫山を臨む場所に立つブルーウォーターは
 もう12年以上も沼津に続く名店。

 風景とインテリアと料理・スイーツ、そしてファッション。


 沼津にもこんなところがあるなんてと、
 一時はよく通っておりました。


 しかし昨年急に閉店、その後どうなっているだろうかと
 今日、尋ねてみたら、カフェだけがオープン。


 手前のアパレルスペースはガラーンとしていて、
 中に入っていいのか少し、ためらってしまいましたが
 川が見えるカフェスペースまでいくと「ブルーウォーター」。


 
f0176387_2273759.jpg



 少し安心して珈琲をいただきました。





 夜はどうしても食べたくて、

 「弥次喜多」へ。


 カキフライ定食 ¥1,300は 大・大満足!

 
f0176387_2284696.jpg



 味と新鮮さとボリュームが売りの「弥次喜多」ですが、
 このカキフライ、8cmくらいの大きさで驚くほどジューシー!

 しかも7~8個乗っているんですよ!!!



 気持ちが悪くなるほど、満腹になりました。




 今度は アジフライに。  これも絶品!



 子ども孝行のつもりが、自己満足の1日になってしまいました。














  

by imaruta | 2015-02-11 22:11 | K君とYちゃん、家族。

そろそろリネンの季節・・


 <富士市のカーテン・インテリア専門店 マルタのブログです>


 昨年10月からスタートした ヨーロピアンリネングッズ。


 
f0176387_10341979.jpg



 季節的なこともあり、スタート時は少し「抑え目」の展開でした。



 これから季節は春に向かっていくので、
 少しずつ増やしていきたいと思います。


 
 今回のリネングッズは リトアニアのリネンを使った商品。

 
f0176387_10353284.jpg



 イタリアやフランスなどのリネンを比べると、
 同じ亜麻を使った商品でも価格が全く異なります。


 しかも仕上げが「柔らかく、優しい」仕上げなので、
 アイロンをかけなくても問題ない、メンテナンスがラクなのです。


 
f0176387_10392992.jpg



 勿論、ご家庭の洗濯機で洗うことが可能です。
 一度ウォッシュしているので、あまり縮みません。


 
f0176387_1040545.jpg




 
f0176387_10403240.jpg




 是非 お立ち寄りください。

by imaruta | 2015-02-11 10:41 | ◎スタッフの独り言◎

静岡県東部で「ハグみじゅうたん」はマルタだけ!


 <富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです>


  昨年から展開しております「ハグみじゅうたん」。

  
f0176387_1238684.jpg


  お蔭様で本年も好調です。


  
  静岡県東部では マルタでしかお取扱いをしておりません。






  現物をみたい、  触ってみたい  


  そんな方は是非、マルタにお立ち寄りください。



  平織のリバーシブルタイプと、手触りシリーズを展開中です。



 そんな「ハグみじゅうたん」に

 「 じゅうたんの大切な七つの役割 」という文章が
    HPに掲載されています。


 意外とご存じない方もいらっしゃる、
 また誤解されている方もいらっしゃるので
 ご紹介させていただきます

 


 <その1> 一番の特徴は「ホコリを抑えつける

 フローリングは歩くたびにハウスダストが舞い上がり、その高さも1m以上
 舞い上がり、空気中に浮遊している時間も数十分かかるといわれて
 います。「1m」というと、小さなお子様の顔のあたりをハウスダストが
 舞っている・・そんな状況なのです。

 一方、じゅうたんはホコリをじゅうたんの表面に抑えつけ、舞い上がらせ
 にくくしているのです。 特殊カメラで撮影したものをみると、ひざ下くらい
 の高さしか舞い上がっていません。

 また海外では靴の生活でありながら絨毯を敷くのは、土ほこりが室内に
 舞いにくくする生活の知恵なのです。




 <その2> 気になる生活音を和らげてくれます



  厚みのあるじゅうたんは、気になる生活音を和らげるだけでなく、
  吸収してくれる効果があります。


  
f0176387_12582882.jpg

  
 
  ドタバタ遊びまわる音、 ダイニングチェアを引くときの音、
  ちょっと大き目なテレビのボリューム

  程よい厚さと毛の密度が高いじゅうたんは、
  遮音性と、音の吸収性に優れているのです。




 <その3> すべり止めの効果や衝撃などを和らげます


  
f0176387_1259012.jpg




  適度の厚みのあるじゅうたんは、フローリングなどの床材においても
  滑りにくくなっています。更にじゅうたんの下にスベリ止めのシートを
  しいていただくとより安心です。

  また適度な厚みが転倒時の衝撃や歩く音を吸収してくれます。

  ですので、高齢者やあかちゃん、ペットなどにも安心です。




 <その4> 光熱費の節約になる賢いじゅうたんの使い方



  適度な厚みのあるじゅうたんは、床からの冷気を遮断し、室温を
  一定に保つ働きがあります。 特に毛足のあるじゅうたんは、
  保温性もあり、断熱性もより一層高くなり、光熱費の節約に
  繋がります。

  特に冷え性の方はじゅうたんのあるなしで、お部屋の過ごし方が
  変わるかもしれません。

  また夏場はエアコンの涼しい風を外に逃がさない効果もあると
  言われていますので、年間通じての節約効果が期待できます。




 <その5> 床のキズ防止にも効果があります



 
f0176387_1361181.jpg



 
 お子さんがおもちゃで遊んでいたときのキズ
 ダイニングチェアを出し入れしてできたキズ
 モノを落とした時にできたキズ

 気にしていたらきりがありません。
 こういったキズの発生しやすい所にじゅうたんを
 敷くことで、床を保護することができます。

 特にウールのじゅうたんは化学繊維と異なり
 「蘇生性」が高く、置いたあとのキズも戻りやすく
 しかも丈夫で長持ちなのです。


 

 <その6> ゾーニング効果で狭い空間も少し広く感じさせます。



 
f0176387_1310894.jpg




 昨今はリビングダイニングの部屋が主流となってきています。
 
 仕切りのない1つの空間でも、リビングとダイニングと
 じゅうたんを敷き分けることで、フロアーゾーニングの
 効果ができ、視覚の錯覚で空間が広く見えます。

 また敷き分けることで、
 ここは居住空間、ここは生活空間と 自然と仕切りができ
 それぞれの空間の役割が明確になり、より適した空間に
 なります。




 <その7> お部屋の雰囲気を柔らかくします


 
 
f0176387_13162618.jpg



 無垢の床やフローリングのお部屋に「織物」の柔らかさを加えるだけで、
 室内の雰囲気が和らいだ、優しい空間になります。

 またモダンな無機質な大人の雰囲気のおへやにも
 リビングスペースだけにラグなどのじゅうたんを敷くことで
 アクセントをつけることもオススメです。

 じゅうたんがお部屋を占める割合は意外と多く、視覚的
 効果も高いので、敷き替えたり、方向を変えたりすることで
 お部屋の雰囲気もガラリと変わります。



 じゅうたんの持つ「7つの役割」をご理解い頂いたうえで
 ラグやじゅうたんを見ていただくと、
 素敵な出会いがあるかもしれません。



 是非、ご覧ください。





















 


 


 

by imaruta | 2015-02-10 13:27 | ◎スタッフの独り言◎

窓装飾プランナーの認定証とバッチが届きました。

<富士市のカーテン&インテリア専門店マルタのブログです>


 昨年 資格試験が行われ、合格をHP上で確認しましたが、
 その後  「認定証」なども送られてこなかったので
 あやうく忘れてしまう所でしたが、そんな気持ちの時
 突然のように送られてきました。

 
f0176387_1421974.jpg



 そもそも「窓装飾プランナー」って何?  
 
 て感じかと思いますので解説を。





 窓装飾プランナーとは、

 一般社団法人日本インテリアファブリックス協会が創設した資格です。




 カーテンやスクリーン、ブラインド、それぞれが持つ特徴を駆使して、
 装飾性はもちろんのこと、機能的にも最適な窓まわりをつくりだすことが
 窓装飾の目的です。

 そのためには窓装飾に関する深い知識とスキル、
 そして専門家ならではのセンスが求められます。

 さらに、建造物やインテリアの知識も備えている必要があります。


 窓装飾プランナー資格とは、このような幅広い知識とスキル
 センスをもとに最適な窓装飾を実現でき、お客さまが安心して
 窓装飾を依頼できる能力を有している人に与えられる資格
 と書かれています。




  実は今回が第1回で、どのような試験なのか、何を求められているのか 
  全くわからない中での試験でした。



  我々のような専門店の方をはじめ、インテリアコーディネーター、
  カーテンメーカーやレールメーカー、メカメーカー、
  その他 インテリア関連の方々が受験されたそうです。
 

  

  結果としては、

 2540名の方が受験し、699名の方が合格し(合格率27%)
 
 その内 250名程度がインテリア専門店・小売店関係者のようです。



 静岡県のインテリア専門店・小売関係者では、
 おそらく10名~15名程度ではないかと言われているらしいです。



 ・・・ 思ったより難関だったのにビックリしました。



 しかし試験内容を見ると「窓装飾プランナー」なのに

 カーペットや家具、壁紙などの中からの出題もあり、
 
 窓廻り関連のメカやレールなどの資材・製品などの問題が少なく、

 接客マナーなどの販売技術などが思ったより多かったです。



 ですので、レールメーカーさんやメカメーカーさんで
 かつ、営業ではない方にとっては厳しい試験だった
 のではないでしょうか。



 そういった意味では「網羅的」である専門店スタッフは、
 対応しやすかったのかもしれません。


 



 兎にも角にも、せっかく合格させていただいた資格ですので、
 自分たちの持つ知識やアイデア、ノウハウなどを
 余すことなくお客様に伝え、より満足度の高い関係性を
 築いていきたいと思います。

by imaruta | 2015-02-09 08:41 | ◎スタッフの独り言◎

会社っぽい「縦型ブラインド」をファッショナブルに!


 <富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです。>

 
  縦型ブラインドって、どうも「会社・事務所的」な感じ。

  
  
f0176387_12582767.jpg


  いくら「普通の住宅でも・・」といわれても、なかなかオススメできません。



  1つは、一般住宅であると「網戸」の状態にすることが多々あり、
  その時にどうしてもスラット(羽)がバタバタしてしまうのです。

  ですので、販売させていただくときは、しつこいくらいに確認して
  お渡ししております。

  
  そんな「バタバタ」をご理解いただいても、
  バーチカルブラインドはなんだか「会社っぽい」のです。



  
f0176387_12572689.jpg




 
 ・・ シンプルでいいんですけど、
  
   「無機質で、ちょっと冷たい感じ」はいがめません。









 でも、そんなデメリットを解消するようなスタイルもでてきました。


 
f0176387_1302864.jpg


 
 柄のスラットをアクセントに・・




 
f0176387_131239.jpg




 カラーを組み合わせて、セパレートで・・





 

 そして、言わずと知れた「クリエーションバウマン」

 
f0176387_1314625.jpg



 染み込むような、美しいグラデーション・・・








 柔らかさ、楽しさ、そしてファッション性を感じさせるアイテムとなります。




 



  


 

by imaruta | 2015-02-08 13:05 | ◎スタッフの独り言◎

遅まきながら、手織絨毯展のご報告。

 <富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです>


  1月24日~26日に3日間、恒例の「手織絨毯展」を開催しました。

  
f0176387_1453784.jpg



  お蔭様でたくさんの方にご来店いただき、
  来店者数は過去最大となりました。



  特に初日の午後は大混雑し、整理整頓もできず、
  大変ご迷惑をおかけしました。




  何故、こんなにもご来店いただいたのか?



  それはやっぱり「メンテナンス」だと思います。




  最終的にメンテナンス&クリーニングで

   お預かりした絨毯は「10枚」。




  その他 メンテナンスについてご相談に来られた方も
  多数、いらしてくださいました。



  毎年困っている方が何名かいらっしゃいますし、
  メンテすることで、絨毯が蘇ることをご存じない方は
  もっともっとたくさんいらっしゃるでしょう。

  

  手織絨毯は価値のある商品。

  売りっぱなしは勿論、だめですが、
  使いっぱなしも、仕舞いっぱなしでもいけません。


  使っていただいた後のメンテナンス次第で、良くも悪くもなるんです。


  敷きっぱなしや、押し入れに入れっぱなしだと「痛むだけ」。


  踏んで、汚した後にクリーニングに出していただいたり、
  端や房が傷んだら修繕しすることで、
  価値はどんどん上がります。


  
f0176387_1495658.jpg



  犬にかまれても大丈夫、タバコで穴が空いても大丈夫、
  珈琲やジュースをこぼしても、全然大丈夫なのです。


  ちゃんときれいになりますから。





  
f0176387_141715.jpg


  逆に 色が深まり、糸が柔らかくしなやかになるのです。


  
  
f0176387_1414470.jpg




  
  弊社でお求めでなくても、手織絨毯で困っている方、
  是非、お持ちください。会期中でなくても結構です。

  クリーニングやメンテナンスのご相談、承ります。


   
f0176387_14144426.jpg





  次回開催は来年の1月「最終の土日月」となります。



  ご興味のある方、是非、お立ち寄りください。

   
f0176387_1416626.jpg



   
f0176387_14163178.jpg



  


 

by imaruta | 2015-02-07 14:17 | ◎スタッフの独り言◎

フジエテキスタイル WFと、これからの期待。


 <富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです>



 かなり長い間、ブログをお休みしてしまいました。
 原因はデジカメの故障と、疲れ・・でしょうか・・



 というわけで、復活第一弾は フジエテキスタイルのWF展示会 です。

 
f0176387_22374854.jpg




 フジエテキスタイルのWF(ワールドファブリック)は、
 フジエテキスタイルが世界のファブリックの中から選んだセレクトブック。


 先鋭的なプリント技術で作られたプリントやトレンドのウールの
 クラシカルチェック、そして透明感と立体感が共存する
 バックカットのレースなどなど。

 「技術の新しさ」 「トレンド感」を盛り込んだ新作と、
 無地の起毛コットンやリネンを組み合わせることで
 空間を自在に支配するアート的なファブリックが飾られていました。

 
f0176387_2254226.jpg


 全体的に色合いも明るく、閉塞感がある日本に
 活力を与えるようなセレクトでした。

 実際に店頭を飾るのは2月の中旬以降、 楽しみです。




 でももっと楽しみなのは「来年の2月 プロファイル」。


 何故ならWFはセレクトブックですが、
 プロファイルはフジエテキスタイルがデザインし、
 製作するコレクションブック。



 今回のWFで得たエッセンスを活用することは勿論、
 ファッションやアートデザインなどからインスピレーションを得るなどの
 過去や現在にとらわれないチャレンジをしてもらいたい。











 そして、




 テクニックだけではない、
 


 理屈ではない、


 
 
 「心臓を鷲掴みされるようなファブリック」






「見た瞬間に冷や汗をかくファブリック」



 の デザイン・製作を期待しております。




・・もう少し書くと、


  決してダイナミックな、ゴージャスなデザインを
  期待しているわけではありません。






 ・・どちらかというと「物静かな」、


 ・・見ていると「音が聞こえてくるような」


 ・・「日本の和のこころに響くような」



 
 それでいて いつまでも忘れられないデザイン。


 

 





 少し時間をかけても、




 ドキドキがとまらないような素敵なファブリック
 企画・開発していただきたいと思います。








 

 フジエテキスタイルは「生地屋さん」だと思いますので、
 差別化の源泉は「やっぱりデザイン」!
 







 ・・お酒を飲んだ後 夜中に書いています。
  
   夜中に書くラブレターのように、
   翌日読み返すと恥ずかしい文章かもしれません。

   勝手なコメントをお許しください・・

by imaruta | 2015-02-06 02:15 | ◎スタッフの独り言◎