人気ブログランキング |

<   2019年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ホームリネンブランド 「リーノエリーナ」 マルタから。

f0176387_14451283.jpg
リーノエリーナ の季節です。

f0176387_14403994.jpg
ホームリネンブランドの「リーノエリーナ」は
リネンのエプロンやバッグ、テーブルクロスなどを
センスの良いカラーリングとデザインで提供しているメーカーです。

f0176387_14400573.jpg
マルタでは5年ほど前からお取り扱いさせていただいておりますが、
毎年毎年、色々な、新鮮な提案があり、
とても人気のあるブランドです。

f0176387_14413176.jpg

いまの時期が最も品揃えされている期間ですので、
是非、お立ち寄りください。
f0176387_14410558.jpg

シワ加工されているので、アイロンを敢えてかける必要がないので、
メンテナンスもラクラク。
f0176387_14401939.jpg

是非、お立ち寄りを。

by imaruta | 2019-03-30 14:51 | ◎スタッフの独り言◎ | Comments(0)

リネン100%のカーテン「LIF/LIN」を触って下さい。


富士市のカーテン、インテリアの専門店、マルタのブログです。

いよいよ4月に突入しますね。 
これからの季節はリネンがいいですね。

f0176387_13335364.jpg

リネンは夏の素材というイメージがありますが、
実は年間通して使える素材なのです。


顕微鏡でリネンを見てみると竹の節のようになっており、
空気を含んでいるのです。

ですので、空気層を保有している繊維なので、
断熱性が意外と折るのです。

私も冬場でもシャツはリネンを着ています。

リネンの肌触りは気持ちがいいし、アウターにダウンなどを重ねれば
「肌触りがよく、温かさを確保する」のです。


・・夏だけの素材ではありませんが、
・・初夏から意識する素材ですね。


f0176387_13461403.jpg

ファッションにおいては「夏の素材」的な要素はゆがめないですが、
インテリアにおいては正直、関係ありません。

リネンの良さは「透けた感じ」。
太陽の出方によって、毎回毎回 リネンの表情が変わります。

愛着がわくカーテンなのです。

f0176387_13465269.jpg

f0176387_13463009.jpg



3月1日~24日まで、インテリアマルタで Lif/Linのリネンカーテンを
全ての生地80種展開しておりました。


現在は15種のカーテンサンプルとリネンブックをご用意しております。
是非 お立ち寄り頂き、リネンの良さを感じてみてください。


「もっといろいろ見たい!」という方に、朗報です。

5月になりますが、 新富士駅近くの富士木材様のショールーム「キト暮ラスカ」で
全種類展示を行います。 期間は5月11日(土)~6月9日(日)です。




あわせて 5月25日(土)~6月2日(日)の約10日間、同じ「キト暮ラスカ」で

「ハグみじゅうたん展」も同時開催しております。




f0176387_14210150.jpg

 期間中の火曜・水曜は
お休みになりますが、約10日間、ハグみの全シリーズが見て、触っていただけます。



f0176387_14204622.jpg

是非、あわせて触ってみてください。




f0176387_14211680.jpg
天然素材のリネンカーテンと、天然素材ウールのカーペット、
間違いありません。

f0176387_13534968.jpg


  

by imaruta | 2019-03-30 14:25 | ◎スタッフの独り言◎ | Comments(0)

京都の職人手仕立てのお布団「洛中高岡屋」せんべい座布団

富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです。

4月8日まで、スプリングフェア「春のクラフト&アートフェア」開催中。


「クラフト」・・という言葉では違うかもしれませんが、
 京都の職人手仕立てのお布団「洛中高岡屋」せんべい座布団も展開中。

わかりやすい直径1mで¥10,000.

 赤ちゃんのオムツ替えの時に、プレイスペースとして、
 そしてお昼寝場として・・。 大変人気の商品です。

f0176387_12474233.jpg

f0176387_12472604.jpg

f0176387_12471241.jpg

f0176387_12513956.jpg
f0176387_12465407.jpg


f0176387_12480319.jpg


いろんな色・柄あります。


で、今までは「座布団仕立て」になっているものだけだったので、
汚れたりした場合はなかなか洗濯ができませんでした。


で、最近はカバーが交換できるタイプや、

撥水加工が施されているタイプなどが発売されて、
ご家庭で洗えて、清潔な状態で長く使えるようになりました。

f0176387_12520482.jpg


またお子様がせんべい座布団で寝てしまっても、
少し半分織り込んで、持ち上げて運ぶことができます。


これ、結構、いいですよ。
せんべい座布団で包まれているときには起きないで、いい子でいてくれます。



また「ギフト」としても 大好評ですので、是非。



by imaruta | 2019-03-30 13:02 | ◎スタッフの独り言◎ | Comments(0)

インテリアのワンポイント

富士市のカーテン、インテリア専門店 マルタのブログです。

春のクラフト&アートフェア 開催中です。

そのうちの1つ、【しっとりと香り立つようなアネモネ】


yumi taniguchiの描く水彩画。繊細な線と滲むような色合いで
可憐なアネモネを描いた作品です。
色の鮮やかさをそのままに、ジークレープリント(クリエイティブプリント)で
出力しました。

f0176387_12180011.jpg



f0176387_12221142.jpg

サイズは額も含めて A4サイズくらいの大きさなので、
どこでも飾ることができる、サイズと絵柄です。


玄関に、廊下に、洗面所やお手洗いに、そして勿論、リビングにも。

シックな額と組み合わせ、水彩タッチのアネモネが
とてもバランスよく花開いています。



yumi taniguchiの描く水彩画、他にもあります。


「シャム猫」も マルタに展示中。
f0176387_12284703.jpg
f0176387_12290415.jpg
こちらの女性の絵は マルタでは現在並んでおりませんが、
作者の描くスタイルが一番よくでている画です。


これらどの作品も額付きでの販売です。


是非、現物を見ていた抱きたいと思います。

金額は、お手頃価格。

暮らしに、手軽に、アートを。







by imaruta | 2019-03-29 12:16 | ◎スタッフの独り言◎ | Comments(0)

麻とウールで織り成す「麻段通」。

f0176387_17523254.jpg



富士市のカーテン。インテリア専門店マルタのブログです。

昨年初めてお取り扱いさせていただきました「麻段通」。

今年は昨年より、早くスタートしました。
f0176387_17311536.jpg


f0176387_17304944.jpg


f0176387_17321714.jpg






でも、今年は「紺の市松」がおすすめ。

f0176387_22535799.jpg


山形の「穂積繊維」さんでオーダーで作っていただいております。
いまからオーダーすれば暑い夏には間に合います。

ウールと麻の混紡なので、勿論、年間使えるのですが、
やっぱり夏場に素晴らしい足触りですので、夏前に是非!!!






by imaruta | 2019-03-27 17:35 | ◎スタッフの独り言◎ | Comments(0)

いい時計って、なかなかないんだよね・・

富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです。


今日は「時計」です。
最近少しお店を手直ししまして、時計やアートパネルなどが増えました。

でも「いい時計ってなかなかないね」という声がありましたので、
少し増やしました。 

先ずは「MUKU」という時計。
メーカーは福井県鯖江にある工芸品メーカー。
以前はいわゆる「伝統工芸品」的なものを製作していましたが、
時代の流れの変化に対応して、現代の住宅や住まいにあわせた
商品をたくさん作っております。

マルタでも、ダストボックスやスリッパラックなど色々並べてありますが
価格も高くはなく、仕上がりも綺麗。

さすが、伝統工芸品を製作していた会社です。


で、その会社が作った時計が「MUKU」。
無垢の素材をそのままに。

f0176387_17530713.jpg























企画としたら、先ずは「丸」か「四角」か。

そして文字盤が「数字」か「ローマ数字」か。

そして素材。 ウォールナット、メイプル、チェリー

その組み合わせです。

上の写真は 「丸型」「数字」「チェリー」です。




f0176387_17532875.jpg
こちらは「四角」「数字」「ウォールナット」の組み合わせ。

値段は全て¥20,000ですが、よく動いております。
飽きもこないし、無垢材だからこその風格。
特にご新築されるときにお求めいただくことが多いですね。



また変わり種は「竹の時計」

f0176387_17553702.jpg
岡山県倉敷の家具メーカーが製作した「竹の時計」

これ、全部、竹でできているのです。
竹を2.2mごとにカットして、割って、圧力をかけて、
接着して、「竹の集成材」を先ず作るのです。

そこから塊を切り出して、時計に仕上げています。
時計の外回りに黒い帯のようなものをまいているのではなく、
奥行を出すように切り出しているのです。

特に、下のラインを見ていただくとわかるかと思います。


その他、全く異なる時計が色々。

時計屋さんでは売っていない、「インテリア クロック」、マルタで。








by imaruta | 2019-03-26 18:12 | ◎スタッフの独り言◎ | Comments(0)

マホガニー無垢材で作られたショーケース。

富士市のカーテン・インテリア専門店、マルタのブログです。

ずっと自動ドアの横に置いてあった家具を移動しました。

イギリスのアンティーク家具のデザインを、インドネシアで作成した、
マホガニーの無垢材で作られたショーケース。

場所を変えて、カーテンエリアにもってきてみました、。


f0176387_23194346.jpg

いやあ、だいぶ雰囲気、かわりましたね。

カーテンコーナーのグレードがアップしました。


ちなみにW94×D34×H194cm。 照明も埋め込まれていて、仕上げもとてもキレイです。
価格は16万円。決して高くない、価格設定ですが、「春のクラフト&アートフェア」期間中であれば、10%OFFでお求めいただけます。 勿論、1点物、是非まずはご覧ください。



by imaruta | 2019-03-25 23:25 | ◎スタッフの独り言◎ | Comments(0)

ありそうでない、豊岡クラフトのバック立て

富士市のカーテン、インテリア専門店、インテリアマルタの内田です。

ただ今、春のCraft&Art展 開催中です。

今回は、クラフト系の逸品を。


f0176387_12014145.jpg
折りたたみ式のバック立て です。

豊岡クラフトというメーカーですが、とても丁寧な仕上がりが特徴です。
元々はピアノの周りに置く家具を作っていたそうですが、現在は独特の飴色がなんともいえない雰囲気あります。
静岡県内ではマルタだけしかみられませんので、是非!

by imaruta | 2019-03-25 12:10 | ◎スタッフの独り言◎ | Comments(0)

インテリアアート、順調です。





f0176387_22292422.jpg
富士市のカーテン。インテリアの専門店 マルタのブログです。

インテリアアート、始めました。
アート単体だと、アートですが・・・

f0176387_23201656.jpg
日本のアーティストの作品です。



これをインテリアアートととらえると、こんな感じ・・


f0176387_18305739.jpg
暮らしになります。

コーディネートされてませんか?

f0176387_23233611.jpg




















この黄色の作品も単体だとアート。 
一番上には、このアートがコーディネートされた写真です。


違い、ありますよね。


アートを後から足すのもよし、最初にアートありきでそれにあうカーテンや
ラグや家具を揃えるのもよし。

つまり、「アートを足した」インテリアコーディネートは
ワンランクアップのコーディネートになるのです。



マルタでは少しずつではありますが、コーディネートのアイテムとして、
また室内にポイントを加えるアートとして選んでいただけるような
インテリアアートを導入していきます。

是非、お立ち寄りください。


内田


by imaruta | 2019-03-23 23:45 | ◎スタッフの独り言◎ | Comments(0)

アートはインテリアコーディネートのアイテムなのです・・

富士市のカーテン・インテリア専門店マルタの内田です。

いよいよ明日から「春のクラフト&アートフェア」がスタートです。
3月には新生活のシーズンですが、毎年、クラフト的なものの展開を
増やしています。 例えば 時計やオシャレなダストボックスなどなど。

一方、アート的なものは特別展開をしていませんでした。
更に額絵などは昔から扱っていましたが、「天使の絵の額絵」など、
昔の感覚の「絵」でした。

アートという言葉ではつながっているのでしょうが、
今どきの住宅ではあまり受け入れられなくなってきたのではないでしょうか。


またインテリアの雑誌などを見ると、
カーテン、家具、ラグなどと一緒に 必ずと言っていいほどアートが飾ってあります。

それってインテリアだよね! 

そんな思いから、このクラフト&アートフェアからチャレンジしてみます。



f0176387_18302469.jpg



色々なアーティストの方の作品を展開していきたいと思いますが、
今回は「ハタヤママサオ氏」の作品が中心です。

ハタヤママサオ氏は大阪のアーティスト。
力強く強調されたラインと、独特で創造力溢れる色彩で、他にはない日本独自の新しい
ポップアートを表現しています。

アクリル絵の具を使用し、モチーフは様々。
活躍の場は日本だけでなく、パリやトリノ、NY、ミラノ、上海など色々。


とても明るいアートなので、空気を換える力をもっているのではないでしょうか。



・・ アートは、インテリアコーディネートのアイテムです。





by imaruta | 2019-03-21 23:31 | ◎スタッフの独り言◎ | Comments(0)