やっぱり現場で生地合わせしないとわかりませんね

マルタではカーテンをお決めいただく最終段階で「現場で生地合わせ」をさせていただきます。
f0176387_10255738.jpg
 お客様にとってカーテンはお買物し慣れていないもの。小さなサンプルや見本帳だけでは決め切れないものです。    建物が建つ前にコーディネーターのプレゼンボードだけで何十万の買い物を決定するハウスメーカーのシステムは「建築サイドの都合」ばかりで「お客様の都合」は考えられていません。
 多分、お客様は「そういうもんだ」と思われてなんとなく決定していると思いますが、カーテンやブラインド・シェードは製作期間が1週間程度です。そんなに早く決める必要性は全くありません。  私からいうと「よくお客様は決められるなあ」と本当に不思議に思います。   買い物しなれている洋服などはそれでも構わないと思いますが、一生のうちに数回しか買い物しない、しかも一度買ったら早々に買い替えることもなく、しかも割と高額のカーテンを「そんなに簡単に決めちゃっていいですか」と思うのは至極当然ではないでしょうか。
マルタでは原則的に(お客様がいいよという場合がありますので)生地合わせをしております。

f0176387_10341499.jpg 
 特にレースは「透け感」がどのくらいなのか、外からどの程度見えるのかは実際に窓にあてて、昼と夜の状況を検証してみないとわからないと思います。

 最近の壁はビニールクロスだけでなく、珪藻土や塗壁も増えてきて、それとのバランスは重要です。
 また床の色・素材感と窓枠の色、システムキッチンの色、扉の色などなど コーディネートとして考慮する点は現場に山ほどあります。 

 




例えばカーテンは青にしたのに、それと並んで目に入るシステムキッチンの色が黄色であったりしてもお店でお話しているときは気がつかない場合もありますが、現場に行けば、一目了然。その場で別のカラーや素材を提案させていただきます。 失敗しないカーテン選びのポイントは現場における生地合わせにあります。このステップを踏んでいただければ、 「思ったのと違う」ということはありません。  
「思った以上にいい」ということはあります。


カーテンをお選びいただく際には「現場に生地を持ってきてもらって確認したいんだけど」と
担当の方に聞いてみて下さい。 そこで「いいですよ」という人はお客様志向、「見本帳のなかから決めて下さい」という人は業者志向の人です。 試して下さい。    内田


f0176387_10423558.jpg


<お知らせ>
HPでもご案内しておりますが、8月29日(日)14:00~16:00 インテリアマルタ店内でインテリアセミナーを開催致します。タイトルは「間違いのないインテリアの選び方」。カーテンだけでなく家具やラグなどのセレクトのポイントからコーディネートのきっかけまで、広く浅く、お話させていただきます。参加費は勿論、無料。但し定員が10名ですので、お早目にご連絡下さい。最近の傾向を見ていると開催日の1週間前ぐらいにバタバタと予約が入って決まってしまいますので・・。

マルタのHPへ

# by imaruta | 2010-07-12 10:10 | ★施工現場行って来ました