タグ:展示会 ( 26 ) タグの人気記事

住宅フェスティバルに出店!ペットと人の快適ライフの必需品


 富士市のカーテン・カーペット・インテリアのマルタです。


 5月14日(土)15日(日)の2日間、ふじさんメッセで開催される
 
 住宅フェスティバルに出店します。


 
f0176387_20582751.jpg




 今回の出店内容は
 
 「ペットと人との快適ライフカーペット」


 
f0176387_20593287.jpg




 特に「ペットと暮らす」かたには是非是非、おススメです。

 
 ①耐久性はバツグン!ガリガリやっても大丈夫

 ②滑りにくく、足腰にも優しい 

 ③耐水性に優れ、水洗いも可 

 ④爪音も響かず、床をキズから守ります 

 ⑤抜け毛が飛び散らない 


 など、ウィズペットライフにはピッタリです。 



  
f0176387_2123275.jpg



  
f0176387_2131029.jpg




  
f0176387_2133786.jpg





 住宅フェスティバルでは、実際に素材を多数展示、
 汚れの落とし方もデモンストレーション致します。 



 是非、お越しください。 



 超祭密度のパイルにフローリング柄をレーザープリントされたカーペット。


 ほんと、フローリングに見えますから。

 

by imaruta | 2016-04-23 21:04 | ◎スタッフの独り言◎ | Comments(0)

フジエテキスタイル WFと、これからの期待。


 <富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです>



 かなり長い間、ブログをお休みしてしまいました。
 原因はデジカメの故障と、疲れ・・でしょうか・・



 というわけで、復活第一弾は フジエテキスタイルのWF展示会 です。

 
f0176387_22374854.jpg




 フジエテキスタイルのWF(ワールドファブリック)は、
 フジエテキスタイルが世界のファブリックの中から選んだセレクトブック。


 先鋭的なプリント技術で作られたプリントやトレンドのウールの
 クラシカルチェック、そして透明感と立体感が共存する
 バックカットのレースなどなど。

 「技術の新しさ」 「トレンド感」を盛り込んだ新作と、
 無地の起毛コットンやリネンを組み合わせることで
 空間を自在に支配するアート的なファブリックが飾られていました。

 
f0176387_2254226.jpg


 全体的に色合いも明るく、閉塞感がある日本に
 活力を与えるようなセレクトでした。

 実際に店頭を飾るのは2月の中旬以降、 楽しみです。




 でももっと楽しみなのは「来年の2月 プロファイル」。


 何故ならWFはセレクトブックですが、
 プロファイルはフジエテキスタイルがデザインし、
 製作するコレクションブック。



 今回のWFで得たエッセンスを活用することは勿論、
 ファッションやアートデザインなどからインスピレーションを得るなどの
 過去や現在にとらわれないチャレンジをしてもらいたい。











 そして、




 テクニックだけではない、
 


 理屈ではない、


 
 
 「心臓を鷲掴みされるようなファブリック」






「見た瞬間に冷や汗をかくファブリック」



 の デザイン・製作を期待しております。




・・もう少し書くと、


  決してダイナミックな、ゴージャスなデザインを
  期待しているわけではありません。






 ・・どちらかというと「物静かな」、


 ・・見ていると「音が聞こえてくるような」


 ・・「日本の和のこころに響くような」



 
 それでいて いつまでも忘れられないデザイン。


 

 





 少し時間をかけても、




 ドキドキがとまらないような素敵なファブリック
 企画・開発していただきたいと思います。








 

 フジエテキスタイルは「生地屋さん」だと思いますので、
 差別化の源泉は「やっぱりデザイン」!
 







 ・・お酒を飲んだ後 夜中に書いています。
  
   夜中に書くラブレターのように、
   翌日読み返すと恥ずかしい文章かもしれません。

   勝手なコメントをお許しください・・

by imaruta | 2015-02-06 02:15 | ◎スタッフの独り言◎

明日から「ギャッベ&キリム展」 商品山積み!


 <富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです>


 明日 25日土曜日からの3日間、「ギャッベ&キリム展」。


 今年のポイントは、

 ① 普通のギャッベだけでなく、多彩なギャベを!

 ② たくさんの中から選べる、圧倒的なボリュームを!

 ③ 見たこともないモノを!



 です。




 
f0176387_2229108.jpg




 
f0176387_22294155.jpg



 
f0176387_22302881.jpg



 
f0176387_2231149.jpg



 
f0176387_22313338.jpg






 
f0176387_22321138.jpg



 
f0176387_22325821.jpg



 
f0176387_22343445.jpg






 普通のギャッベでは飽き足らない方、 是非お越しください。

by imaruta | 2014-10-24 22:34 | ◎スタッフの独り言◎

ギフトショーで「ハグミじゅうたん」。


 <富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです>


 東京ギフトショーに行ってきました。


 色々見てきましたが、今回「全体像を見てみたい!」と思っていた
 「ハグミじゅうたん」をみることができました。


 
f0176387_22185617.jpg



 
f0176387_22192489.jpg



 
f0176387_22195219.jpg




 薄手の平織タイプと、肉厚のカットのタイプ。



 どれも色合いがキレイで、粗野な印象の「絨毯」とは逆の
 モダンな雰囲気があり、現在の住宅にフィットする印象を持ちました。



 なかなか、良かったです・・。

by imaruta | 2014-09-05 22:16 | ◎スタッフの独り言◎

インテリアの旅。


 <富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです>


 今日は定休日ですが、朝から三島に採寸に。

 
f0176387_21311987.jpg

  

 三島大社近くの新しいスポットの一角、
 美味しそうな飲食店の中に「汚れが拭けるロールスクリーン」を。

 
f0176387_21231063.jpg




 
f0176387_21293556.jpg





 その後新幹線に飛び乗り、有楽町のペニンシュラホテルへ。

 
f0176387_21303460.jpg



 もう10年以上、日本で販売されていないであろう
 「リバティ」のファブリック。 
 雑貨などに使われている、薄手のタイプとは異なり、
 地厚でじょうぶなどっしりとした生地。


 マルタでの20年前頃には扱っていたようで、当時リバティでカーテンを
 作って頂いた方は、その後掛けかえるに値するような生地に
 巡り会うことができないほど、「惚れ込んでしまう」ファブリック。


 実際、私はその姿をみたことがありませんでしたので、、
 今回日本のある代理店の展示会に足を運び、見させていただきました。


 さすが・・ 


 存在感バリバリ。 過去のデザインですが全く「古臭さ」がない。







 そんなファブリックに衝撃を受けた後、いざ「ライフスタイル展」へ。



 
f0176387_21385199.jpg




 すでにお付き合いのあるメーカーさんや問屋さんにより、
 最新情報の収集。

 そして今のトレンド、人気商品はなんなのか?というアンテナを
 とがらせながら、ぐるぐると会場をめぐる。


 そうすると、色々な人に出会える、これもまた楽しみの1つ。






 3時間程 会場を廻って、、次は恵比寿へ。



 恵比寿には新しく「CASAMANCE」のショールームが移転。

 
f0176387_21423543.jpg



 恵比寿駅から代官山方面に進み、途中、右に曲がって
 坂道を上っていったちょっと先にあるコンクリート打ちっぱなしのビル。


 
f0176387_21434327.jpg



 
f0176387_21435953.jpg




 吹抜けの空間と、たっぷりとした採光でファブリックがより素敵にみえる。

 そしてのんびりと、寛がる空間でもあるので、じっくりと、お気に入りの

 ファブリックを探すにはもってこいな空間です。



 是非また ふらりと・・ 寄ってみたい。


















 
 

by imaruta | 2014-06-04 21:21 | ◎スタッフの独り言◎

フジエテキスタイル 「STORY」 展示会行ってきました。


 <富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです>


 フジエテキスタイルのメインブック「STORY」の新しいコレクションの
 展示会に行ってきました。

 
f0176387_1091419.jpg


 いつも新しい刺激とアイデアを与えてくれるフジエテキスタイル。
 とっても楽しみにしておりました。

 
 昨年 上質のコレクションである「プロファイル」がリニューアルし、
 この一年、ご紹介をしてきましたが、レース系を中心に
 大変好評いただきました。


 ストーリーはプロファイルとくらべ、よりたくさんの方に喜んでいただける
 商品構成となっておりますが、今回はどんな切り口が、どんな工夫が
 あるのかを期待しながらの展示会です。




 先ず最初に感じたのは「明るさ」です。

 今までのコレクションがアースカラーやナチュラルカラーのものが
 多かったのですが、今回のコレクションはそういったカラーを
 基本としながらも、明るいカラーリングのファブリックが増えていました。


 
f0176387_1012391.jpg
 

 
f0176387_1013847.jpg


 
f0176387_10132872.jpg




 勿論、単純に明るいのではなく、色のトーンの出方がニュアンスがあり、
 デザイン・組み合わせも様々な工夫がされているのを見ると感じられる
 作品です。


 早く、これらのファブリックが窓辺にかけられ、朝日が当たった状態や
 夕刻の状態、そして夜に照明があたった状態を見てみたいものです。


 
 また無地の商品も色々。

 
f0176387_1025682.jpg


 
f0176387_10252359.jpg



 特にリバーシブルの無地で、両サイドを折り返して縫うことによって
 「サイドボーダーカーテン」になるシリーズはとってもGOOD!で、
 別の生地をジョイントするよりもコストはかからず、単なる無地よりも
 付加価値が上がった仕上げになるので、お客様に支持されるのでは
 ないでしょうか。





 カーテンだけでなく、クッションやタッセルも。

 
f0176387_1028095.jpg
 

 
f0176387_102926100.jpg



 オーダーで作るとけっこう金額がはってしまいますが、
 既製品でつくるとのことですので、意外とリーズナブルなのです。

 これも「いいね!」です。


 「見せ方」としては レース×レース×ドレープの3重かけで、
 コディネーションによる様々な表情をだせること、
 合わせて断熱効果も高められることができるスタイルも
 「いいね!」でした。


 
f0176387_10341514.jpg


 
 


 またじっくりカタログとファブリックを見比べながら悩みたいですね。



 早ければ2月後半に マルタのプレゼンテーションスペースで
 新コレクションをご披露したいと思います。





 お楽しみに!



































 

 

 

by imaruta | 2014-02-05 09:55 | ◎スタッフの独り言◎

明日から「第11回手織絨毯展」、始まります。


 <富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです>




 本日準備、いよいよ明日から「手織絨毯展」がスタートです。


 早いもので、今回で連続11回の開催となります。
 当初は単発で終わるかなあと思っていましたが、
 回を重ねるごとに、自分達の興味も高まり、
 新しい商品を見たくもなり、またお客様にもお越しいただき
 お蔭様で連続11回となったのです。


 毎年1月の最終土・日・月と決め、それに合わせて品揃えや訪問を
 行って、たくさんの方に見ていただく、来ていただく活動をしてきました。


 今回11回目も回を重ねているので、展示もだいぶ「熟成」してきました。

 
f0176387_21225966.jpg



 
f0176387_21232156.jpg
  


 
f0176387_21234316.jpg


 イランの有名工房で作られた数々の絨毯をご覧いただけます。



 また最近人気の「ギャッベ」や・・・

 
f0176387_21251345.jpg


 
f0176387_21254290.jpg


 
f0176387_2126589.jpg







 遊牧民系のスマックやジャージムなどの平織系・・

 
f0176387_2127160.jpg



 
f0176387_2127331.jpg
 


 
f0176387_21275747.jpg





 


 額装の絨毯・・

 
f0176387_2130575.jpg



 
f0176387_2131177.jpg
 


 
f0176387_2131368.jpg





 明日25日土曜日から27日月曜日までの3日間、

 マルタ特設会場で開催です。




 お気に入りが見つかりますよ!



 そうそう今回は特に「ムガール絨毯」、
 つまりインドの手織絨毯を特に特に お買い得にしてあります。


 ムガール絨毯はインドで生産されている手織絨毯ですが、
 ウールの質も良く、しっかりとした打ち込みの商品。


 飽きも来ないで、長~く使える商品です。



 こちらの商品も覗いてみて下さい!!!




















 

by imaruta | 2014-01-24 21:36 | ◎スタッフの独り言◎

「エクセレントギャッベ」を探せ!


 <富士市のカーテン・インテリア専門店 マルタのブログです>


 
 本日から 「ギャッベ&キリム展」 、スタートです。

 
f0176387_228736.jpg


 
f0176387_2285253.jpg

 


 昨年の1.5倍の商品量、そして新しい感覚、デザインのものもいっぱいです。



 

 その中で、今回の目玉は 「エクセレントギャッベ」 でしょう。


 エクセレントギャベは、「毛足の長い一般的なギャッベ」と
 「毛足の短いアートギャッベ」のいいとこ取りの商品です。


 

 「一般的なギャッベ」
 
 
f0176387_22141899.jpg



 ギャッベ本来の形。 毛足が長く、遊牧民が移動しながら作られ、サイズもデザインも
 自由奔放。少し形やラインが曲がっていても、それが「味」で、癒し系の香りもあり・

 一方、ウールのクオリティはアートギャベと比べるとやや劣り、ブラッシュアップする
 こともないので、光沢感もあまりありません。



 一方、ゾランバリに代表される「アートギャッベ系」。
 
 
f0176387_2218993.jpg



 一般的ギャベと比べると、明らかに「厚み」が違う。
 しかし、密度が高く、1cmあたりの打ち込み数もかなり細かい。

 デザインも遊牧民が使う人や馬だけでなく、モダンアートのようなデザインや、
 グラデーションなど「シンプルモダン」の空間にフィットしやすくなっています。

 ウールの質が良く、手間がかかっているだけに価格もよく、
 ギャベが本来持っていた「厚み感」がなく、フローリングの硬さを
 拾ってしまうものもある。


 

 で、「エクセレント・ギャッベ」は・・
 
 ●一般のギャッベよりも上質なウールを使い、水洗い後にブラッシュアップすることで
  光沢感をだします。 この工程はギャッベというよりもペルシャ絨毯のウールを
  しあげる工程。 織り手も「遊牧民」ではなく、「元遊牧民」で定住しながら安定して
  追っているので、クオリティも高い。

 ●アートギャッベよりも厚みがあり、床の硬さを拾いにくい。
  またアートギャッベはモダンさが強いので、ギャッベの持つ「素朴さ」を
  感じにくい。



 
 つまり、エクセレントギャベは 「素朴さのある、上質ウールで中間的な価格商品」
 なのです。

 
f0176387_2227211.jpg



 ひっくり返したところにあるレザーバンドには「刻印」があります。

 
f0176387_2228051.jpg




 さあ、200枚以上ある、マルタの「ギャッベ&キリム展」の中から

 「エクセレントギャッベ」を探しましょう!019.gif



 会期は13日(日曜日)と14日(月曜日・祭日)です。




 お待ちしております。

























 
 

by imaruta | 2013-10-12 22:31 | ◎スタッフの独り言◎

「エクセレントギャッベ」を探せ!


 <富士市のカーテン・インテリア専門店 マルタのブログです>


 
 本日から 「ギャッベ&キリム展」 、スタートです。

 
f0176387_228736.jpg


 
f0176387_2285253.jpg

 


 昨年の1.5倍の商品量、そして新しい感覚、デザインのものもいっぱいです。



 

 その中で、今回の目玉は 「エクセレントギャッベ」 でしょう。


 エクセレントギャベは、「毛足の長い一般的なギャッベ」と
 「毛足の短いアートギャッベ」のいいとこ取りの商品です。


 

 「一般的なギャッベ」
 
 
f0176387_22141899.jpg



 ギャッベ本来の形。 毛足が長く、遊牧民が移動しながら作られ、サイズもデザインも
 自由奔放。少し形やラインが曲がっていても、それが「味」で、癒し系の香りもあり・

 一方、ウールのクオリティはアートギャベと比べるとやや劣り、ブラッシュアップする
 こともないので、光沢感もあまりありません。



 一方、ゾランバリに代表される「アートギャッベ系」。
 
 
f0176387_2218993.jpg



 一般的ギャベと比べると、明らかに「厚み」が違う。
 しかし、密度が高く、1cmあたりの打ち込み数もかなり細かい。

 デザインも遊牧民が使う人や馬だけでなく、モダンアートのようなデザインや、
 グラデーションなど「シンプルモダン」の空間にフィットしやすくなっています。

 ウールの質が良く、手間がかかっているだけに価格もよく、
 ギャベが本来持っていた「厚み感」がなく、フローリングの硬さを
 拾ってしまうものもある。


 

 で、「エクセレント・ギャッベ」は・・
 
 ●一般のギャッベよりも上質なウールを使い、水洗い後にブラッシュアップすることで
  光沢感をだします。 この工程はギャッベというよりもペルシャ絨毯のウールを
  しあげる工程。 織り手も「遊牧民」ではなく、「元遊牧民」で定住しながら安定して
  追っているので、クオリティも高い。

 ●アートギャッベよりも厚みがあり、床の硬さを拾いにくい。
  またアートギャッベはモダンさが強いので、ギャッベの持つ「素朴さ」を
  感じにくい。



 
 つまり、エクセレントギャベは 「素朴さのある、上質ウールで中間的な価格商品」
 なのです。

 
f0176387_2227211.jpg



 ひっくり返したところにあるレザーバンドには「刻印」があります。

 
f0176387_2228051.jpg




 さあ、200枚以上ある、マルタの「ギャッベ&キリム展」の中から

 「エクセレントギャッベ」を探しましょう!019.gif



 会期は13日(日曜日)と14日(月曜日・祭日)です。




 お待ちしております。

























 
 

by imaruta | 2013-10-12 22:31 | ◎スタッフの独り言◎

ちょっと早いお知らせ・・今年もやります! ギャッベ展

  <富士市のカーテン・インテリア専門店マルタのブログです>

 ちょっと早いお知らせですが、今年も 「ギャッベ展」、 開催します。


 昨年大変ご好評いただいたギャッベ展、前回は12月初旬に開催しましたが、
 今年はちょっと早めにご紹介しちゃいます。



 
f0176387_22243237.jpg



 昨年は空前のギャッベブームで、10月~11月下旬には商品がないような状況で、
 我々もやりたくてもできないような状況でした。

 マルタではもう15年以上も前から展開・ご紹介しておりますが、昨年・一昨年あたりから
 家具やさんで紹介されたり、女性誌で紹介されたりすることで、ある種、「ブーム」に
 なってしまったのです。



 それから1年、振り返ってみると、「ギャッベ」とうたっているがイランではなく「インドギャッベ」だったり、
 有名な工房で作られているはずの商品がものすごく安かったり、
 逆に有名工房の商品なのにクオリティが悪く、価格は「ブランドプライス」であったりなど

 まさにブームだからこその「いいモノ」「悪いモノ」が混沌としていた時期でした。




 あれから1年、今年はどうなるでしょうか?



 我々は飽くまでも「本物」を紹介し、珍しいデザインの商品をご紹介し、
 長く使っていただける作品をご案内するだけです・・・


 
f0176387_22303863.jpg




 今年は10月12日の土曜日から
   13日祭日までの3日間。




 昨年の1.5倍のスペースで、多様なサイズ・デザインの商品をかき集め、
 ご紹介させていただきます。




 ご期待下さい。













































 、

 

by imaruta | 2013-08-20 22:32 | ◎スタッフの独り言◎